湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

詩「少年2人」

2019-01-11 23:25:39 | オリジナル
Eの詩を投稿します。

少年2人

絵は見るものとばかり
思っていたが
じいっと見入っていると
ふと気付く
絵の中の少年に
見つめられていると
見る私…
の中の10歳の少年
が目をさます
2人は談論に夢中
声は聞こえてくるのだが
私には
小鳥たちのさえずり

少年はどこから来たのだろう
天界 それとも冥界
青い襟章を見れば
どこかはるかに遠い
海原の高みか
脇にはさんだ
メッセージには
「儚い」という刻印
それが誰あてなど
もう どうでもいい

2人を見れば
かねての疑惑は霧散し
旅路へのいざないがふくらむ
ダフドイルの草原を
見よ
アキレスが走り去る
ジャンル:
私が作家・芸術家・芸人
コメント   この記事についてブログを書く
« 初旅俳句 | トップ | 鳥の詩パート5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事