森林ジャーナリストの裏ブログ

表ブログに書けない、書く必要もないドーデモ話をつらつらと。

天然林は環境省に?

2006-12-13 01:57:13 | 政策・行政関係

日本の天然林を救う全国連絡会議」が、発足した。

目的は、国有林内の天然林で伐採事業が続いていることを追求することのようだ。メンバーは、以前からさかんに天然林の違法伐採を取り上げて国会議員などにも請願していた。

たしかに、林野庁もしくは作業を請け負った素材生産業者が、かなり無茶な伐採をしていることはよく聞く話だ。範囲を越えて伐採しても、「地図を見間違えた」と言えばオシマイだからね。そういえば鈴木宗夫が失脚させられた疑惑も、違法伐採した会社に関するものだった。

それは結構なことで、どんどん追求すればよいのだが、そこでこの会が掲げる政策は、天然林の管理を環境省に移管することだそうだ。請願書を国会、内閣に提出する気らしい。

環境省に移管したら、天然林が守れるというのは、あまりに浅はかだろう。だいたい環境省に森林の専門知識を持つ職員の数がどれほどいるのか。環境省の管轄にしても、違法伐採の取締などできるわけがない。逆に荒れるだけだ。

 

とはいえ、私も昔は、林野庁は、国有林を手放したら?と主張したことがある。とくに木材生産を行う人工林は、研究用は別として都道府県当たりに分譲すべきではないかと考えた。そして各種の保護林は環境庁(当時)に任せる。残すのは、研究・実験調査用の森林だけにする。

その方が、借金に追われて苦しまず、林野庁も肩の荷を下ろして楽になるのではないか。そして政策提言と民有林や公有林の管理監督官庁になればよい……という主張だ。
お役人が、ビジネスとしての森林経営をするのは得意ではないし、民業圧迫にもなる。また、完全に手つかずで残すだけの森林なら環境庁で十分だからである。

ま、今も同じ意見ではないが、不得意なものは手放すのが得策だと思う。環境省も、広大な天然林の管理なんて嫌がるのではないか。

 

コメント (13)