森林ジャーナリストの裏ブログ

表ブログに書けない、書く必要もないドーデモ話をつらつらと。

幻の写真10(雑木の食器)

2005-07-08 23:12:55 | 幻の写真・図
本書の「木」は、ほとんどがスギ・ヒノキといった人工林の針葉樹材を対象にしているが、例外的に雑木を取り上げたのが、これ。

実は、このネタには結構時間をかけている。
もともと雑木林の利用として木工素材もありではないか、と思ったのが最初。
すでに雑木で家具づくりをしているところがあるという情報も得ていたのだが、具体的に連絡も取れず、思いついたのが、「農林経済」という雑誌の巻頭言で呼びかけること。

「雑木だって、家具や木工の材料にならないか。もし研究している人がいたら教えて欲しい」と記した。
そうしたら、本当に連絡があったのである。それが岐阜県の研究所の人。そこで、この人のことは、拙著『里山再生』に記した。

すると、小豆島の農林事務所から分厚い資料が送られてきた。かつて研究していた雑木(コナラやアベマキなど)による家具づくりの報告書である。

ただ、どちらも過去の研究であって、現在はしていないし、また実際に作っていない点が弱かった。

ところが、たまたま農林専門書店で見つけたのが、本書に紹介したアトリエときデザイン研究所の時松さんが書いた本。これにビビッときた。そして湯布院に飛んだのである。

写真は、その時のもの。たしかクヌギの木による器である。欲しかったのだが、小さなものでも3,000円を越える。買うなら1枚だけというわけにもいかないから、ちょっと手が出なかった。でも、いい風合いなんだなあ。

ちなみに湯布院の温泉も堪能したし、ちょっと観光客の知らない裏側事情も聞けたから、楽しめた。また行きたいな。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ジュンク堂 | トップ | 大量注文(^o^) »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いわゆるナチュラルエッジですね (成瀬)
2005-07-09 09:54:31
コナラなどの堅木でこういう器を挽くときはグリーン・フレッシュな状態、つまりナマの状態で旋盤(ロクロ)にかけるのが今流なのだそうです。

 クヌギでナチュラルエッジってのは乾燥管理との兼ね合いがどういう具合になるか、興味をそそられますね。 乾燥割れ防止に使われるポリエチレングリコール(1000~3000)などとの関係をデータとして把握しているのかな。

 しかし、3000円か。 安いというか、高いというか(汗) 私は山桜で直径・深さ30cm程度のものをつくりましたが、その値段では手放さない(笑)
クヌギ1本100万円! (田中淳夫)
2005-07-09 16:03:29
クヌギなどの加工技術とともに割れ止め防止剤の使用などを、もっとも早い時期に提唱したのが、時松辰夫氏です。

今、全国に雑木の木工が広がっていますが、たいてい時松氏が指導しています。

よく知られた木工の里が、彼の仕掛けで生まれた産地であることも多くて、話を聞いてて唖然としました。



彼の試算によると、1本のクヌギを加工すると、100万円分の商品ができるそう。チェンソーアート作品に負けない価格ですわ。

写真の小皿も、直径10センチに満たないものだからなあ。それでもよく売れている。

芸術というよりは (成瀬)
2005-07-10 05:13:06
やはり普通の人のレベルで木を味わうというのは民芸の世界でしょうね。 北海道の熊彫も良いのですが、もっと多くのバリエーションが全国各地で展開されても良いのではないかという気がします。 その1つにチェンソーアートってのは大きな選択肢として位置づけられてゆくでしょうね、若いリーダー達が今のままの活躍を続ける限り。

木工旋盤販売・技能伝播については浜松の鈴木さんという方が良い仕事をしておられます。 なにしろ、生まれて初めて木工旋盤を扱う人間に、たった2日で、開けるとポン!と音の出る密閉容器(ボックス)を作らせてしまう。 城所さんにしても同じですが、意味のある修練方法とか合理的な指導方法とか、色々感じさせてくれる若い世代が活躍しています。 ま、伝統的継承方法を全否定する積もりではないのですが。
ひゃくまんえん (安形康)
2005-07-10 18:48:38
クヌギ一本で百万円相当の品物云々というのはp.208が該当するのだと思いますが,よく分からなかったことがありました:



同ページには,(DBH=15cmの)クヌギ一本から生み出せると試算された木工製品の値段総計が28万円と書いてありまして,となると「1本百万円」はもっと太い木のことなのかな?という点でした.



それにしてもパルプって安いんですね…

あっ、間違えた! (田中淳夫)
2005-07-10 23:55:04
安形さんのご指摘、ごもっともです。



本書には、ちゃんとクヌギ1本から28万円の商品が生み出せると書いています。ところが、その段落の小見出しに、「クヌギ1本が百万円以上の価値を生み出す」とあって、私もそれを写すように、ここでコメントしてしまいました。



これは明らかに誤りです。実は、時松さんの話には続きがあって、一ヶ月に加工できる量は、一人3~4本だというのです。だからクヌギを3~4本加工すると、売上げは84万~112万円になる、というわけです。そして純益が21万~28万円。これぐらいあれば生活できるだろう、というわけです。

そうした試算を一度は本文に書いたのですが、推敲の段階で削り落としました。

どうやら、この当たりの数字を間違って引用したのが残ってしまったみたいです。



困ったなあ。プログ上の間違いは、こうして訂正が効くけど、出版物は再販されるまで小見出しを直すことができませんね。



コメントを投稿

幻の写真・図」カテゴリの最新記事