気ままに生きてみるさ

自分の思ったことをストレートに書いています。最近は車とヘッドホンにご執心です。

今度車買うわけですが・・・

2006年07月31日 20時29分22秒 | 日記
 無事就職が決まったら車を買うことになっている。まだ決まっては意なのですけどね・・・。家の家族はどうも計画が早いかも、買うのは12月以降だし・・・。
 今、ダイハツのムーヴに乗っているわけですが、今度は自分の働いた金で払うことになるので、かなり慎重に選ぼうと考えています。
 また軽になるかもしれませんが、燃費でえらぼうと考えています。カーナビとかいらないのでその分を燃費向上の改造に使う予定を勝手に立てています。
 具体的にはバッテリーを取り替えたり、アーシングしたり、燃費向上のアイテム買ってみたりなど・・・軽でリッター20以上でればOKですよね。小型のFitとかでも23キロ以上だせたら嬉しいです。今から楽しみだなぁ~(笑)
コメント

日本の幸福度90位は当たり前の結果

2006年07月31日 20時20分02秒 | ニュースと政治
 日本の幸福度が世界90位で先進国の中で最下位であるというニュースを見た。
 別に驚きもせずに、納得のできる結果だと私は思っている。
 現代における、ストレス社会は特に北欧の人たちからみれば狂っているだろうし、労働時間が減少したといってもまだまだ、環境は劣悪であったり、治安が悪化してたり、人口減少、経済不安定など悪い項目を出すのに困らないくらい要因があるからだ。
 アナウンサーが意外そうな感じで喋っていたが、こいつ馬鹿じゃないかと思った。私は結構幸せだと思いますみたいなコメントを喋っていたが、お前はいわゆる少し高所得者だからそんなことが言える訳。アナウンサーなんて勝ち組だから、社会の階層の上のほうに属するからそんなコメントできるわけ。
 社会の底辺にいる人たちの現状を知らないだろうし、ニュースとして読んでも実感がないだろうしからな。あ~腹がたったよもう。
 日本の幸福度が低いのは前から当たり前の事実であんまり認識されていなかっただけで、たまたま順位が下のほうだから報道されただけ。
 ここら辺マスコミはどうにかなりませんかね。まともなのはNHKのドキュメントだけかい?
 中国よりも順位が引くことには驚きました正直。あの中国に抜かれたかという感じでしたね。このまま日本の社会の閉塞感が続くようなら順位が今後下がっていくのは必須だと思う。
 あ~最後に番組書いておきますね。「ズームインSUPER」でした。喋ってたアナウンサーは女性ということで。
コメント

メインストリームの移行その2

2006年07月28日 19時59分35秒 | パソコン

 昨日はCPUの値段引き下げ、今日はAMDがATIを買収したという話について
 この話題で昨日2時間位かな?友人とあれこれ話していた。

 途中で私が逃げる形で会話を打ち切ったのだが、結論はこれから出る要素がおおいということだ。現時点での買収でのメリットは見えてるようで見えていないのかもしれない。
 ATIほどの大会社を買収したAMDはチップセットでもつくってノートでもインテルとためをはるのかと思った程度だったりする。
 ブランドが消えたら両方にとってあんまり良くないから今後もブランドは継続するだろうし、グラフィックを製作し続けることになる。
 一方ライバルであるNVIDIAとの差が明確になったのかとも思えた。バックにAMDがついているATI。生産力の増強はできるだろうし、AMDからの投資も受けるから、NVIDIAに勝てるかも知れない要素は生まれたと思う。
 日常においてあんまり関係ない話だけど、グラフィックベンダーの世界はこれでかなり変わるというのは事実だと思う。

コメント

メインストリームの移行

2006年07月27日 21時18分40秒 | パソコン
 AMDに引き続きインテルもCPUの値段を大幅に引き下げた。新しいCPUを出すためである。
 今回はただ新しいだけではなく、インテルの弱点であった。「熱」と「消費電力」がかなり改善されている。
 ここ数年はAMDのできがよく、インテルは性能では確かによかったが、熱と電力から消費者の注目はAMD側に傾いていたと思う。その結果、AMDの収益も増収と結果に現れている。
 しかし、インテルもAMDに習えなのか、熱と消費電力を改善したモバイル向けCPUをデスクトップで売るという従来に見られない手法を用いたことに少々驚いた。
 名前のセンスは・・・無いなぁ~といわんばかりの名前でPentiumブランドは消えてCore Duoに移行した。
 一方、AMDはAthlon64なのだが、名前のセンスはチップのコードネームにあると思う。インテルが真似た?と私は思っているが、どっちかというとAMDのネーミングセンスが好きだったりする。地名を用いるあたりおもしろい試みだったからだ。
 さて、今回の大幅な価格改定は、従来のCPUを完全に売りさばくための改定と私は捉えている。
 一気に半値・・・ずいぶん強気の両社だが、ユーザーとしては嬉しい。旧型という扱いにはなるが、デュアルコアに挑戦できる敷居がかなり下がったので5万でもいろいろ制約つければデュアルでもいけると思う。
 会社がつぶれてしまえばもともこもないが、そんなことはないだろう。ATIを買収したAMDもこれから面白そうだ。インテルも我が道を行くで覇道を進むつもりだろう。これからも面白いニュースよろしくといいたい。
 最近のパソコンでCPUを変えたいと思っている人には朗報であろうし、自作ユーザーとすればウキウキするニュースであることには違いない。
コメント   トラックバック (1)

電話とメールサポートどっちがいい?

2006年07月26日 21時07分48秒 | 日記
 最近はメールでのサポートが当たり前になった。
 私はメールでのサポートを利用している。電話だとつながらない事があるし、料金もかかるからだ。
 一方、メールだと確実につながる。対応が形式化されている面があるが、きちんと対応してくれる。なにより、自分の好きな時間にチェックできる。知らない人と会話するのが嫌いな人にはお勧めだと思います。
 メールの欠点は場合によって、件名を変えてはいけないだとか、受付番号を控えておかなくてはいけないことかもしれない。
 そんな理由からメールでのサポートは便利だと思うようになり、電話サポートは使用しなくなったのでありました。
コメント

日本は将来情報分野で取り残されるだろう

2006年07月25日 14時24分22秒 | 日記
 卒論の研究テーマが情報格差なので、関連の本を読んでいると日本は将来、世界的に情報産業分野から、つまみ出されるかもしれないと思うようになった。
 日本はITの経済領域は大きいが、新たな技術を創造できる技術者が少ないと思われる。だからといって、作るように政府や民間が動いているかというと世界の例を見ると全然駄目な状態である。経済規模がありながら、育成という分野では発展途上国以下の状況である。
 近年の政策で多少良くなっていると考えられるかもしれないが、世界もそれだけ進んでいるから状況はむしろ悪くなっていると考えるのが妥当である。
 技術者の賃金水準や労働環境は劣悪であるために、なりたがらない人もいるのではないかと思う。日本は海外の技術者に比べて明らかに地獄の環境で働いているといえる。
 政府の対策にも問題があるだろう。やることはやるが、各省庁を横断的にやってないから、効率よく育成ができない点が問題である。お隣の中国や韓国みたいに国が一丸となってガンガン政策を進めていけば状況は変わるかもしれない。
 今後は規制緩和などにより海外の技術者が日本に入り込んでくると思われる。そうなったら確実に日本の技術者は終わりだと思われる。安い賃金、優れた技術をすでに学んでいるからである。
 こんな現状を本でよんで目の当たりすると、日本って今後は「先進国の滅び方」という例で世界に恥ずかしい名を轟かせることを思うと将来に悲観的なってしまうのは仕方がないことのように思える。
 この本はまず政治家に読んで欲しいと思った。政治家はITの重要性を理解できていない「お年寄り」がたくさんいると考えられるからだ。若い人もITの重要性を認識するために読んで欲しいと思った。
 
 読んだ本・・・「デジタルデバイド-構造と課題」C&C振興財団 2002年 NTT出版
コメント (1)

NHKスペシャルを見て

2006年07月23日 22時28分21秒 | ニュースと政治
 ワーキングプアについてNHKスペシャルを見ました。
 感想としては、日本はここ50年でこのままいくと崩壊するということが明確に見えたと思った。
 労働の再生産ができないから崩壊という流れが見えた。若者の非正規雇用の割合が多すぎること。現在の労働人口の中心である40代以降は正規雇用が中心である。将来的に正規雇用が少ないと所得すくない。税収減る、政策できない。財政破綻、年金のくそもない。日本破綻という流れで簡単にできるから問題だなぁ~と思える。
 少子化とか言う前に結婚できない人が多すぎること忘れてる時点で少子化政策は終わってるようにも思えるが・・・。
 
 直感としては普通に暮らせるってすごい幸せなことなんだということがよく伝わった。
コメント

マロリオン物語全巻読みました

2006年07月22日 23時02分57秒 | 日記
 ベルガリアード物語の続編であるマロリオン物語を全部よみました。両方足して5000ページ位になるのかな?2ヶ月かかりましたね。まだ外伝が残っているので完全制覇ではないけど、外伝も近々購入して読みまくりたいと思います。
 表紙の絵に惹かれて買ったのがすべての始まりでここまではまるとは思ってもみなかった。マロリオンは図書館で買ったけど、余裕をみつけて新装版を購入したいと考えています。
コメント

久しぶりに称号を書き換えた

2006年07月20日 21時07分45秒 | ゲーム
 湾岸MIDNIGHTを久々にプレイしました。日付の称号は「ムーンサルト」だったので、お台場ロマンスから半年振りくらいに変えました。一年に一回しかないので、ある意味貴重かもしれません。
 プレイはムーンサルトのように華麗にできないヘタレですが、ぶつからないように、クールに走ってます。現実でも事故らないけど、少々アグレシップに走る傾向になってきました。
コメント

更新忘れてた

2006年07月19日 20時12分02秒 | 日記
 ずっと書くの忘れてました・・・。このごろはマロリオン物語を集中的に読んだり、卒論関係の本を読んだりと本と密接な生活を営んでいます。
 1日2時間以上は読んでいると思います。ほかのことはだれてあまり手をだしていません。
 もう夏休みもまじかなんですね・・・。授業がなく家にいることが多いからやるゲームもマンネリ化して飽きました。なんかおもしろいものあったら紹介してください。
コメント