湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

曇るの詩パート2

2017-07-12 19:05:54 | オリジナル
共通テーマ「曇る」でAが書いた詩を投稿します。

世界ハイキング

道端でじっととぐろを巻く細い蛇
――進めない 
  引き返してきて!
安っぽい恐れに
わたしは食傷気味

三竦みの
わたし 蛇 あんた
湿った大気とは無関係に
曇ってくる身体

一日は短い
竦んでいる暇はない
引き返さないよ
待たないよ

あんたを置いて
重なった落ち葉を踏んで
リズミカルに匂いを立て
山道を先に進む

明るく濃い大気の中
山頂の大木で
何かが待っている
足許のこの白蛇より
濃く太くとぐろを巻いて


8月の定例合評会の開催時刻が変更になりました。8月7日(月)16時からです。
その後17時半からカラオケバンバンで納涼カラオケ会です。よろしくお願いします。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「光が届けば」改稿 | トップ | 真新しい光 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事