湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

揺れるの詩パート5

2016-02-25 00:58:14 | オリジナル
共通テーマ「揺れる」でTが書いた詩を投稿します。

   哀しいバス停
一日 二本だけ通る路線バス
のいくつかのバス停は不機嫌だ
車から見ていると
ポッケに手を突っ込んでむくれている少年のようだ
十年前は午前に四本 午後に四本あったものが
今 バスは朝と夕だけだ
各所で乗り降りする人達も一人か二人
誰もいない所もあり
子供の姿はない
人が並んでいないバス停は
昼間は住居表示の標識と化している
それなのに なぜかどれも真新しい
新しくなってバス停は気負っていただろうに
すっかり手持ちぶさたで
もはや忘れられた存在になっている
あと何年かしたら
廃線の記念碑になってしまうだろう
車が少し通るだけの道は
風の通り道にもなっていて
バス停はいつもこきざみに揺れている
誰かやってきて と叫んでいる
ジャンル:
私が作家・芸術家・芸人
コメント   この記事についてブログを書く
« 揺れるの詩パート4 | トップ | 内田正泰ギャラリー&揺れる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事