はじっこのおいしいぱん。

中はふわふわ、外はカリッと。 そんな空間へ ようこそ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪大学って、広いのね…

2012年10月14日 | 音楽

大阪大学、豊中キャンパス。

初めて行ってきました。 …地元なのに。 

吹田キャンパスは 横に病院があるからよく行くのですが。 豊中キャンパスはなかなか…

豊中市と連携して サイエンスカフェとかもやってて、次世代の育成へ力を入れていらっしゃるのは知ってるんですけど。

 

で。

もうご縁もないだろうと思っていたキャンパスに行くことになったのは。

「文化芸術ボランティア養成講座」

なんてたいそうな名前の講座を受講することになったから。

 

豊中市は 耐震性の関係で 市民会館を閉館してしまい。

その建て替えにあわせて「文化芸術センター」にするという構想があり。

そこでの催しごとのお手伝いをできる人を養成しようということで。

 

市民40人を公募。

初回の会場が「大阪大学 豊中キャンパス 21世紀懐徳堂スタジオ」

… スタジオ? 

大阪大学の一番奥の建物。 待兼山のふもとの施設。

入り口から歩いて10分以上かかるんだよぉ。 しかも、大学全体の案内図がなかなか見つからなくて焦った。

 

ふたを開けると、大阪大学の講座の一部になっていて、学生も受講してて、専攻によっては単位も出るらしく。

40人のこじんまりした講座を考えてたら、わいわいと人が多いこと!

市の職員さんとか、阪大の先生とか。

 

(あとで、よくよく募集チラシを見ると なるほど「協力:大阪大学文学研究科「文化政策論演習」の文字。 (汗) 広報誌でしか見てなかったから、知らなかったよ)

 

初日のレジメには、講師の紹介と何をやるのかの趣旨説明 ってことで。

いただいたパワーポイントの資料に なぜか 「アンサンブルベガ」 の写真 ?

 

講師の衣川大輔さん。

紹介文では「株式会社イーブンイフ代表。 ”カラダにクウキ、ココロにアート”を掲げ、さまざまな形態の会館運営に携わる」

 

この世界の最初の出会いが 震災後の「宝塚ベガホール」

そして、「アンサンブルベガ」とNHKをつなげた人。(つまりこの人がきっかけでクインテットが始まった…ってことになるらしい)

 

えー? 一昨日、「GOGO!市音」 で宮川さんを見てきたとこだよー!?

どこで何がつながるやら。 この世界、狭いのか???

 

ということで。

この講座、最終目標は ズバリ

「イベント公演を自分たちでやる」

ことになる。

日程と会場は決まっている。

 

平成25年1月24日

豊中市ローズ文化ホール

 

ふつうなら 「もう、券を売ってる頃」 に始まったこの講座。

はたして、どんなイベントが出来上がることやら。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GOGO!市音 vol2 リハーサ... | トップ | 文楽にふれてみよう 文楽ワ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事