空と風と、月と、星。

fc2「空と風と、月と、星。」からの続きです。よろしくお願いいたします。             

「60日ルール」とは何か。

2015-08-29 23:30:00 | 社会
このブログでも3ヶ月前に安保法制を憂慮する記事を書きましたが、
(こちら→日本の安全保障法制、危険な方向へ。私はこの事態を危惧します。(5月16日)
もう8月です。
もう一度、安保法制の流れを書いておきましょう。

①集団的自衛権行使容認の閣議決定(2014年7月1日)
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定(全文)
(↑趣旨は、日本が他国から武力攻撃を受けていなくても、同盟関係にある国が攻撃を受けた場合、
日本国は国外に出て行き、そこで武力を行使する、ということ。)
以下の図はネットで見つけた画像ですが、
集団的自衛権行使を図で説明すると、だいたいこのようなことです。



安保法案、衆院特別委で可決 与党単独に反発 16日にも衆院通過
2015/7/15 11:04 日経新聞

(ここで、「強行採決」という言葉を、テレビや新聞で見聞きしたと思いますが、
何が強行採決なのか、を分かりやすく説明した記事がありましたので、リンクしておきます。参考までに。
こちら→安保法案で野党が批判する「強行採決」とは? 問題点はどこにあるのか(ライター・関田真也 2015年07月16日)

衆院本会議、与党の賛成で可決 今国会成立が確実
2015.7.16 14:10 産経ニュース

(7月)27日午後から参院で審議入りへ 安倍首相、「切れ目ない法整備」訴え 
2015.7.27 08:45 産経ニュース

安保法案 参院で「60日ルール」使えば国民の大量離反を招く
日刊ゲンダイ 2015年7月17日

防衛相:「流出経緯を調査」 安保法案成立前提の資料
2015年08月19日 22時50分 毎日新聞
一部転載。ここから===========
 安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は19日、一般質疑を行った。中谷元(げん)防衛相は自衛官中心の防衛省統合幕僚監部(統幕)が法案成立を前提として作成した内部資料の存在と外部への流出を認め、「流出の経緯などを鋭意調査している。強い危機感を持ち、情報保全の徹底を図りたい」と釈明した。
=============ここまで。(下線は私による)

以下のリンク記事は、国会での安保関連の最新記事の一つだと思われます。参考までに、一部を転載します。
世論無視の安倍官邸 「安保法案」参院で早期採決シナリオ画策
日刊ゲンダイ 2015年8月19日
ここから。===============
「安保法案を今国会で成立させるのは間違いない。そこで、いかに政権の傷を浅くするかが重要で、採決の演出が肝になる。参院で採決せず、60日ルールを使って衆院で再可決するとなると、国民には数の横暴そのものに映るうえ、参院の存在意義まで指摘されるだろう。法案への反対は静まることがないだろうから、だったら早めに参院で採決した方が傷は浅い。中央公聴会を8月下旬、採決を9月上旬と目標を定め、できるだけ多くの野党が出席する中で成立させたい。・・・」(官邸関係者)
==============ここまで。(下線は私による)

今日のブログタイトルの「60日ルール」。よく聞く言葉です。
何なのでしょうか。

日本国憲法で定められています。こういうことのようです。

--------------
 第4章 国会 第59条
 法律案は、この憲法に特別の定(さだめ)のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

② 衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

③ 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。

④ 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後(のち)、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。(下線は私による)
--------------

8月19日付の日刊ゲンダイによると、「安保法案を今国会で成立させるのは間違いない。」とありますが、他の何にも優先して、安保法案を成立させるのではないか、とは、多くの人が不本意ながらそういう予想をしていると思います。

わたしは、もう、この法案成立を阻止できるものは何もないのか・・、と、そういう思いに駆られていたのですが、
方法はあるそうです。

ジャーナリスト・堤未香さんのツイッターでの発言より。

堤未果
@TsutsumiMika(2015年7月14日)
はい。衆院で一定数以上の野党が批判を恐れず内閣不信任案を繰り返し出し時間稼ぎをし60日ルールを使えなくさせれば阻止できますよ。強行採決したら本会議採決の前に出さないとですが。RT @munem****** 内閣不信任案を出せという方法はどうですか? #安保法制

と、ここまで書いてきて、
--------------
憲法第69条:内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

憲法第70条:内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後(のち)に初めて国会の召集があったときは、内閣は、総辞職をしなければならない。
--------------
というのがあるのですね・・。

法的に実効があるのは、衆議院で内閣不信任案が出されて可決された場合、ということです。

ここで、先ほど取り上げた、堤未香さんのツイートを振り返ると、
強行採決したら本会議採決の前に(内閣不信任案を)出さないと(ならない)
ということですが・・
法案はすでに、参議院で審議されています。
衆議院の議決が参議院よりも優先されるという憲法での決まりがあるため(参議院は、6年という任期が決まっているため)、
それに参議院でも内閣不信任案を提出できるらしいですが(ここの辺り、難しくて詳しくは書けません)、法的効力はないそうです。

ブログ記事の中ほどの、日刊ゲンダイ2015年8月19日付記事に戻ります。
「中央公聴会を8月下旬、採決を9月上旬と目標を定め、できるだけ多くの野党が出席する中で成立させたい。」(官邸関係者)とありますが、
では、60日ただ時が過ぎるのを待つしかないのでしょうか。

参議院の議席勢力図は、自民公明合わせてかろうじて過半数を確保しています。最近、公明党の支持母体である創価学会が、公明党に対して「NO」と言い始めました。それに対し、公明党議員はどうするだろうか。
もしも、法案の採決をとる時に参議院で自民・公明で過半数に足りなかったら、衆議院に戻して、ということになります。衆議院の議席勢力図は自民党が単独で過半数を占めていますので、安保法案を成立させないためには、自民党の議員が法案反対の票を入れないとならないです。これは現実的ではないかもしれませんが、そこまで長引くとなると「安保法案は国民には支持されていない」という方向が可視化されるのではないかと、私は思います。
ですから、「60日ただ時が過ぎるのを待つしかないのか」とあきらめるのは、まだ早いかもしれない、とも思います。

では、何をすれば・・と思ってしまうかもしれません。
私の場合、こうやって、ブログに書いて、状況は厳しいが、全く詰んでいるという感じでもなさそう、ということを伝えたり、
SNSで、安保反対デモを主催する人や参加する人を応援したりします。
あとは、例えば、私の場合は家族(夫や父)に何気なく話したり、・・でしょうか。
SNSの場合、大切だと思うことがあります。
それは、自分と違う意見の人の話を、まずは、自分が話さずに相手の言い分を聞いてみること、です。
SNSが「世論」を形成するかどうか、ということが怪しいかもしれないのですが、ツイッター等を見ていると、
不毛なやり取りになっている人たちも多いので、あえて言いたいことを「黙っている」というのもいいかも、です。

長くなりました。
「60日ルール」を自分で書いてみて分かったのは、憲法について、細かい部分が、私は勉強不足だということです。
もしも、「この部分は間違っている」とか、「こうではないか?」という指摘があったら、遠慮せずにしてくださるとありがたいです。


最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本質的なこと言うと、 (勇)
2015-08-30 12:17:18
憲法は作為的に解らない様に作られているから、勉強して追って学び続けても自分の人生の時間を消費するだけだよってのが法学部法律学科で学んだことです。しかも、日本で一番覚えるのが難しいはずの法律(司法試験)を守るのが国民の義務という圧倒的矛盾。もう法律やめましょう。コモンローのような自然の大地とそこに生きた先祖の歴史を繋いだ慣習法で十分です。三権分立も民主主義にも反対です。今の安部含め新自由主義グローバリズムの左翼スターリズム(粛正主義)にも反対です。もはや大地と歴史に根付いたファシスト以外に希望を見出せません。
脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問道場 (脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問道場)
2015-08-31 09:43:05
アメリカの属国、つまり家来国家 日本! アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、マスコミを使った偏向報道で、見事な国民洗脳をされ続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! さらにネット洗脳システムのツイッターやフェイスブックの利用、まとめサイトには注意が必要である。 我々はハッ、と気付いて、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!
なるほど (ゆうこ)
2015-08-31 18:00:11
勇さん、こんばんは~U´・ー・`Uノ

>憲法は作為的に解らない様に作られているから

いえいえ、そんなことないと思います。500円(税抜き)でコンビニで買った「日本国憲法」は、振り仮名もあり、内容は平易で私でも分かります。
私のブログ本文が分かりにくくて申し訳ないです。
憲法が解らない、のではなく、「60日ルール」が定められている中、法案可決を阻止する方法があるかどうか・・・ですね。それが不明だと思いました。
『憲法について、細かい部分が、私は勉強不足』と書きましたが、それに付随する法律をよく知らない、と書くべきでした。

>三権分立も民主主義にも反対です。
>もはや大地と歴史に根付いたファシスト以外に希望を見出せません。

うーん。。とても大きな話なのですが・・・
それで、勇さんが作成した動画:【人生を良くする現代日本国学「数の檻」を質で覆す「一瞬の陰陽」数との対決】でも、おそらく勇さんはそのようなことをおっしゃっていて、部分的にはとても大事なことを言っていて、分かるのですが、何と言っていいのかな・・
わたしとしては、「それで本当に良いの?」という、反論したい気分になるのも事実です。(でも勇さんは大事なこと言ってる。もう一回、ゆっくり聞きますね)

リンク先のブログで、確か5月、「もしも憲法がなかったら」という記事を書いた方がいました。これには、考えさせられました。

今の、基本的人権とか、なくなるわけですよね。行政を行う公務員に対し、「そういうことはやめてくれ」(例えば、自宅の前に産業廃棄物最終処分場を建てられてしまうとか) と、訴えることができなくなる・・人権が停止するとは、そういうことですよね。。それも含めた上で・・・勇さんのおっしゃりたいことは、「憲法は必要ない」、なのかな。すみません。私の読み取り力不足です。

『大地と歴史に根付いたファシスト』というのがどういうことか、勝手に想像するに、中世(または、さらにその前、)の徳川将軍のような、「人治主義」に戻ったらどうか、ということかな?
もしそうだとすると懸念するのは、私などが言うまでもなく権力の暴走ですが、そうならないように、どういう制度で縛るのか・・というか、縛らないからこそ、専制政治、か。(すみません、しどろもどろ)(&、「コモンロー」というのを私は知らない・・勉強します)


あとは、人権が停止する(専制政治?)ということは、例えば、「女性は親の決めた人としか結婚できない」という法律が成立してしまった場合、憲法がないと、行政を縛れないのですから、これまた大変なことです。(というか、勇さんは、「憲法が必要ない」とは言ってないよね、混同している、すみません)


いろいろすっ飛ばして言うと、今の世の中は、「お金がないと何もできない」(地獄の沙汰も金次第(病気や高齢などで介護が必要になった老親を、お金がある人は施設に任せられて、そうでなければ自分の人生を犠牲にして看病しないとならない、など)) という風になっていると思います。自分自身の健康も、そうです。

この前、スーパーに行って思ったのですが、いろんなものの値上げがすさまじいです。生鮮食料品・日用品に限らず、ですね。。
「大地に根付いたファシスト」、ならば、自給自足で現物主義(畑で農作物を育てる)しかないのかな。
でも、そこからあぶれて、食べ物が得られない人もいる。そういうときに、法律などが邪魔、とか、勇さんが言いたいのはそういうことかな?何となく、そこら辺は。

あとは、私もそうですが、といっても実行するのは私の場合は難しいかもですが、外国に1ヶ月でも暮らしてみるといいのではないか、ということを考えます。日本にばかりずっといると、日本のことは、本当はどうなのかが見えていないのではないか、と思います。

話は戻って、法律は覚えなくても、その都度(殺人・窃盗・詐欺などはやってはいけないことは、さすがに分かります)、調べればいいとして
(明治時代の、西欧を真似た法律スタイル以前には、法律らしきものはあったのでしょうか?(あったっけ?そこら辺勉強不足な私))
憲法がないと、国の形が全く変わってしまうので、・・うーん、それは賛成できないかな・・(そんなこと言ってねーよ、だったらごめんね)
極端で申し訳ないですが、法律やめましょう、というなら、「斬り捨てごめん」もお咎めなし?ということかな。それでいいのかな。。
うーん。

ちょっと長くなってしまったので、この辺で。。
勇さん、コメントをいただき、とても嬉しかったです。ありがとう!
衆院再可決 9月18日か? (ictkofu)
2015-09-02 23:16:58
9月18日に衆院で安倍法案再可決するのか
gooブログの方で 2015-09-02 書きました。
記事の最後に書いたことは、次のようなこと・・・

地元自民・公明議員に対して国会本会議採決に欠席することだけを電話やFAXで願い続ければ良い。近隣の病院などにも議員用にベッドを空けておくように頼んでおくことだ。地元メディアは自民公明議員達の緊急入院を伝えるだけでよい。

山梨県では有権者の感謝の気持ちを込めた特産のぶどうが、お見舞いとして病室に続々と届けられることであろう。
-------------
政治家って、都合悪くなると入院するじゃないですか。
今回の入院は党議縛りを逃れて有権者の思いに応える方法ですから、許してあげるのがよい。
14日・・18日・・どちらでしょうか。。 (ゆうこ)
2015-09-05 18:43:24
ictkofuさん、コメントありがとうございます!
私はいま自分に余裕がなくて、朝日新聞の一面しか見ていないのですが、9月14日に参議院で自民党公明党多数で採決?とあったような気がします。
でも、衆院で法案再可決・・・その可能性も、ありますよね。


> 地元自民・公明議員に対して国会本会議採決に欠席することだけを電話やFAXで願い続ければ良い。

そういう方法もありますね!確かに、それは良い案だと思います。

> 政治家って、都合悪くなると入院するじゃないですか。
> 今回の入院は党議縛りを逃れて有権者の思いに応える方法ですから、許してあげるのがよい。

ですです。本会議の採決を欠席すれば。


あと、安保法案成立を防ぐ方法として、朝日新聞8月31日付「声」欄に、
憲法16条で保障されている「請願権」を使ったらどうか、という意見が載っていました。

===日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務
第十六条:何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。===

声欄の投稿者は、
---「請願権」は憲法16条で保障されている国民の基本的権利だ。国や地方公共団体の機関に、文書で希望を申し述べることができる。この規定を使って、法案を廃案とすることを内閣に求めるのだ。憲法と同日に施行された請願法には、請願を受けた機関は「これを受理し誠実に処理しなければならない」とある。請願が大量に内閣に集まれば、現政権への影響力は大きいだろう。---
と書いています。
実際には、「では、請願書をどこに出せばいいのか」というのは、この投稿だけでは分からないですが、調べてみようかと思います。

ictkofuさん、ありがとうございます!
Unknown (Unknown)
2015-09-14 18:59:34
日本国憲法の日本語は、どこかオカシイと中学生のときに感じてた。そしたら社会科の先生が、英訳という事になっているGHQ原案のプリントをくれた、英語で読んでみたら理解しやすい部分もあって面白かった。 
良い先生だったと思う。日教組じゃなかったんだろうな。
Unknown (ゆうこ)
2015-09-17 15:30:10
コメントありがとうございます。
というか、あなたの日本語が変なように感じます。
いろいろ、略していますか?

日本語がおかしいというのは、例えば、
12条のような文章、ということでしょうか。

英語の原案が理解しやすい部分があったというのは、
興味深いことです。
その先生の見解を知りたいところです。

日教組のことは、私は分かりません。すみません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。