真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子は真鹿子であると同時に馬鹿子!馬鹿子で無くなると真鹿子で無くなる生粋の真鹿馬鹿子であり!永遠に真鹿馬鹿子!&野生人

マンホールせせらぎ聴こえる夏の道    

2018-09-07 07:18:27 | 俳句

 

 

 

マンホール

 

せせらぎ聴こえる

 

夏の道

 

 

 

 マンホール

セセラギキコエル

ナツノミチ

 

 

真鹿子(マカコ)

 

 

今でも浜辺の海まで

流れてるかな

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 台風21号とベートーヴェン | トップ | 風鈴の鈴の音香るシュメール... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗な詩…ですね。ほっこりと。 (人生の素人:折師)
2018-05-07 23:48:46
 昼間にふっと見て、思わず「綺麗な良い詩」と。…マンホールのせせらぎから、ここまで世界が広がるとは…!

 読んで昔おばあちゃんの実家を思い出しました。海抜5メートルとかのところだったので、”側溝に当たり前の如く「カニ、時にはハゼがいる」” 生き物のたくましさと海辺の自然を感じていましたね~。

 真鹿子様の詩は、…春風のようなふんわりとした柔らかな肌触りを言葉で表せる…そう感じる天性の詩は本当に素晴らしい、心癒される。

 この詩、そして真鹿子様に、心からの感謝を…!!
側溝に☆みずすまし☆も (真鹿子(まかこ))
2018-05-08 09:31:51
折師様
おはようございます!
お褒めのお言葉、
ありがとうございます。

そうですね♪
私が以前住んでおりました所の
側溝にも、折師様がおっしゃいますように、当たり前の如く水澄ましが泳いでいましたよ。
そして庭ではサワガニがお散歩、
玄関のガラス戸にはヤモリさんがぴったり、ホタルの季節にはホタルがゆらゆら舞い、日中でも門柱に止まったままくつろいでいます。

神戸でも西の方の海近くの川や運河では、大きなお魚が群れになって泳いでいますもの、ギョギョギョです。
自然はよいですね♪どんなところにも息づいています。折師様もお楽しみくださいね☆今日もどうぞ良い時をお過ごしくださいませ♪

ご訪問お心遣い
感謝申し上げます。

真鹿子 拝

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事