人外花境

暇人の何でも自然観察日記
主に野歩き山歩き旅歩きの写真ブログです

(ブログ人時代の写真は画像クリックで拡大)

雪山と太陽柱

2020年01月21日 | 自然観察


昨夜雪が降った、30cmぐらいだけど、裏山が白くなった。
暖冬で雪が少ないのは全国的らしい、この先地球はどうなってしまうのか。



1月18日の朝、真っ赤な太陽柱を伴って昇る朝日、飛んでいるのはただのカラスです。
気温が高く空気中の水蒸気が凍ることが無いので、太陽柱もめったに出なくなった。
コメント

白い砂浜と鉛色の海

2020年01月19日 | 写真


靴を脱いで裸足で歩きたいサンゴの欠片の白い砂浜。



靴を脱いで裸足で歩いたら、しもやけになってしまう白い砂浜。



見たくもない空も海も鉛色の冬の日本海。
昨日手稲山へ行ったら、アラブ系の顔をした外人さんが嬉しそうに雪の中を転げまわっていた。
所変われば、嬉しくもあり嬉しくも無しは世の常か。
コメント

手稲山も雪は少なかった

2020年01月19日 | 野歩き山歩き


昨日は今年初めての手稲山へ行ってみた、頂上の神社石室が雪に埋まっていない。
これだと積雪深さは1.0m未満、今年は本当に雪が少ない。



昨日撮った同じ場所を秋の写真と比べてみれば・・・・・。



積雪が1.0mも無いことがお分かりだろう、今年はやはり異常気象だ。



頂上からのいつもの風景、羊蹄山がぼんやり見えていた、春はまだ遠いな。
コメント

雪の手稲前田森林公園で

2020年01月17日 | 写真


昨夜少し雪が降った、午前6時半ごろの東の空、世の中まだ暗い、日の出は7時ごろだ。



やっと雪が降った、20cmぐらいだけど、雪の手稲前田森林公園へ行ってみた。



赤い実を付けたニシキギの枝に雪が積もる。



野生化したゴボウの種にも雪が積もる。



木の枝に小鳥がいた、ほほが赤いのでヒヨドリだろう。
コメント (1)

月と太陽と雪の結晶

2020年01月15日 | 自然観察


夜中薄雲が広がり、月の光に下半分だけの光環が出ていた。



朝になると雪雲が広がり、ボワッとした日の出、今日も天気が悪い。



フワリフワリと舞い降りる雪を撮ってみた、気温-5.0℃まだ結晶が奇麗じゃない。
コメント

ハイイヌガヤ

2020年01月12日 | 自然観察


例年ならば除雪された雪が道の両側に山の様になっているのだが、今年は雪が少ない。



イヌガヤ科 ハイイヌガヤ(這犬榧)別名エゾイヌガヤ
常緑樹で高さ1.0m~2.0m、幹は斜上する、多雪地帯の林床に生える。
と図鑑に書いてあるが、今年初めてそれを目にした。



林床を埋め尽くすほどに群生しているハイイヌガヤ、
今年は雪が少ないため見ることが出来た、「多雪地帯の林床に生える」そのとおり。
コメント

断捨離な日々

2020年01月11日 | 日記


今日は資源ごみの回収日、古雑誌等をごっそりと捨ててしまいました。
暇なのでついでに何か捨てるものはないかと、狭い家の中を探し回りウロウロと。
若者と違い年寄りの断捨離の対象は物だけではありません。
少しずつ社会や人間関係から離れ(必然的にそうなってしまうが)自分の過去を捨てるのも断捨離です。
このネコジャラシの様に、枯れ細った身一つで死んでゆくのが理想かも知れませんが、そこまで悟り切れるかな?
今このブログ、鹿児島の芋焼酎「晴耕雨読」のお湯割りを飲みながら打っています。
それにしてもこの芋焼酎は旨いな、まだまだ飲み足りない・・・・・そう簡単に死んでたまるか。
コメント

草木の種

2020年01月09日 | 自然観察


市内から手稲山、頂上付近はすっぽりと雲の中、年が明けてから天気が悪い。



カメラを持って散歩に出ても撮るものが無い、道端の草木の種を採ってきた。
綿毛の付いたガガイモの種がまだ残っていた。



こんなペラペラの種でよく発芽できるものだ、それにしても見事な毛の生えよう。



クズ(葛)のサヤとマメ、根はくず粉・葛餅の原料。



クズはマメ科の植物だから、種は確かに豆だ。



ニセアカシア(ハリエンジュ)のサヤとマメ、10個中一個だけ受粉できたようだ。



形はまさしくマメ科の豆です。



アオイ科ムクゲ(木槿)のサヤと種。



ムクゲの種、見事に髪の毛が生えている。
種に毛が生えているからムクゲと思ったが、名前の由来は中国語か韓国語らしい。
コメント

雪も陽の光も無い冬

2020年01月07日 | 日記


日の出時刻に一瞬の陽の光、昇るにつれて雲の中へと消えてゆく。



そして雪が降る、積もる程ではないが雪が降る。



凍てつく路面に弱々しい冬の陽射し。



雪がないと余計に寒々しい。



寒空に春楡の木。
コメント

トウガラシ 二輪草 オハウ

2020年01月05日 | 食・レシピ


道端の雪の中に赤いトウガラシの実があった、頭に浮かんだのは新潟の発酵香辛料「かんずり」。
ラーメンに入れると美味しいそうだが(特に札幌味噌ラーメン)汁物一般にあいそうだ。



今日で正月休みもお終い、この年寄りは明日から来年の正月まで休み。
そろそろ昨年暮れに買い込んだ食材の整理をしなければ、二輪草は咋春採って冷凍保存したもの。
サケの切り身が有るので石狩鍋ができる、二輪草が入ればアイヌの伝統料理「オハウ」だ。
残りご飯を入れ、かんずりの替りに七味唐辛子を振って一草がゆにして食べました。



二輪草は何処にでも生えているし、食べても癖のない山菜なので今年また採りにゆきましょう。
コメント