愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

京都 藤木正三牧師 断想の紹介「受けるということ」

2019年09月20日 12時29分30秒 | 藤木正三

「受けるということ」

 

 人に何かを与えるということは、あげるという傲慢さや、打算的な気持ちなどで汚れやすいので、

これらの点に反省がよく求められます。

 

しかし、受ける側にもそれと同じ位に反省の求められるべき点があると思います。

 

与えられることを当然とするねだる根性や、

素直に受けとろうとしない屈折した心理などが、そうです。

 

そこには生きることへのうろたえがあるように思われます。

 

うろたえざるを得ないところでうろたえないこと、

受けるとはこれを要求することです。

 

人は受ける時に、与える時以上に人間性を問われるものです。

 

 

 

『神の風景』p233 藤木正三著

 

ekyoukaiは良い教会(ekyoukai.org)から転載

コメント   この記事についてブログを書く
« ベジタリアン、豆類、小麦、... | トップ | 【消費増税直前】最高級天然... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

藤木正三」カテゴリの最新記事