森林ジャーナリストの裏ブログ

表ブログに書けない、書く必要もないドーデモ話をつらつらと。

日本の森林率

2006-12-14 15:15:43 | 森林モノローグ

日本の森林率は、67%

これは、林野庁などの資料によく載っている数字だ。私も、よく使わせてもらっている。

しかし、ふとFAO(国連食料農業機関)の資料を見ると、日本は64%になっていた。

この差、3%はなんだ? 日本の国土が広がったのか。測量の仕方が違うのか。
しかし、国連の機関が、独自に日本の森林面積を調査するわけでもあるまい。おそらく森林の定義などからカウントの仕方が違うのだろう。

それで気がついたのだが、FAOの場合は、無林地に伐採跡地も入っているようだ。対して日本の場合は入っていない……森林にカウントしているらしい。その差だろうか。

たしかに伐採跡地は木がないから森林に入れるべきではないかもしれないが、すぐ植林した場合はどうなるのだろう。木はないが、苗は生えていることになる。再造林放棄の場合も難しい。日本の気候なら、勝手に雑木が生える確率は7割を超えるそうだしなあ。だいたい伐採後、何年まで跡地と呼ぶのか。
国土の3%ということは、約114万ヘクタール。少なくはない。

詳しいことを知っている人はいませんか。林野庁の人とか(笑)。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« テンプレート変更 | トップ | 木材からエタノールを作る方法 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

森林モノローグ」カテゴリの最新記事