迷える羊のメモ帳

こんな言葉 あんな花に癒されて生きる

メモ帳850ページ目 ご近所さんと盆踊り

2018-07-19 09:44:16 | 日記
毎年、居住地の町内会行事として行われる盆踊りがありました。
お盆の時期に死者をお迎えして「盆踊り」を賑やかに舞います。

町内会主催で、近隣住民との少しでも絆を深めたいとの事から、「夏まつり」を
かねて子供たちの喜びそうな模擬店も出るようになりました。

しかし、現代社会では価値観の変化や多様化等に伴って,地域,社会の環境も大
きく変化しつつあります。
最近では騒音問題が取りざたされるようになりました。

太鼓の音がうるさい、音楽を流すな等々なる苦情が聞こえるようになりました。
開催時間が大幅に短縮され、午後5時半~2時間、夕食後さぁ~踊りましょうって
出かけても何だかテンションが上がりません。
それでも、死者を送り出せた気がしました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ帳849ページ ハイビスカスの花達からパワーを貰う

2018-07-16 12:12:42 | 日記
猛暑の中の3連休も、外出はおろか、室内にいても熱中症予防対策はおろそかに出来ない
日です。
今日は、「海の日」この猛暑では冷たい水の中で涼みたいのだが、西日本豪雨被害状況の
映像を見ていると水の恐ろしさをひしひしと感じます。一日も早く復興する事を願ってい
ます。

暑い日々の中で南国生まれの花「ハイビスカス」は今を盛りとして咲いています。
20世紀初頭に、ハワイで品種改良されてから今では1万種以上の園芸種が生れています。
日本に自生するフヨウ、ハマボウ 韓国の国花のムクゲも同じ属性です。
南国育ちの花を見ると、その大きさや色の鮮やかさから力強い活力を頂ける気がします。

ペインテットレディ

クラッシングピンク

インパルス

ガルラ

サマーレッド

レモンイエロー

サマーピンク
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ帳848ページ ノウゼンカズラは夏花の代表格、猛暑の中でも綺麗です

2018-07-12 10:46:49 | 日記
今朝は、ウェット気味で身体にまとわりつくように湿度が高い、不快感はピークです。

夏花の代表格のノウゼンカズラは、猛暑の続く中でも立派に役目をはたしています。
夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけるツル植物です。
樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす寿命の長い花木です。

この画像は、利用駅のホームから線路を跨いだ向かい側のブロック塀にツルを張り
電車を待つ人々を和ませているかのようです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ帳847ページ 季節の移ろいの中で

2018-07-09 08:15:14 | 日記
季節の移ろいをもう少しゆっくりと楽しみたいのだが、過ぎ去る日々は早く気がつくと
花は散り、木の実が育ち始めています。

6月の始めに愛でた花達は、もう果実をつけていました。
ヤマボウシの実は、色づき始めていました。

また、モクゲンジは6月中旬から7月初旬に枝先に穂状花房をつけ、沢山の黄色い花を咲
かせます。
雨の日が続き、不要な外出をさけていた間に、枝先で袋状の果実が出来ていました。

モクゲンジ果実は、あまりにもはやい

6月21日に撮影した花ですが、2週間ほどで果実を成すとは驚きです

ヤマボウシの実の色づきは、2ヶ月ほど早い気がします。

6月始めに見た花

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ帳846ページ 蓮の花

2018-07-05 11:13:32 | 日記
10日連続の真夏日に昼夜を問わず気が抜けず、本格的な夏を前になぜか気が重い。

特に、高齢期に入り「抵抗力のない年寄り・・」と言う言葉を一日に何十回も聴くと
つい身構えてしまいます。
暑さは遠のいてくれたが、昨夜は雨風の不気味な音で熟睡できず新たな悩みが増えた。

母国開催のオリンピックを見ずして逝く訳には行きませんから~っと足腰強化に頑張
っています。若いアナウンサーの注意事項もしっかり聞いています。

梅雨どきに咲く蓮ですが、梅雨明けが早く花の開花にも狂いが生じている。
見頃を逃したくないので急いで蓮池に行くも、見たい「大賀蓮」は一輪しか残ってい
なかった。

漁山紅蓮

大賀蓮

酔姫蓮

知里の曙




コメント
この記事をはてなブックマークに追加