名古屋健康禁煙クラブ

禁煙席でグルメする。きれいな空気の場所。名古屋健康禁煙クラブのお知らせです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たばこ対策指導者養成講習(愛知県)

2016年02月07日 | 名古屋健康禁煙クラブ
平成27年度 愛知県たばこ対策指導者養成講習のおしらせ

平成28年2月12日(金) 午後1時30分から午後4時30分まで
名古屋市中区役所ホール  名古屋市中区栄4丁目1-8(地下2階)
講演1「気づかせることからはじめる禁煙支援」
         講師 予防医療研究所代表
              磯村 毅 氏

    講演2「受動喫煙防止を目指した母子保健事業での取り組み」
         講師 岐阜県郡上市健康福祉部健康課長
              和田 美江子 氏
参加費 無料 (要 申し込み)

申込及び問合せ先
愛知県健康福祉部 保健医療局健康対策課 健康づくりグループ
電 話 052-954-6269

美唄市にふるさと納税

2016年02月07日 | 名古屋健康禁煙クラブ
美唄市にふるさと納税
 北海道新聞の記事

「受動喫煙防止」希望し寄付 美唄市にふるさと納税相次ぐ
02/06 07:00

【美唄】道内の自治体で初の「受動喫煙防止条例」を制定した美唄市に、
受動喫煙防止への活用を希望する、ふるさと納税が相次ぎ寄せられている。
市議会で条例案が可決された昨年12月11日以降、条例に関連して
集まった寄付は道内外から8件、計32万円。豪華な返礼品を用意し、
寄付の獲得競争を展開する自治体も目立つ中、専門家は「
制度の本来あるべき姿だ」と評価している。

 美唄市によると、8件の寄付は条例成立直後の12月15~24日に
申請があった。寄付者は「(今年7月1日の)条例施行の準備資金に使って」
など、活用の目的を具体的に記述した。市は「予想外の反響だ」と
喜び、条例周知に向けて新年度事業に役立てたい考えだ。

 昨年12月から1月末までの寄付申請額は全体で1023件、
1492万円だった。

大学全面禁煙

2016年02月06日 | 名古屋健康禁煙クラブ
大学全面禁煙
 朝日新聞の記事より

広がる、大学全面禁煙 健康増進法受け、全体の4分の1に
朝日新聞デジタル 2月6日(土)16時0分

たばこを吸わない大学生が増えている。受動喫煙を防ぐ取り組みを求める
2003年施行の健康増進法を機に、構内を全面禁煙にする4年制大学は
全体の約4分の1に増えた。一方、禁煙後にトラブルがあり、
分煙に戻す大学もある。

 ■卒煙相談 要項に明記
 正門前に「構内全面禁煙」という看板を掲げる創価大学(東京都八王子市)は、
11年度から週3回、「卒煙」相談を設けている。狙いは
「全面禁煙の環境づくり」だ。
 希望者に原則1週間分のパッチを無料配布する。3カ月禁煙が続けば、
「成功」だ。これまで52人が禁煙に取り組み、4人が達成した。……

喫煙率、教育で半分以下に

2016年02月06日 | 名古屋健康禁煙クラブ
喫煙率、教育で半分以下に
金沢の新成人調査、防止に効果
北國新聞社 2月3日(水)2時37分配信 より

小学校で喫煙防止教育を受けた新成人は、受けていない人に比べて喫煙率が
半分以下であることが、NPO法人「禁煙ねット石川」の調べで分かった。
全体の喫煙率は12・8%だった。1月に金沢市内の成人式会場でアンケート調査した。

 アンケートは1月9、10日、7カ所で実施し、金沢市内に住む新成人全体の10・2%に当たる
503人から回答を得た。

 このうち、小学校6年生の時に、喫煙の健康被害に関する教育を医師から受けた207人の
喫煙率は6・7%で、受けていない296人の16・9%の半分以下だった。

 男女別では、男性の喫煙率が20・5%、女性が4・9%だった。吸い始めた年代は、
男性の6割以上が高校卒業以降または成人後だったのに対し、女性は7割が中学、
高校に在学中と答えた。

 金沢市は2011年から市立の全小学校で喫煙防止教育を実施している。
禁煙ねット石川は同年から毎年、成人式会場でのアンケートに取り組み、
教育の効果を検証している。

三池崇史 分煙提案

2016年02月05日 | 名古屋健康禁煙クラブ
 三池崇史監督の分煙提案が業界に波及
          
 ビッグローブニュース(NEWSポストセブン)
 2015年12月28日より

喫煙所をはっきりと示すデザイン調の共通標識。そのスペース内には、
灰皿と街中のオープンカフェを思わせるオシャレな
赤いチェアが数脚置かれている。
喫煙所の壁面には、

〈議論の火花は散らしても、火の粉は散らすな〉

〈常識をこえた作品を。スペースをこえない喫煙を〉

〈物語の行方と煙の行方は、最後まで見届ける〉

〈マナーを守ると、現場の空気はちょっとよくなる〉
 といった、センス溢れるキャッチコピーの書かれたプレートが掲げられている。
コピーライターの岡本欣也氏が手掛けた、さり気なくも目を引く文言が
喫煙者を和ませつつ、マナー啓発にも役立っている。実に気の利いた喫煙所だ。

映画会社、日活の調布撮影所(東京・調布市)内で今秋整備されたばかりの喫煙スペース。
日々、独創的な作品づくりに追われる映画会社らしい分煙対策といえるが、発案者は
三池崇史監督だった。自らもスモーカーの三池監督は、
撮影所の喫煙スペースの在り方について、一家言を持っていたという。

「愛煙家の側から理想的な分煙を発信していこうという思いから
始まり、吸う人にも吸わない人にも心地よい環境を作ることが
テーマでしたが、空間をデザインするというのは本当に難しい。
撮影所というのは各社に個性があり、それはその撮影所の歴史が作り上げているもの。
そこに自然に存在できる喫煙所空間をつくることは、そこで創られてきた映画
そのものと溶け合うような不思議な感覚があります」(三池監督のコメント)

World No Tobacco Day 2016

2016年02月04日 | 名古屋健康禁煙クラブ
World No Tobacco Day 2016
2016年世界禁煙デーの ウエブサイト
南アフリカ政府の ページより
http://www.gov.za/speeches/world-no-tobacco-day-2016-23-nov-2015-1222

31 May

World No Tobacco Day logoWorld No Tobacco Day is celebrated around the world on 31 May. This annual celebration focuses on the dangers of World No Tobacco Day logousing tobacco, the business practices of tobacco companies, what the World Health Organisation (WHO) is doing to fight the tobacco epidemic, and what people around the world can do to protect the right to health and healthy living for themselves and for future generations.

According to the WHO:
nearly 6 million people killed by tobacco each year.
600 000 people die each year from exposure to second-hand smoke.
63%of all deaths are caused by non-communicable diseases or NCDs, with tobacco as the greatest risk factor.

FNN受動喫煙対策  なぜ進まない

2016年02月04日 | 名古屋健康禁煙クラブ
FNN 経済ニュスより

ふかぼり 受動喫煙対策 なぜ進まない?

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00315239.html

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて今後、
早急な対策が求められる「受動喫煙」。
子どもは、肺機能障害や乳児突然死症候群などのリスクが高まり、
大人でも、肺がんや心筋梗塞などへの影響があるといいます。
対策が進まない日本の受動喫煙について、国立がん研究センター
たばこ政策支援部部長・望月 友美子さんと「ふかぼり」ました。

ゲスト: たばこ対策の賢人 望月 友美子氏
(国立がん研究センターたばこ政策支援部部長)
出演者: 久保田 るり子氏

ハリウッド映画の44%に喫煙シーン

2016年02月03日 | 名古屋健康禁煙クラブ
喫煙シーン映画 WHOが年齢制限を勧告
日本テレビ系(NNN) 2月2日(火)0時35分配信より
 WHO(=世界保健機関)は1日、
喫煙シーンのある映画に「年齢制限」を設けるよう
勧告を出した。喫煙シーンは、若者たちがたばこを吸うのを
助長するため、としている。

 WHOは、2014年のハリウッド映画の44%に
喫煙シーンがあったとしており、たばこに関する広告への
規制が強化される中で、映画は野放しのままだと指摘している。

愛知県県立病院経営改善推進委員会

2016年02月02日 | 名古屋健康禁煙クラブ
愛知県県立病院経営改善推進委員会のおしらせ

平成28年2月9日(火) 午前10時から正午

愛知県自治センター 4階 大会議室

問い合わせ
愛知県 経営課
経営企画・予算グループ
Tel:052-954-6307

たばこ警告表示の  拡大

2016年02月02日 | 名古屋健康禁煙クラブ
たばこ警告表示の拡大検討=規制強化へ議論開始—財政審
2016 年 2 月 1 日時事通信のニュースより

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は1日、
たばこ事業等分科会を開き、たばこのパッケージに
喫煙の健康被害を警告する表示面積を見直す議論を始めた。
下部組織として、警告表示面積を広げるなどの
規制強化を検討する「表示等部会」を同日設置した。

 たばこ事業法では現在、たばこパッケージの
30%以上の面積を有害警告の表示にすることが
義務付けられている。

 表示等部会は、分科会から選ばれたメンバーで構成する。
月内にも初会合を開き、医療関係者らから聞き取り調査を実施。
その上で、パッケージに占める警告文の面積や
文言を見直すことを検討する。部
会は6月ごろまでに報告書をまとめる方針。 

受動喫煙防止のために罰則を

2016年02月01日 | 名古屋健康禁煙クラブ
受動喫煙防止のために罰則を
朝日新聞 読者投稿 声 より

World No Tobacco Day 2016世界禁煙デー

2016年02月01日 | 名古屋健康禁煙クラブ
2016年世界禁煙デーのお知らせ
Quitという 英文のウエブサイトより

http://whyquit.com/world_no_tobacco_day.html