湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

自由題作品

2016-10-24 01:00:27 | オリジナル
 昨日の逗子のマルシェで
Kが自由題で書いた詩を投稿します。

引き出物

ふたりの記念に配られたマグカップ
やさしい肌色の上に
黒い線で細長く描かれた家々
もたれかかるように、
でも…
緊張した屋根が静かに笑う
持ち手の並びに朱色の太陽が描かれていた
握ればかくれてしまう大きさ
ふたりの今の街には
沈むことのない太陽が存在しているのだ。

この作品は12月の合評会で取り上げる予定です。
ジャンル:
お出かけ
コメント   この記事についてブログを書く
« 時間の詩パート10&11 | トップ | 今週土曜日フリマ開催 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事