森林ジャーナリストの裏ブログ

表ブログに書けない、書く必要もないドーデモ話をつらつらと。

しめ飾り

2006-12-31 17:29:27 | 木製品・建築

大晦日。付近を散歩したら、お寺の軒先にまでしめ飾りがあって、苦笑した。
いかにも日本的光景。もしかしたらキリスト教会にも付けられているかもしれない。

店屋にもしめ飾りが山積みになって売っている。それにお供え餅に葉付きミカンに串柿にウラジロ。藁を編む技術も伝承しないと消えてしまうし、山にウラジロを取りにいくのだろうか。それとも栽培か。ちなみに我が家では、近隣から採取してくる。

ふと気になって産地を探したが、記されていなかった。まさか、なあ。しめ飾りまで中国製ということはないと思うが…。


思えば昨年末には、吉野でプロジェクトを開始する相談をしたのだった。今年は想像以上に順調で大きく芽を伸ばしたし、そのほか新しい取り組みをいろいろ行った。
もちろん、まだ種子をまいたばかりで花が咲くのか収穫できるのかできないのか、答が出るのはまだはるか先の話である。それでも希望を持ちたい。

本ブログも、思いがけなくアクセス・訪問者数が伸びた。おかげで、日々記す内容を考えるのが常となった。一応、週休1日のつもりだったが、11月は無休で臨んだし、我ながらよくやったと自分を褒めたい(^o^)。

ただ書籍はもちろん雑誌記事とも違って、プログへの執筆は瞬発力である。思いついたら即記す。内容の検討はその後から。だから、内容に責任は持ちません
それでも話題提供と、思考実験の場としてお楽しみください。

では、よいお年を!

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 田舎暮らし失敗談の裏側 | トップ | 初日の出 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いお年を・・・ (海杉)
2006-12-31 20:59:33
今年、一年色々とありがとうございました。
来年もよろしく!!!
ウラジロや松 (になみ)
2006-12-31 23:09:05
以前のいた地域では、業者が山にウラジロを取りにきてました。

ウラジロは別にいいけど、植林の松の枝を取られるのには泣いた(ノ_・。)

業者じゃなく、一般の方らしいんですが、横枝じゃなく真ん中の真っ直ぐなのを切っていく…



横浜では、各家の門や玄関に松を2枝、門松がわりに立ててます。

駅のエスカレーターの両側にもあるんですよ。あの松はどこで仕入れてくるのかな。

田中さん、毎日記事を読ませてくれてありがとうございました。

よいお年をお迎えください、そして来年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

木製品・建築」カテゴリの最新記事