Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

やっぱり、いつもの山は落ち着く~っ!!。(by.一日一善)

2017年02月28日 | 野鳥
昨日は慣れない山を歩いて歩いて、いっぱい疲れました。
きょうは慣れた山で、ごっつぅ落ち着いています。
気候もいいし、体の隅々までが伸びきっている感じがします。
『ホーホケキョ』という声を聞きながら、ノンビリと春を感じ山頂を目指します。
途中で、な~んにも出会うこともありませんでしたが、まぁ最近はこんな感じです。

山頂に着いても、やはり鳥の声はあまりしません。
キョロキョロと周りを見渡すと、早速見つけました!!。
電線にお腹の白っぽい鳥が、とまっています。

ミヤマホオジロ・・・電線にとまってのお出迎えは、珍しいです。


すぐに、一番奥の広場まで飛びましたが、ゆっくりと後に付いていきました。 木にとまっています。


しばらく、奥の広場を探索していたら反対側に「トラツグミ」を発見。
最近は神経質なので、あまり近づかないように気をつけて撮影開始。

トラツグミ・・・きょうは3分ほど居てくれました。 でも広場にカメラマンの方が入ってこられたので驚いて飛んでいきました。






炊事場の方に行ったり、東屋の方に行ったりしていると・・・・奥の広場で『ケケケ』と言う啼き声。
足音を忍ばせて、声のした方を探索しましたが見つかりません。 きっと居る筈なんだけど・・・。
探す方向を間違っていました、左に45度向いた方向に啼きもせずにとまっています。

アオゲラ・・・久しぶりに元気な顔を見せてくれました。 見つけた瞬間に写した写真は枝が被っていました。


次の写真は、落ち着いて枝から離れたところを写せました。


随分長い間写していませんでした、前回は2月19日ですから9日ぶりです。
四阿でお茶タイムをしていると、頭上で『ヒューヒュー』。

ウソ・・・頭上で聞こえたような気がしましたが、かなり遠くの木のてっぺんに見つけました。 ♂1羽だけです。


と、後ろの方で綺麗なイカルの声がします。

イカル・・・山頂で近くにとまってくれるのは珍しいです。




お茶を飲むのを中断していたので、再度飲み直し。
落ち着いたところで、トイレタイム。
スッキリして出てくると、出口のところに・・・・。

ミヤマホオジロ・・・朝一番に見たミヤマホオジロです。
草むらに、ミッケ!!。


そのあと飛び上がって枝にとまりました。


今度は降りて地面で採餌。


と思ったら、今度は草むらに飛び込んでススキの穂を頬張り出しました。 きょうはサービス満点です。










そして最後に、もう一度木の上でノンビリと囀り出す始末・・・もう春なんだなぁ。


きょうの主役は、「アオゲラ」では無くて「ミヤマホオジロ」ですね。

近くには、

ジョウビタキ・・・炊事場の周りを退屈そうにルリビタキを待ち受けているようです。


太陽の方を向いているので、まぶしそうな目をしています。


結構きょうは色んな鳥が出てくれます。

東屋周辺では、

ルリビタキ・・・いつも通り元気です。


今度は「アカゲラ」の小さな声がトイレの方向から聞こえました。
残念なことに、逆光です。

アカゲラ・・・男の子のほうが良く来るんですが、きょうは女の子でした。




写りは悪いですが、「アカゲラ」「アオゲラ」の姿を見たところで早い目ですが9:10に撤収。
昨日21,000歩も歩いたので、若干お疲れ気味。

管理棟の前で、

ルリビタキ・・・この子は、羽の色が変わる途中なのでしょうか?。 やけに灰色が混ざって見えますね。


『ヒッヒッヒ』と大きな声で、囀り出しました。 こちらも春モードです。


自動車道路沿いも1往復だけにします。

ルリビタキ♀タイプ・・・せっかくミヤマホオジロを見つけたのに、蹴散らしていきました。


ソウシチョウ・・・きょうは2羽だけですが、ノンビリとくつろいでいるようでした。












きょうはカラフルな鳥たちが、いっぱい出てくれました。
やっぱり、いつもの山はいいなぁ・・・。 
今、1:55です。 
記事が書き終わるのも早かったです。

天気がイイので、今から車の掃除をしようと思っています。
掃除が終わったら、チョットだけお昼寝します。

それでは、また明日迄ごきげんよう!!。
コメント

他の山に行ったんですが・・・・。(by.一日一善)

2017年02月27日 | 野鳥
きょうは朝から上天気。
昨日の記事にも書きましたが、きょうは意を決して「西の山」に行くことにしました。
車で35分ほどかかりました。

要領を得ない場所は、歩いて歩いて歩きます。 帰ってきたら21000歩でした。
歩数も多いですが、慣れない場所はロスタイムが多いですね。
どのくらい同じ場所で粘るか、他にいい場所があるのか?、など無駄な時間が増えます。
今はもう4:10です。 
いつもより2時間も多く探鳥しましたが、成果はあまり上がりませんでした。

ということで、きょうは他所の山の鳥たちです。

薄暗い林の中を歩いて行くと、「ジョウビタキ」に出会いました。
とりあえずスタートが切れて、ホッとする一日一善。
練習モードでパチリ。

ジョウビタキ・・・薄ぼんやりな写真ですが、これがスタートでした。


とりあえずボウズは無くなったので、歩くのに力がこもります。
しばらく歩いていたら、「ルリビタキ」が谷の下の方に居ました。
ここでも「ジョウビタキ」と「ルリビタキ」はセットなのですね。

ルリビタキ・・・これも、かなり暗いし動き回るので苦労しました。


『2年前に来た時に、この辺りに沢山いたはずなんだけど・・・』と、注意深く聞き耳を立てて探すのですが居ません。
そこをあきらめて、50m程下ると法面から水が出ている場所がありました。
しばらく見ていると、やっぱり鳥たちが水を飲みに来ています。
水が湧いていて、法面が崩れやすいのか落石防護のネットが張ってありました。
そのネットに、きょうの目的の鳥がとまっているのを発見!!。 『見つかって良かったぁ。』

クロジ・・・今期初ですね。 草がおい茂っているので、なかなかシャッターチャンスがなくて焦ります。


♀も居ました。












これも♀ですね。 アオジでは無いと思います。


クロジを写していたら、突然なにかに驚いて皆かくれてしまいました。
はは~ん分かりました、「ソウシチョウ」が割り込んできたのです。

ソウシチョウ・・・なかなか気が強いようです。 体は小さいのに負けていません。
ネットが気になりますが、これも想い出の1枚です。






この「ソウシチョウ」は有り難いオマケでした。
かれこれ4~50分経ったでしょうか?。
道行く人が、『長いこと写してはるけど、ええのん撮れたん?。』と、冷やかされる始末。
オマケもついたので、冷やかされても全く気にならない一日一善・・・・ウキウキ。

ボチボチ場所を変えようと、2kmほど歩きました。
な~んにも居ません。
ちょっと雰囲気の良さそうな場所があったので、周囲を見渡すと・・・あっ!!。
「トラツグミ」が居ます。 じっと見ていると左の方に歩き出しました。
私も、左にちょっと移動したその時・・・、すぐ目の前に「ルリビタキ」がとまりました。

ルリビタキ・・・トラツグミも気になりますが、とりあえずは目先の鳥を。




目先の鳥を追いかけたのが大間違い!!。
「トラツグミ」が行方不明ですぅ・・・残念、撮り逃がしてしまいました。

気分転換に、別の場所に車で移動することにしました。

ここも鳥が少なそうです。

ニホンリス・・・鳥は少ないですが、リスは沢山走り回っています。






しばらく待っていたら、

アトリ・・・30羽くらいの群れが飛んでいましたが、これはハグレもん。




アトリのあとが続きません。 小一時間ウロウロしました。
やっとのことで、

ヒガラ・・・今期初ですね。


そして、お別れは。

ルリビタキ♀タイプ・・・いつもの山とエンディングは同じです。






いつも行く山と、出てくる鳥は同じです。
いつもの山にも「クロジ」は居ますが、暗がりに居るので私には写せませんでした。
「ヒガラ」も例年はやって来るのですが、今年は出遅れているようです。

いつもの山の方が、鳥の種類は多そうです。
やはり慣れない場所の探鳥は、一日がかりで探鳥しないとなかなか成果は出せないと思いました。
今度は、昼ご飯を用意して再挑戦する予定です。
コメント

ホーホケキョ!!。(by.一日一善)

2017年02月26日 | 野鳥
2日前から、ウグイスが『ホーホケキョ』と鳴き始めています。
『春が来たんだなぁ・・・。』と実感しますね。

きょうも天気は上々です。 ツクシがニョキニョキと出て来そうな雰囲気です。
今度淀川に行く時があれば、土堤でツクシを探してみようと思います。

山は昨日、40名位の子供達が来て「日帰りの体験学習」。
そして今日も第2弾がありました。

なので、山の上は9:00迄に決定。

ということで、短時間勝負のきょうの山の鳥たちです。

昨日と同じような雰囲気です。
山頂まで、な~んにも出てくれません。

一番奥の広場を、遠くから眺めるとトイレの前辺りに「トラツグミ」らしき動きを発見。
と、その時「アオゲラ」の声。
『さぁ、どっちを狙う・・・・』、咄嗟に奥の広場が「立ち入り禁止」なのを思い出す一日一善。
「アオゲラ」は方角的に、広場の奥・・・入っては行けない!!。
「トラツグミ」に集中するしか有りません。

奥に逃げられると写せなくなるので、そ~っと近づく・・・でもやっぱり気づかれて奥の方へ行かれてしまった。
ちょっと遠いけど、一写入魂。

トラツグミ・・・冷や汗モンでした。
ギリギリのところでとまってくれました。


あ~、向こうに隠れてしまいそう・・・やめて~。


その後、一度行方不明になって再度登場するも、あっというまに何処へやら。


「アオゲラ」は残念ながら、そのままどこかに行ってしまいました。
普段なら、おそらく「アオゲラ」を狙ったと思います。

奥が立ち入り禁止なので、炊事場から見晴台までが探鳥範囲。

見晴台への分岐点で、

ミヤマホオジロ・・・アオジと一緒に行動していました。




炊事場の南側の林でドラミングの音がします。

アカゲラ・・・どうしても日陰側に餌が集まるせいか、太陽と反対側に回り込むことが多いようです。




ルリビタキ・・・アチコチ飛び回っています。 昨日は撮るのを忘れていました。








アオジ・・・黄色みの強い個体を探しました。 黒っぽいのが多いようです。


青葉の茂った木にとまると、まるで保護色。


東屋の周辺をウロウロしていると、『チャッチャッチャッ』という軽快な啼き声。
待ってました、このチャンス。

ミソサザイ・・・やっぱり写すのが難しいです。 伐採木の隙間に入ると、どこから出てくるか予測するのが難しい。
暗いところから、明るいところに飛び出したら設定が・・・・。




コゲラ・・・きょうも赤斑はありませんでした。 コゲラがドラミングすると結構大きな音がして、紛らわしいです。


ジョウビタキ・・・炊事場の周りにいつも居てくれます。




ルリビタキ・・・当然、この子がジョウビタキの遊び相手です。


ここで9:00になりました。 撤収です。

自動車道路沿いも、きょうは鳥影が薄かったです。

ルリビタキ♀タイプ・・・この付近には♂をあまり見かけません。




ソウシチョウ・・・きょうも巧く、逃げられました。


昨日は、淀川まで行く元気がありましたが・・・きょうは無理。
ということで、帰路につきました。

帰る途中で、

イソヒヨドリ♀・・・地味ですが、私は♂よりも好きですね。






屋根に飛び上がりました。


家に帰って写真を整理したら、きょうはシャッターを70回ほどしか押していませんでした。
だいたい120~150回くらいが私の平均回数ですから、やっぱり鳥の出は50%と言うところですね。
『ボチボチ、他の場所に探鳥に行きたいなぁ』と思っていますが、いいとこ無いかなぁ。
めんどくさがりやの一日一善、なかなか踏ん切りが付きません。
コメント

春爛漫なれど・・・・ヒェー(冷~)。(by.一日一善)

2017年02月25日 | 野鳥
きょうは朝から最高のコンディション!!。
ルンルン気分で、山に到着。

だがしかし・・・・歩いても歩いても鳥の声がありません。
いつもは、最低でもアカゲラの声は聞こえるのですが・・・・何か変。
山頂に着いても、まったく鳥の動きがありません。
しばしの間、茫然自失。

『なんぼ力を入れても、すべては鳥次第』と開き直って、もう一度周囲を見渡します。

おっ、居た居た。

メジロ・・・高い木の上で、苔むした辺りをつついていました。


ジョウビタキ・・・きょうはルリビタキが出て来ません。 なのでノンビリひなたぼっこしています。




到着から小一時間が過ぎたでしょうか、とても静かです。
カメラマンの方達は、土曜日の所為かいつもより多いですね。

奥の広場の入り口に「ミヤマホオジロ」を見つけました。
地面に降りていたのですが、東側の茂みに飛び込んだのでススキにとまっている所が撮れそうです。
奥の裏道を、そ~っと進んでいくと案の定とまっています。

ミヤマホオジロ・・・アオジと一緒にススキを一生懸命頬張っています。








またしばらく、暇~~~。

ふと見上げると、

ヤマガラ・・・電柱のてっぺんやスピーカーの上が楽しそうです。


スピーカーにとまりました。 音が出たらビックリするでしょうね。


コゲラ・・・すぐ目の前にとまりました。 残念ながら赤斑はありません。


きょうの山頂は、コレが精一杯でした。

9:00前から奥の広場に、ぞくぞくとキャンプに来られた方達が集合です。
奥の広場が「立ち入り禁止」になるので、『きょうはここまで』と決定。

9:00に退散です。
帰り道では、管理棟の傍に。

ウソ・・・♂が1羽+♀が2羽の3羽です。










アカゲラとアオゲラの啼き声はするのですが、近くに来そうもありませんでした。
こんな時は、あっさりと気分転換に場所を変えます。

と言うことで、川を下って淀川に再出発します。
きょうは、自動車道路沿いもスルーします。

さぁ一路、淀川へ!!。

川を1km程下った所に、

カワセミ・・・3羽が『キキキッ』と組んずほぐれつの追っかけあいをしています。
疲れたのか・・・小休止。


2km程下ると、上空に。

チョウゲンボウ・・・ユックリと獲物を探しながら飛んでいます。 旋回してくれるといいのですが、まっすぐ行ってしまいました。


3.5km程下ったところにも、

カワセミ・・・♀ですね。 なんどもダイブしましたが、一度も魚が捕れません。




さらに1kmほど行くと、葭原に3羽ほど鳥の動きが見えました。

オオジュリン・・・今期初かな?。 ちょっと遠すぎます。


淀川に着いたのが、11:10頃。
自転車で走り回りますが、こちらも絶不調!!。 昼から来るようでは、「そうは問屋がおろさん」ですよね。

フト上空を見ると、

ノスリ・・・おぼれる者は、ワラにもすがる。 


そして、『もうボチボチ帰ろうかな・・・』と思ったその時に、先日記事に書かせて頂いた「パズルに興味をお持ちのT氏」とバッタリ。
どうも不思議な御縁があるようです。

T氏『先日の記事に載っていたパズルを工作してみました。』
T氏『でも、なかなかピースが収まらないので、作り方が間違っていないか見て欲しいんです。』
とのお話し。

よくもまぁ、偶然会えたものです。 良かった良かった。
一日一善『ピースの数も形もOK!。 ケースも6単位×6単位だからOK!。』
一日一善『間違いが無いので、必ず入りますよ。』

と、お話しの最中に。

ベニマシコ・・・♂と♀が飛んできました。 『日差しが~~』、そんなことを言ってる場合ではありません。






※T様、また何かご質問等があれば、遠慮無くメールくださいね。 またお目にかかれる日を楽しみにしております。

12:00ちょうどになったので、T氏とお別れして一路家路に。

家に帰る途中、ふと気になる場所があったので立ち寄ることに。
到着して、10分ほど待っていると・・・・来ました来ました。 ラッキーです。

白い頭のスズメ・・・昨年から住み着いているようです。 頭は昨年より随分白くなりました。












家に到着したのは、1:30。
お昼御飯を掻き込んで、写真の整理とブログ記事作成。
4:00アップ完了!!。 とても疲れました。
コメント

風が強いけれど・・・・・。(by.一日一善)

2017年02月24日 | 野鳥
出かける時には、ピューピューと風が吹きまくっていました。
『鳥の出はさらに悪いかも・・・。』と、あまり期待せずに出かけることに。

山で風が吹くと、めっちゃ寒いです。
指先が凍えています。

坂を登りだしたとたん、『ヒューヒュー』と風の音・・・・ではなくて、「ウソ」の声がします。
木のてっぺんに♀が1羽、仲間を呼んでいます。
残念ながら、光の具合が悪くてスタートが切れませんでした。

しばらく歩くと、管理棟の前の林に黒い塊が見えます。
ファインダーを覗いて、ズームすると・・・・。

アカゲラ・・・♀が何かに怯えているように、身じろぎもせずとまっています。


しばらく待っても、ブロンズ像のようにピリッとも動かないので、あきらめて山頂を目指します。

山頂に着くと、見晴台への曲がり角の木に「アカゲラ」がとまっています。この「アカゲラ」も啼きません。




次の木に飛び移りました。






「アカゲラ」を写していたら、目の前の木に。

アトリ・・・たったの1羽ですが、きょうはこれっきりのアトリでした。 よく写しておいたものです。


ジョウビタキ・・・寒くて膨らんでいますが、ちょっと羽毛が薄いような気がします。




水道施設まで戻ってみることにしました。

ルリビタキ・・・きょうはチャンと木にとまってくれました。 いつものナイスガイです。






ミヤマホオジロ・・・きょうも『ピュルピュルピー』と綺麗な声を聞かせてくれました。




地面にも降りました。


もう一度、山頂まで戻ってみましたが鳥影薄し。
9:00に撤収。

帰り道でも収穫無し、駐車場の50mくらい下でヤットコサ。

ルリビタキ♀タイプ・・・私が山を降りるのに合わせて、ずっと付いてきてくれました。




さぁ、きょうも自動車道路沿いで頑張るぞぉ~。
と、かけ声だけは勇ましいのですが、なかなか盛り上がりません。
2~30m下った時、後方で『ヒュー』と微かな啼き声。

ウソ・・・♂3羽+♀2羽のいつものグループです。 残念なことに、桜の木のてっぺんなので枝だらけです。




それから、ずっと下っていくと。

イカル・・・数羽だけが林の中を移動していました。




2往復目は、ボウズ。

3往復目に、辛抱強く待っていると。

ソウシチョウ・・・一昨日は木の葉隠れの術に惑わされましたが、きょうは結構姿を見せてくれました。












時間は10:30。
突然、みぞれなような雪が降ってきました。 自動車道路は風が吹き抜けるので寒いのなんの・・・ブルッ。
4往復目は、あきらめて帰路につきました・・・とさ。

今日の山は、「アオゲラ」の声は聞こえましたが姿を見せてくれませんでした。
「トラツグミ」も、ここんとこユックリと姿を見たことがありません。 一瞬みかけることは有るのですが。
「ミソサザイ」も時々しか見かけません。
「クロジ」や「カヤクグリ」の情報も、あまり聞いていません。
コメント