Art gallery 道添

宇宙・自然・生命・時間を凝視し再生の希望を読み取りたい

羽根と幾何形体のある静物

2017-03-03 10:07:38 | 幾何形体のある光景

F4

羽と幾何形体のある静物 連作

『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 面と幾何形体のある静物 | トップ | 揚羽と幾何形体のある静物 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羽のこと 新聞から(2019.2.18) (M・Michizoe)
2019-02-19 08:23:41
羽箒研究家の下坂玉起氏のエッセーを興味深く読みました。

---鳥の羽は塗りの棚などを掃いても傷がつかず、微細なほこりでも掃き取る。実用性に加え、天界を飛ぶ清らかさ、自然の造形の美しさ、禅に由来する「心の迷いを払うもの」という含意も有り、茶席の箒に使われるようになったと考えている。---
Unknown (桂蓮)
2019-02-26 09:00:49
考えさせるコメントですね。
羽にそんなに深い意味があると、思ったことが無かったので、はっとさせられました。

羽は重力を証明するために
月面でハンマーと落とされましたね。
それくらいの関連性だけでしたので、
天界や造形、心の迷いを払うものなど
自力では思えなかったでしたね。

意識を一点から多面に移してもらえて
ありがたく思います。
Unknown (M・Michizoe)
2019-02-26 20:52:39
羽に色々な意味を込め、それを共有する人々がいたのですね。

絵の中での羽はモチ-フとして、
空間を意識させるものとして描いています。
近くに白鳥の飛来地もあり、
身近に野鳥を見る機会が多いのです。

コメントを投稿

幾何形体のある光景」カテゴリの最新記事