真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子は真鹿子であると同時に馬鹿子!馬鹿子で無くなると真鹿子で無くなる生粋の真鹿馬鹿子であり!永遠に真鹿馬鹿子!&野生人

我が棲家 すみれ香る お香を焚く すみれとなって 野に咲く日まで

2018-08-11 12:12:28 | 短歌

 

 

 

我が棲家

 

すみれ香る

 

お香を焚く

 

すみれとなって

 

野に咲く日まで

 

 

真鹿子( まかこ)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 暗闇に 夢幻を描く 螢かな... | トップ | それでも鳴る 風鈴禁止の ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日曜の午後に・・ (Ray)
2018-06-24 16:57:34
こんにちは☆真鹿子さま☆

…なんというか・・
すみれの香りから始まる、「めぐり」 を 感じました。

そのめぐりは、宇宙へとつながるめぐり・・

意識の広がりが、やがて輪になることが意識できる、ステキな一句だなぁと感じました♪

…お写真・・いつも ステキです☆彡
Ray
すみれ笛の音色♪ (真鹿子(まかこ))
2018-06-24 21:18:29
Rayさま☆こんばんは☆

そうですね。「めぐり」
宇宙へとつながるめぐりを
感じますね♪

私はすみれさんに憧れています。
すみれ円相、すみれの輪を
願望しております。

またすみれ円相は、
すみれ演奏でもありますね。

すみれさんは思い浮かべるだけでも、
優しく穏やかなすみれ演奏♪
愛らしいすみれ笛の音色を
かんじます☆すばらしいですね☆

お褒めくださいまして、
ありがとうございます。
今宵もどうぞ、
ごゆっくりなさってくださいませ✨

お力お心遣い
感謝申し上げます☆

真鹿子 拝

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事