一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

第2閉塞、進行!

2021-01-31 14:45:00 | 北しなの線
乗務員室に2人。指導運転士が見守る中、指差し確認。
この先には信号があり、指差し確認をしています。
飯山方面からの列車は定時運転でやって来ました。

撮影日 2021.01.11 08:32 三才~豊野

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 雪の県境へ向かう下り列車2本 | トップ | しなの鉄道むすめ「上田れむ」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (四季彩)
2021-02-02 15:14:00
僕も先日、都電に乗っている時、荒川車庫前の乗務員交代で研修生の運転士と指導運転士が乗って、研修生が運転していました。都電なので閉塞信号はありませんが、ある意味、新幹線より運転が大変ではないか?と思いました。低速走行ですが、併用軌道、急カーブ、急勾配が続きます。特に王子駅前~飛鳥山間は路面電車では日本一の急勾配です。あの碓氷峠と同じ66.7‰です。なおかつ併用軌道です。乗り心地はよかったのですが、研修生の運転士は相当な神経を使って運転したのでしょうね。頭の下がる思いがします。
四季彩さま (一鉄草魂)
2021-02-03 06:50:40
仕事も慣れてくると、初動所作が疎かになりがちです。
どんなにベテランになっても、安全運転のために、この動作は行って欲しいですね。
命を運ぶ、鉄道なのですから・・・。

コメントを投稿