Art gallery 道添

宇宙・自然・生命・時間を凝視し再生の希望を読み取りたい

2011 雨竜神社

2011-01-01 21:54:41 | ブログ

2011_0101mone0015

本年も宜しくお願い致します。

コメント

光の春

2009-02-23 10:08:04 | ブログ

本州を近頃では”内地”と呼ぶ人も少なくなった。交通機関の充実などで距離感が無くなったこともあるのだろう。この時期、まだまだ雪は降り続く。北海道の命名者、松浦武四郎はこよなくこの地を愛した。いまより冬は厳しく、交通の便は悪く、原生林に覆われていた北海道。雪の日の未明、除雪車の音で目覚める。自宅前の道路は大型の除雪車が丁寧に雪を片付けてくれるので、殆ど生活上不便を感じない。気候の変動で北海道は暖かくなった、といっても冬は冬だ。一歩家から出れば、外気は鼻腔から体内を冷気で充たす。冷気は一瞬にして脳内に達したような感覚を生む。北海道の魅力は、瞬時、新しい感覚を体感するこの冷気ではないか、と思う。年が明けると太陽の動きが変わった。積もった雪に反射して、窓から入る光線が信じられないぐらい眩しい。華やかな、光の春の季節である。

コメント

朝日新聞エリア版に掲載されました

2008-12-26 15:51:28 | ブログ

12月25日(木)Img020 Img019 朝日新聞エリア版

朝日新聞エリア版に掲載して頂きました。’01年、砂川遊水地管理棟に「小美術館的利活用の提案」を申請し、”02年から絵画作品を展示しております。オアシスパ-ク管理棟は100ヘクタ-ルの水面を眼下に、樺戸連山を望む特殊にして恵まれた立地条件に建っています。多くの人々が訪れるように、と記事にして下さった北村記者。本当に有難うございます。

コメント

小品展ご案内  「塔」

2008-12-03 09:39:06 | ブログ

Img014 今年は「塔」に集中してまいりました。

「塔」は過去・現在・未来を超えて推移する

象徴化された「形」を表現できれば・・・、

と描いています。

ご高覧頂ければ幸甚に存じます。

時:12月6日(土)、7日(日)    午前10時から

所:自宅アトリエ  砂川市晴見2条北8丁目1-9

℡ (0125)54-0039

コメント

道新ぶんぶんクラブ ぶんちゃんプレゼントに絵葉書砂川讃歌

2008-11-26 13:56:17 | ブログ

Img013_2 道新ぶんぶんクラブ ぶんちゃんプレゼントに絵葉書・砂川讃歌が掲載されました。大変有難く、光栄です。

コメント