株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

想定される英仏共同軍事作戦とは互いの得意領域でカバーし合い、護衛するなどのシナリオである

2019年01月07日 | 外交

想定される英仏共同軍事作戦とは互いの得意領域でカバーし合い、たとえば
仏空母を守るために英国海軍駆逐艦が護衛するなどのシナリオである。


2019年1月7日 月曜日

◆「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 1月7日

インド太平洋における英仏海軍共同作戦の本当の可能性
  ポール・ケネディ教授、「予算上、作戦上、そしてロシアがあり可能性は低い」
****************************************

 英国国防相のケビン・ウィリアムソンは強気の発言を繰り返し、南シナ海へ「自由航行作戦」を強化するとした。
 フランスのフローレンス・パルリ国防相も、空母「シャルルドゴール」と攻撃群を当該海域に派遣すると言明し、西側の航行の自由という原則を踏みにじる国を牽制するとしている。『踏みにじる国』とはどの国なのか、名指しはしていないが。

 想定される英仏共同軍事作戦とは互いの得意領域でカバーし合い、たとえば仏空母を守るために英国海軍駆逐艦が護衛するなどのシナリオである。
 両国はともに2020年を達成目標にしている。
 英仏が共同の作戦を展開するのもアデン湾の海賊退治での経験があるからだ。英国はシンガポールかブルネイに海軍拠点の構築を模索しているとの報道もある。(後略)



(私のコメント)

何かと海の話題が多いのですが、南シナ海に英仏が「自由航行作戦」を強化するそうです。アメリカの手不足を補強するためでしょうが、日本もその仲間に入るようになるのだろう。中国は領海としていますが、維持する費用は相当なものになるだろう。

だから海は自由な航行が認められた自由空間であり、領空や領海を維持するには常時、船や飛行機を飛ばせておくわけにも行かない。むしろ港や空港が意味を持ちますがこれも金がかかる。中国は南シナ海にどれがけの金をかけたのだろうか。陸上なら国境を作ればいいいが、海や空はそうはいかない。

日本も国土は狭いが、領海と領空が大きく、自衛隊の船と飛行機の維持が大変だ。船も飛行機も寿命が有り、数十年で退役する。中国はそれを維持できるのだろうか。ロシアですら使い古しを今も使っている。アメリカも同じだ。ミサイルが使えるからだ。


(しばらく日記を休みます。)

コメント (18)