株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

ドル高は米国の覇権、それを支える経済基盤を強化するのにプラスの面が多く、マイナス面がほとんどないのです

2018年08月07日 | 経済

武者氏は、「ドル高は米国の覇権、それを支える経済基盤を強化するのに
プラスの面が多く、マイナス面がほとんどないのです。」と解説している。


2018年8月7日 火曜日

ドル高で米国の覇権が復活する! トランプノミクスでも景気後退は起こらない 8月6日 森永輔

7月27日の発表では、米国の4~6月期のGDP(国内総生産)成長率は年率換算で4.1%を記録しました。これは2014年7~9月期以来の高い数字です。

ドル高はトランプノミクスがもたらす必然

武者:そうですね。もう一つのグループはトランプ政権の政策から米経済をみるグループです。彼らは、トランプ政権は貿易赤字を減らすため、輸出に有利なドル安を指向するとみていました。

 しかし現実には米企業は海外市場で価格競争をしていません。なので、輸出振興のためにドル安を誘導する必要はないのです。

 2月以降にドル高が進んでいるのは、米国経済の腰が実は強いこと、トランプ政権の政策が実はドル高を促すものであることに市場が気付いたからでしょう。

 米経済が好調であればドル高につながります。経常収支の赤字が縮小し、国際金融市場に供給されるドルが減るからです。

 トランプ政権は財政の拡大を指向しています。その一方でFRB(米連邦準備制度理事会)は金利を引き締めている。よって、金利は必然的に上昇します。そして、諸外国との金利差の拡大がドル高を誘発する。同様のポリシーミックスを取ったレーガン政権時代にもドル高が進みました。

 さらに、トランプ政権は貿易戦争を本気で始めました。これに勝つためにはドル高が有利です。“敵”を追い詰めるためにはドル決済の道を断ち、ドルを供給しないのが最も有効ですから。これまでのイランへの制裁を振り返れば明らかでしょう。ドルは「有事のドル」どころか「真の決済通貨」なのです。 対中貿易戦争が展開する中で、米国がドル供給を断つと示唆すれば、中国のお金持ちはみなドル買いに走るでしょう。金よりも円よりもユーロよりも、やはりドルです。(後略)



(私のコメント)

トランプ大統領が、ロシアスキャンダルや過激な外交スタイルなどでマスコミから叩かれ続けても、国民の支持率は底堅いし、議会などからの弾劾などの動きは収まっているのは、経済の状況がいいからだろう。株価も高値を更新しているし、GDPの伸び率は4%を超えているし、失業率も最低水準だ。

安倍政権が長く続いているのも、経済の回復が続いているためであり、野党がいくらモリカケで攻撃しても、選挙をしても自民が大勝する。やはり経済が良ければ政権は長続きするのであり、経済が悪ければ90年代のように首相が毎年のように交代する。

トランプ政権が長くは続かないとみられていたから、政権のスタッフがなかなか安定しませんが、今までとはまったく異なる政策を打ち出してきたから、政府のスタッフを揃えるのも大変なのだろう。議会与党の共和党もトランプを支持するかどうか迷うところですが、中間選挙の流れがまだわからない。

トランプの対中政策も米朝交渉も、中間選挙目当てだという外交評論家もいたが、より大きな政策の転換が起きているようだ。日本のマスコミもアメリカのマスコミ報道を見て報道するから、本当のアメリカ内部の動きがなかなか見えない。しかし経済から見るアメリカは好調であり、米中貿易戦争で中国は大敗するだろう。

しかし、田中宇氏のメルマガでは全く正反対のことが書かれていますが、米国の破綻は不可避だということです。それにたいして武者氏の見方は正反対であり、どちらが正しいのだろうか。田中氏はすっかり中国に取り込まれてしまって米国の覇権は喪失すると書いていますが、中国をはじめとするBRICSが世界を主導するとも言っている。

私自身は、武者氏の方が正しいと見ていますが、トランプ政権に対する見方でも武者氏はトランプを帝国主義者で、孤立主義者や保護主義者や差別主義者ではないとしている。トランプは軍事力を強化して中国を封じ込める姿勢を明確にしてきていますが、だからトランプ大統領に対するイメージがかなり変わってきているのだろう。

アメリカの対中国の外交政策での変化は、中国自身が読み誤っており、最近になってアメリカの対中国貿易戦争でかなり慌てているようだ。習近平は最近はかなりおとなしくなっているようですが、中国こそこれから正念場に向かうことになるのだろう。

武者氏は、『中国が力をつけ続け、米国と並ぶ覇権国になることを決して許しません。「中国をいかに封じ込めるか」を最優先課題にしています。それは、今まさに進んでいる貿易戦争と中国製造2025潰しをみれば明らかでしょう。』と言っている。中国はアメリカを怒らせたらどうなるかを知らなかったのでしょう。

日本も、ジャパンアズナンバーワンと言って浮かれていたら、叩きのめされてしまった。戦前の日本も、日本が軍需力を強化すればアメリカはおとなしくなると見ていたのでしょうが、大東亜戦争で叩きのめされてしまった。中国が今後どのように巻き返してくるか見ものですが、中国は日本の例をよく学んでいる。

トランプ大統領自身は、ドル高がいいのかドル安がいいのか分からないようですが、武者氏は、「ドル高は米国の覇権、それを支える経済基盤を強化するのにプラスの面が多く、マイナス面がほとんどないのです。」と解説している。まさにレーガン政権時代を彷彿とさせるものですが、トランプ大統領はレーガンのような大統領になるつもりなのだろう。

(English)

Mr. Musha said, "Strong dollar is the hegemony of the United States. There are many positive aspects and few negative aspects to strengthen the economic base that supports it. "

 

Tuesday, August 7, 2018

 

(My comment)

 

Even though Trump keeps being criticized by the mass media for Russian scandal and his radical diplomatic style, the citizens still support him. Also, there are not many actions such as impeachment from parliament because the economic situation is good. Stock prices are hitting high, the growth rate of GDP is over 4% and the unemployment rate is also the lowest level. 

 

The Abe administration has been in existence for a long time because the economic recovery continues. No matter how much the opposition party attacks, the Liberal Democratic Party wins in elections. If the economy is being good, the administration will last long, and if the economy becomes bad, the prime minister will be replaced every year like the 1990s.

 

Because Trump regime was considered not to last long, the staff of the administration was not quite stable, but since it has devised a completely different policy, it seems hard to align government staff. I am not sure whether Republicans of the ruling Legislative party will support Trump or not, and I do not yet know the flow of the mid-term election.

 

There were diplomatic critics who said that Trump 's policy toward China and North Korea are for the mid-term election, but there seems to be a bigger shift in policy. Since Japanese media reports news from what American media says, it is hard to see the true movement inside the United States. It seems like the United States is doing good from the economic perspective, and China will be defeated in the trade war with the United States.


Although Mr. Sakai Tanaka's online magazine says the collapse of the United States is inevitable, Mr. Musha has totally opposite view. Which one is correct?  Mr. Tanaka wrote that the hegemony of the United States will be taken by China and will be lost, and he said that BRICS such as China would lead the world.

 

I believe that Mr. Musha is right. Mr. Musha also said that the Trump regime is more like imperialist, not an isolationist, a protectionist or a discriminator. Trump is clearly taking the position of strengthening military capabilities to be against China, and it made the image for President Trump changed considerably.


China misread the changes of the foreign policy of the United States, and recently China is being troubled by the trade war with the United States. Xi Jinping is being fairly quiet, and China probably will face to its crucial moment soon.

 

Mr. Musha said that the United States would never allow China to get stronger and stronger, and become a hegemon country alongside the United States. Thus, "How to seal China" is the top priority of them. It is pretty obvious when you see the ongoing trade war and the demolition of "Made in China 2025". China probably did not know what would happen if they made America angry.

 

Japan was also beaten up when it was overly excited and saying "Japan As Number One". Before wartime, Japan was thinking that if it strengthened the military power, the United States would become quiet, but Japan was actually beaten up by the Greater East Asia War. I am wondering how China will come back in the future, but I think China is learning very well from what happened to Japan.

 

President Trump does not know whether the high dollar rate is good or the low dollar rate is good, but Mr. Musha said, "Strong dollar is the hegemony of the United States. There are many positive aspects and few negative aspects to strengthen the economic base that supports it.". It is exactly reminiscent of the era of Reagan administration. President Trump may have an intention to become like Reagan.

 

コメント (39)