湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

波・呑の詩

2018-10-23 00:00:06 | オリジナル
共通テーマ「波」「飲(呑)」でTが書いた詩を投稿します。

夫婦喧嘩

もの達の影が薄い日は
言いたいことを呑み込んで耐える
なんて できないから
私の中で砕ける波は荒い
しぶきは私の外まで飛び散り
ずぶぬれになったあなたも
水滴をたらしながら
わたしに言いつのる

障子は破れ 
食器は散乱し
ねじまがった時間の中で
赤紫の夕暮れがきた

その夜は新月で大潮になった
激しい波は静まり
私の中の海も引いていく
二人 からっぽになって
いつもと同じ眠りについた
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 由比ヶ浜の虚子庵 | トップ | 波の詩パート3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事