釣り魚達に癒されて

海で釣った魚を食べずに飼育しちゃった、変な飼い主の、お魚不定期記録。
ついでに、仲間も探してしまおう!

このままでは終わらない!かな?

2015年10月12日 | 日記
先週のメッキ姿に、再燃したが終盤の再燃のため、不完全燃焼感が
否めないT-水産です。

さて今回の釣行は、南紀最南端の串本、古座からランガンにて
日高川を目指します。

朝、5時30分開始で満潮潮止まりからのスタートだったけど
先週よりは水色も良く期待十分。な、はずだった。

1箇所目。

漁港のスロープ。8月末に大爆釣した場所で期待大!だったが、撃沈。
2箇所目も、my1級ポイントだったが轟沈。
3箇所目もフグだらけ。

ようやく釣れたのが、
小規模河川で、いつものダツポイント。
(写真は前回のです。当日は曇天でした。)


メッキ前にダツ3発のアタリを捉えるも、全てがルアーロスト。
こちらも、気持ちが轟沈。

しかし!めげずに熟知のポイントとしては諦めません!
まずは、サーフのブレイクライン際。




いました。いました。

がつがつと食いつくアタリ。水深が浅い事でよく走ります。

続いてもう1発!


こちらも、ズドンと出るアタリ。
くぅ~~~楽しい。

次は、奥の河川へ。
ここは、前回もダツや当日の最長寸の出たポイント。

やはり居ました。
今回も、相変わらずの水深で、ヒットポイントは、水深が30cmほどでした。
一緒に動いた会社の同僚もフグ連発する中、気になっていたマナティ38
というワインドワームを投入。
すると、川底の岩影から黒い大きな影が弾丸のようにぶっ飛んできた。
ピンクのワームは、一瞬にして水中から消える。間髪おかず、ドラグが
物凄い勢いでジィィィィィっと唸る。ラインは0.5号のモノフィラメント
強さは、細くても信頼できる。数分のやり取りの後、川メッキらしい
細い弾丸のような魚体が上がってきた。





安堵の1匹。

やりきった感も、満足感もある価値ある1匹。

しかし、このポイントもこの1匹で終了。

続いても、前回シーバスの小さい子ども、通称チーバス達が
よく釣れたポイントへ。
しかし、ここも全くチェイスがない。
釣れるのはフグばっかし。

ここで一か八か、大きく白浜へ移動する。





ほんと、小さな川が流入するポイントは超湾奥の船溜まり。
ほとんど釣り人が立ち入らない秘密のポイント。

もしかしたら、、、、。


と考えて、かけに出た。


数投後、まずは、チーバスの群にルアーが襲われる。
ルアーは、Duoテトラワークス「ポコポコ」



同僚もようやくの1尾。

色々と安堵である。

そして、その同僚が!メッキ。メッキ釣れた!と喜んでいる
見に走ると、ナイスサイズのメッキを掛けてるではないか。



俄然、やる気が出る。

かけても掛けても、チーバス。しかし、その中に数匹違う魚影を発見する。
見切りかけたチーバス達は、じゃれてくるが掛からない。そのままルアーを
止めて、フォールさせていくと。

チーバスと競いあっていた魚影が引ったくっていく。

かんかんガンガン。

数回じゃれた後、しっかりHit。



久々のロウニン(GT)メッキ。(たぶん)
見た目は同じだが、鰓蓋上の黒斑がないようなので
GTメッキじゃないかと(自信無し)

この後、このポイントもスレてしまったので
またまた大きく移動する。



最後のポイントは、日高川河口。

ここも、メッキでは有名な大型河川ではあるが、脇の流入河川も多く
川メッキ、海メッキが混ざる。時間も満潮に近づき、日没も近い。

綺麗に護岸された岸から、2人で投げ初める。
数分後、同僚が叫ぶ。
釣れたよー!
手にしているのは、小ぶりなメッキ。
あわてて、投げる。

すると、すぐに大量のチェイス。
しかも、ピックアップ前に水面まで顔を出してくる。そうなれば
トップしかないっしょぉ~。

ここは、久々の登場。プチポップクリアで表層をガンガンポッピング。
ボコっ。ボコっ。バコっ!

きたーーーーーー!



いいねー。トップで出た久々の1匹。やっぱりメッキはトップが楽しい。
さらにもう1匹



うーーん。サイコー。

トップへの反応はこれで終了だが、次は沈んでいる魚を狙うために
ディープ用のトトを投げてみる。
ビュン。

、、、
、、、

かん!

ん?

ルアーの動きがいびつで、潜らない。

回収してみると、リップが橋脚に当たった時に折れたようだ。

しかし、これはこれで不思議な動き。イレギュラーアクションが勝手に
作れる。

どれどれ。

こここん。

うほっ。

釣れました。



以外と良いんじゃない。

この魚を最後に、日没終了。

なんだかんだ、やはり上げ潮で干潮から3時間くらいから
毎回釣れています。下げも無いことはないが、やはり
上げ潮絡むと釣れますね。

結果は、片手付近の釣果でしたが、満足感のある釣りができました。
さて。いつまでできるのやら。10月後半、11月前半あたりまで
メッキを追いかけてみようと考え中。


帰りがけに、同僚と和歌山ラーメンにも突撃。



醤油豚骨が和歌山の定番です。
なかなかの豚骨加減ですが、おいしく頂きました。


お近くに来た時には是非どうぞ。




最新の画像もっと見る

コメントを投稿