いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インスタとドラマ記事

2018-03-21 19:35:40 | ドゥジュン君

昨日、2枚上げていました。

訳:ありがとう。本当に。

 

こちらこそありがとう。久しぶりのリアル視聴楽しかったです。イ・ソジンさん、元AFTERSCHOOLのユイちゃん主演の「結婚契約」以来のリアル視聴でした。4月からも1日だけですが、リアル視聴するドラマがあるので楽しみです。

 

 'ラジオロマンス」放映終了]目立たない「ただ」ロマンスの結末

「ラジオロマンス」/写真= KBS2放送画面キャプチャー

]「ラジオロマンス」で始めただ 'ロマンスにとどまった。

去る20日KBS2月火ドラマ「ラジオロマンス」(脚本ジョンユリ・演出ドアジュナ)が16回を最後に放映終了された。

「ラジオロマンス」は、台本に特化したトップスター指数号(ユン・ドゥジュン)が台本通り流されないラジオDJになりながら起る話を扱うヒューマンロマンスドラマだ。結末はハッピーエンド。指数号は葛藤をビトドン母であり、代表ナムジュハ(オ・ヒョンギョン)に和解の手を差し出した。ナムジュする申し訳と空しさが混ざった内心を打ち明けて、これまでの誤解を解いた。指数号プログラムは、問題が生じた川(ユンバク)は放送通信委員会に出席した。審議委員と戦ったイガンウン懲戒を受け、放送で下車になった。指数号は「あまり親しくもない変な人なのに、最後なんてさびしい」と放送の間に話した。

ソング図(キム・ソヒョン)は漓江との別れを悲しむしイガンウンソング図に「はい文は人を愛する心が込められており、 "と多読であった。これソングの図は、「一生にPD様のような方を、また会えるか」と切なくた心を伝えた。ジョエと(ギムイェリョン)は指数号を家に招待し一緒に食事をし、娘との熱愛を歓迎した。イガンウン指数号にメッセージを "私のDJは指数号君。ソング図鳴らず」と伝え、指数号は、彼が出国する空港に従って"私のPDは川お前だ」と直接の別れをした。ソングの図は、時間が経って先輩ララ喜(ギムヒェウン)に大声塗りを知っているメイン作家として成長した。指数号はソング図に「私あなたと結婚したい。あなたがぶっちゃ私の手取ってくれてちょうどその生きたい」と提案し、二人は結婚にゴールインした。

「ラジオロマンス」は、子役俳優出身キム・ソヒョンの最初の大人の演技挑戦作で放映前から注目された。ここで多数のドラマに出演して演技に位置ユン・ドゥジュンとの組み合わせも多く、これらの期待感を呼び集めた。この他にもユンバクユラハジュングァクドンヨンなど青春俳優を大挙布陣、さわやかなラインナップを完成させた。

1回の視聴率5.5%(ニールセンコリア全国基準)という悪くない成績で出発した。以後着実に下落を描くところで、最低2.9%まで急落した。16回にわたる同時間帯1位は味も見られず、最下位の戦いだけである終わっ姿であった。

敗因と分析されるポイントは、底力の不足。劇序盤作品名で示唆するように「ラジオ」に関連する職業群をベッタリ照明した。一般会社員は知らない局の人の哀歓、放送システムの中」を中に」と呼ばれる作家の位相と劣悪な業務現実を主人公ソング図を通して照明かと思った。しかし、男女主人公の出会いに始動がかかると焦点はひたすら「ロマンス」に合わせた。唯一の差別化要因が消えると、まあまあロマンス水に転落してしまった格好。

しおりをできない獲っ「ラジオロマンス」は、2018平昌冬季オリンピックという対抗馬に出会い、墜落した。私一人で連続放送をするなど、いくつかの数を書いたが力不足だった。オプチンデ襲っ格デジンウンも助けてくれなかった。背景のみのラジオブースのまま広がるプトネ私は愛の演劇はSBS新しい月火ドラマ「キスまずでしょうか?」の登場に存在感を失った。これまで見たことのない円熟味で確実に差別化されたロマンスを広げた「キスまずでしょうか?」が一気に同時間帯1位て上がったこと。

視聴者の嗜好はますます厳しくなる。もはや明白ロマンスで目立たなかった作品は、生き残ることができないという事実を立証した格好だ。みすぼらしい成績で後続作KBS2新しい月火ドラマ「私たちが出会った奇跡」のバトンを渡すことになった。来る4月2日初放送された週進んだ3月26日スペシャル放送「私たちが出会った奇跡は、よりビギニング」で視聴者と会う。

 

[ラジオロマンス放映終了①]視聴率逃し優しいメロが残したもの

 KBS 2TV「ラジオロマンス」が反転ないぎっしり詰まったハッピーエンドで終了した。視聴率の面では残念ながら主演俳優としてユン・ドゥジュンの可能性とソング図の成長と一緒に子役で成人俳優に成長していくキム・ソヒョンの成長痛をそのまま見ることができた。

去る20日午後、最後に放送された「ラジオロマンス」では指数号(ユン・ドゥジュン分)のプロポーズを受け入れてくれるソング図(キム・ソヒョン分)の姿が描かれた。守護は嫌いだったナムジュハ(オ・ヒョンギョン)と和解し、図は、ゴールデンタイムのラジオ番組のメイン作家として成長した。川PD(ユンバク分)は、懲戒を受けてチベットに忽然と去った。

「ラジオロマンス」は話題作だった。名前からロマンスが入るドラマに地上波初主演を務めたユン・ドゥジュンと成人になったキム・ソヒョンの出会いから話題を集めた。二人とも、様々なジャンルのドラマを消化しながら演技力は、すでに検証を終えた。

蓋を開けた「ラジオロマンス」1話はキム・ソヒョンの熱演が光った。もてなし受けられないラジオ作家役を演じたキム・ソヒョンは是非走って離れて走りながら、あらゆる受難を受けた。60分にわたるドラマに登場し、今後、ドラマに対する期待感を高めた。ユン・ドゥジュンもやはりこれまでの明るい姿とは異なり、闇を抱いているトップスター役に変身して優れたビジュアルと強烈な目つきを披露した。

初放送視聴率は悪くなかった。守護と映像そしてイガンイ一緒ラジオを引き受けることになり、ドラマの主な葛藤は守護とナムジュハの葛藤そして守護ファミリーの秘密を持っている守護とつづりながら、再びトップスターに浮上しようとするたタリー(ゆら分)の薄っぺら悪行であった。

守護と珠海をめぐる秘密やタリーの悪行すべて守護と図の間を脅かすには説得力が落ちた。危機が弱いほど守護と図カップルのメロも弾力を受けなかった。弾力受けていないロマンスをこのように視聴率もやはり下落した。

地上波ドラマで主演を務めるのは、視聴率という負担を中しかない。20代の俳優たちの善良な青春ロマンスには、ドラマ視聴層を捕らえるには足りなかった。しかし、地上波初主演俳優として16部作を導いたユン・ドゥジュンとキム・ソヒョンの両方負担の中で最善を尽くした。「ラジオロマンス」は、善良なメロに残るだろう

 

「ラジオロマンス」キム・ソヒョン♥ユン - ユラ♥ハジュンは、完璧なプロポーズ結末(放映終了)

ラジオロマンスキム・ソヒョンユンオ・ヒョンギョンキム・ビョンセイ・ウォンジョンユラユンバクグァクドンヨンハジュンギムイェリョン

暖かくいきいきして純粋だったロマンスは最終回でも一途なトーンに仕上がった。「ラジオロマンス」のキム・ソヒョンユン、由良ハジュンがプロポーズを交わすすっきりハッピーエンドで視聴者たちを気持ちよくした。

20日夜放送されたKBS2月火ドラマ「ラジオロマンス」(脚本ジョンユリ・演出ドアジュナ)最終回の16回では、トップスター指数号(ユン・ドゥジュン)、ラジオサブ作家ソング図(キム・ソヒョン)、PD川(ユンバク)、20年目の俳優ジンタリー(ゆら)のラブライン結末が描かれた。

前指数号はナムジュハ(オ・ヒョンギョン)の実の息子ではないという事実を明らかにし、父かユンソク(キム・ビョンセ)の私生児が自分であることを大衆の前に告白して波乱を起こした。その路線患っこのような独自の偽仮面をすべて脱ぎ捨てた通過儀礼を行ったわけだ。

指数号心は淡々た。彼のそばに、いつも守護を支えてくれる女友達の絵があったからだ。ナムジュする「あなたは私の実の息子ではなかった。それでもあなたは私は時々母と呼んだ」とし「ここ数日そんな気がした。私押し出しも私否定しても君はずっとそこにあった。」とたとえ親子ではないが、家族に生きてきた指数号に向けた切ない心を告白した。

指数号は、その後再びドラマ撮影現場に復帰し、余裕を探してすぐにガールフレンドの図の珠海と食事の席を持ち、恋愛の甘さを楽しんだ。守護は、図にプロポーズした図もこれを受け入れた。二人はラジオでも作家やDJとしてよく呼吸を合わせて、良い業界の仲間であり、恋人や仲間に生まれ変わることになった。

ギムジュンオとタリーのラブラインもハッピーエンドだった。いつもどうのこうのした二人は、最終的にお互いの心を実現しました。これまで無愛想するだけだったギムジュンオはタリーに「私は一生あなたのマネージャーしてくれる。のように生きよう、私と」とロマンチックにプロポーズした。

@ 1

「ラジオロマンス」は、トップスターがラジオDJを務めることながらラジオの魅力を知って店になり、最初の愛でもあるラジオ作家ソング画像とのロマンスを盛り込んだ。リスナーの心を静かに上のラジオの魅力は、ドラマのメロープロットともかみ合った。

指数号は子供の頃、恵まれない家庭事情にうつ病を患い、病院の世話になった人物である。そのような彼の不在の時代に会った友達ウークリアに会っソング図を一緒に好きなストーリーラインは、黄順元の小説「夕立ち」のように、青少年ロマンス小説の一枚を連想させることだけにおぼろげで純粋だった。

俳優ユン・ドゥジュンとキム・ソヒョンは、実際の年齢差にもかかわらず、同年代のカップルの同世代の意識を無理なく消化した。特にユン・ドゥジュンはトップスターであり、うつ病を患っている、どこかには必ず一人いるような特化した人間像を繊細な感性で表現して出して視聴者たちの心に触れたという評価だ。

指数号とソング図呼吸に加えて、サブラブラインであるジーンタリーとギムジュンオの切なくてかわいいラブラインも女心をときめかせた主軸だった。ソング図だけラジオを愛する能力のあるラジオPD川の「黒騎士」キャラクター性指数号とソング図のラブラインに活力を吹き込んだ。後続作はキム・ミョンミン、キム・ヒョンジュ、コ・チャンソクなどが呼吸を合わせる「私たちが出会った奇跡」で、4月2日に初放送される。

「ラ」3.1%で終了。「誘惑」自体最低月火ドラマ最下位

「ラジオロマンス」が3%台の視聴率が小幅上昇し、ピリオドを打った。「キスまずでしょうか?」は、二桁台を維持し、圧倒的優位を守り「偉大な誘惑」は、独自の最低視聴率をとった。

21日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、20日に放映終了されたKBS 2TV月火ドラマ「ラジオロマンス」は3.1%(全国基準)の視聴率を記録した。前日の放送で2.6%まで低下したが、小幅上昇し有終の美をおさめた。

同時間帯に放送されたSBS「キスまずでしょうか?」は、「超え四壁」月火ドラマ1位のパワーを誇った。9.5%と11.9%の視聴率で2位「ラジオロマンス」と8%ポイント近く差を見せた。

月火ドラマ最下位はMBC「偉大な誘惑」であった。ウド環(グォンシヒョン)とパク・スヨン(レッドベルベット締め、銀テヒ)がぎくしゃくキスを交わして危険な愛のゲームの開始を知らせたが、視聴率は、独自の最低だった。2.5%と2.3%まで下落し物足りなさをかもし出した。

 

「ラジオロマンス」ユンバク、懲戒されて最後の放送進行

「ラジオロマンス」ユンバクが懲戒を受けた。

20日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「ラジオロマンス」最終回では、川(ユンバク分)の最後の放送が行われた。 

この日イガンウン放送通信委員会に出席するためにスーツを着て現れ、皆が川を見て驚いた。前ガンフイソク(イ・ウォンジョン)は川に頭だけうなずいある来いアドバイスしたが、イガンウン放送通信委員会の「ラジオスクワットも知らない評価を聞いている理由はない。何も知らなければ、給料だけ受け黙っていろ」と怒っていった。

話を聞いガンフイソクは「改編時までなかっ待ってくれると通知された。私はじっといろじゃない」と残念がった。しかしイガンウン「自分抜け指数号、ソング図はそのまま行くつもりですよね?」と最後の放送を準備した。


「ラジオロマンス」ユンバク、チベットに去った "私のDJは永遠にあなた"

「ラジオロマンス」ユンバクがチベットに去った。

20日放送されたKBS2「ラジオロマンス」ではチベットに残し川(ユンバク分)

審議の問題で放送通信委員会に出席したイガンウンラジオやDJ守護(ユン・ドゥジュン分)を無視するような態度にスナッピング化を出し、最終的にイガンウン懲戒を受けてラジオ局を離れるなった。

チベットで去る日イガンウン空港から守護に「私のDJは永遠指数号お前だ。私「私のPDは川だよ」という声を聞きたかった。ソング図鳴らな」は、メッセージを残した。

これは、守護は、空港に川を訪ねてきて、「君がなにかかって来て、答えをするように作るのか。私にも私のPDは川君」と肯定的に回答した

 

視聴率がちょこっと上がったのは良かったです。が・・・1話の中にシーンを3回も入れる必要があるのか?

 

最初観たとき、お兄さんと妹にしか見えなくて。年齢差を感じてしまいました。私は、ヒロインも重要視しているので、主人公が良くてもヒロインが合わないとな気持ちになってしまうんです。観る気が失せるというか・・・どちらかというと・・・ソヒョンちゃん・・・得意ではないんですよね。いろんな意味で。

 

もう少し、テリさんとマネージャーさんを描いてくれてたらなぁと。この2人にしか気持ちが入っていませんでした。最初に出てきた時からこの2人のラブラインもあるのかなぁと思っていたので、最後の2話だけで完結したのは残念です。

 

今度KBSworldで始まりますね。ノーカットなのかな?どうしても日本放送は、ちょびっとずつカットされたり、音楽が差し替えられてたりするので、ぜひノーカット版でお願いしたいです。

 

次も、ドラマ関連記事を上げます。



『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 打ち上げ画像。 | トップ | ドラマ記事2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドゥジュン君」カテゴリの最新記事