一 鉄 草 魂  

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

夕陽に染まる二次新潟色

2018-11-14 14:45:00 | 越後線

出雲崎周辺の13時台の後は寺泊の「トキみ~て」で朱鷺を観覧しました。
上越新幹線のMAXに朱鷺色が使用されていますが、実物は初めて見ました。
その後、温泉旅館へ向かう途中で夕陽に染まる二次新潟色を待ちました。

撮影日 2018.11.03 15:39 西中通~荒浜(以下同じ)




刈羽原発から東京まで伸びる高圧電線の鉄塔が聳えます。
越後線、弥彦線は「直接吊架式」という独特な架線が特徴です。
夕陽に照らされた115系が綺麗でした。これで温泉へ向かいました。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 二次新潟色を待つ | トップ | 新潟の湘南色115系 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

越後線」カテゴリの最新記事