湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

濁&冬&疑の詩

2018-11-12 09:27:43 | オリジナル
共通テーマ「濁・冬・疑う」を全て入れてTが書いた詩を投稿します。

覚悟

朱に映えた飛行機雲は
西の空を切り裂いていく
裸木は小刻みに揺れ
静かな夜は来ない

あなたへの疑惑に乗っ取られると
周囲の濁りは増すばかり
解を得るためには
私をさらけ出し
あなたの底深くのぞき込むこと
あなたの誠意は沈んでいるだろうか

欠片が見つからなければ
あなたを抹殺する
と ひそかに決めた冬の夜
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 神奈川新聞文芸コンクール表彰式 | トップ | 冬の詩パート1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事