神鳴り(アメジストネックレス)

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猪名川天文台&川西市石道温泉

2016年08月28日 22時43分33秒 | 日記
「奥猪名健康の郷」の温泉に入ったあと、私達は近くの大野(おおや)山にあるという「猪名川天文台」に行くことにした。

が、地図では「奥猪名健康の郷」からすぐのようだったが、実際は、車の走れる道路は大回りしないといけなかった。

駐車場から天文台に向かう道路から振り返って撮影。なかなかな景色だ。


天文台に到着したが、開館は午後1時半からとのこと。

その時の時刻は12時45分くらいだったから、待てないほどの待ち時間ではなかったが、夫がお腹が空いたというので、せっかく来たけれども、中には入らず帰ることに。

天文台から北側の景色。遠く福井県小浜も見えるらしい。


こちらは南側の景色。遠く淡路島、香川県小豆島も見えるらしい。


この大野山に限らず、北摂の山々は昔は、活火山だったそうで、山にはその名残りとして、溶岩の固まった岩石が散在すると書かれてあった。


今日が涼しかったといっても、この大野山の山頂は寒いくらいだった。

駐車場に戻る途中にアジサイの花が咲き残っているのが見えた。


駐車場の横には、この大野山の奇岩の案内版が掲げられてあった。


昼食は、帰途、川西市内唯一の温泉旅館「石道温泉」で、私は鉄火巻き定食を、夫はカキフライ定食を。

ここは今回初めて入ったが、なかなか美味だったので、次回は温泉と食事の二つながら楽しませてもらおうと思った。

食事が運ばれてくる前に窓からの景色を撮影。

レストランは3階だったが、お風呂は1階とのことで、庭を見ながらの入浴もよさそうだ。
コメント

「兵庫県立奥猪名健康の郷」の温泉に入浴

2016年08月28日 21時59分06秒 | 日記
「道の駅いながわ」で野菜を買ったあと、温泉に入りたくなって、以前行ったことのある「兵庫県立奥猪名健康の郷」に行く。

温泉のある建物の横には川が流れていて、子供達が遊べるようになっている。

生簀のようなものに「あまご」がたくさん入れられてある。


その「あまご」を堰きとめた川に放流して、子供達に捕まえさせるサービスをしている。


子供達は、大喜びだ。子供達だけでなく、引率の親も・・・(笑)・

川の向こう側は広場になっていて、めいめいテントを張って、その中でくつろいでいる。



今日は、川西市内でも、かなり涼しかったが、山奥のこの奥猪名川は、昼間でも川風があって、涼しかった。

子供達が捕まえた「あまご」は350円出せば、ここで焼いて食べさせてもらえる。

あたりには、おいしそうなにおいが立ち込めていた。

その後、私達は、温泉のある建物に向かった。


以前も、撮影したけれども、温泉のある建物を、また撮影。


ここは公共施設なので、温泉といっても一人210円。(笑)
コメント

久しぶりの外出で、道の駅いながわへ・・・ジャンボ南瓜&お買い物

2016年08月28日 21時21分09秒 | 日記
今日は、朝からというより、昨夜から涼しかった。

昨夜などは、夜クーラーを切ると、窓を開けたほうが涼しいくらい夜風が涼しかった。

暑さに弱い私は、それだけでうれしくなる。

それで、今朝は夫の誘いにも乗って、「道の駅いながわ」までお買い物に。

ここは新鮮な野菜が売り物なので、午前中に行かないと、ほとんど売り切れてしまう・


特産物のシイタケ。


ミニトマト。


仏様用の樒、お花も買い物かごに入れてレジに並ぶ。

ここで買うお花は、スーパーで会うお花より長く持つ。スーパーのお花は、たぶん安定供給のためだろう、冷蔵庫か何かに保管してあるのを売っているのではあるまいか。

夏場など仏壇に飾って2日間くらいで枯れてしまう。

それと比べると、この道の駅で買うお花は切り立てを売っているのだろう。日持ちするのだ。しかも、値段が安い。

店の表に飾ってあった南瓜ほどは大きくないが、それでもこんな大きな南瓜を買った。

500円だったが、400円のと比べても倍くらいの大きさだった。普通の南瓜の4倍くらいあるかもしれない。

------------

パソコンの具合が相変わらずなので、見えたり見えなかったりする画面をだましだまししながら書いている。いただいたコメントにも、こわごわコメント返しを書いている。

深夜から早朝に、直るときもあるけれども・・・。
コメント (7)

私達は平和ボケしている?

2016年08月27日 08時07分01秒 | 新聞記事
何新聞とは言いませんが、今日の朝刊に、「中国、尖閣で『国内法執行』」とありました。

私も政治的なことには疎いので記事にするのはためらわれるのですが、これは大変なことでありませんか?

こんな法律が施行されたら、今後は、日本の領土であるにも関わらず、日本の漁船が、その領海で漁をしていたら、中国に摘発されるということになりませんか?

1ヶ月ほど前のNHKの番組でも、石垣島で漁業をされている人が、「もう怖くて漁ができない」と言われていたことが記憶に残っています。

石垣島周辺は、日本の領海であるにも関わらず、中国の船が実行支配しているからと。

その時もこれは由々しき問題だと思いながら視聴したのでしたが、今日の新聞記事は、もっと衝撃的ですね。

もちろん、これらは、政治家の皆さんに適切に対応していただかなければならないことですが、しかし、私達も安閑としていられる状況ではないということではないでしょうか?

現在私は「団塊の世代」というコミュニティに参加させていただいていますが、どなたも、このことには触れませんね。

いえ、私の見落としで、触れていらっしゃる方もいらっしゃるかもですが、それでも、それほど話題にはなっていないことは確かですね。

私達の年代は、定年退職して余生を楽しんでいられる人が多いと思いますが、しかし、こんな国の一大事に一番意見を言いやすいのは、私達定年退職して自由時間を得ている世代ではないかと思うのです。

まだ組織に所属している年代の人たちは時間もないでしょうし、それ以上にまだ家族を養わなければならない年代ですから、うかつなことは言えません。

が、私達の年代は、そうではありません。

国のことを考える時間もたっぷりあるし、発言する余力も残していると思います。

ほんとうの大年寄りになる前に、一番国の今後を考えられる、言える世代がわれわれではないかと思うのです。

かくいう私も政治のことは疎いので、これ以上のことは言えないのですが、今後は、もう少し関心を強めるようにしたいと思いました。日本の今後、子供、孫の世代のために。
コメント (11)

高畑淳子さん、めげないで!

2016年08月26日 07時21分03秒 | 私の意見
まだパソコン画面が見られるので、急いで書きます。

ニュースを見ていると高畑淳子さんの息子さんが大変なことをしでかしてしまったようで、その事件もさることながら、私は女手一つで子育てをしてこられた高畑さんのことが気の毒でたまりません。

日本では、成人した子供の起こした事件でも、その親族は厳しく責められます。

民放では、さっそく有識者といわれる人たちがさまざまな意見を述べています。

こんなときだから、あえて言います。

高畑さん、めげないで!

私は、あなたを60代の星と仰いでひそかに応援していました。

離婚されて一人で子育てをされることには、人には言えない苦労がいっぱいあったことでしょう。

そしてやっとその子育てから開放されたと思った時期に、このようなことが起こってしまって・・・。

さぞお辛いことと存じます。

人に言われるまでもなく、わが子のしでかしたことは親のあなたには十分堪えたと思います。

だから、それ以上、ご自分を責めることのありませんように!

息子さんのしてしまったことは、許せないことではありますが、しかし、血気にはやった若者の~と思えないでもありません。

被害者の方には衷心よりお悔やみ申し上げますが、どうか許してあげてほしいと思います。

事件の詳しいことは、これから明らかになってくると思いますが、しかし高畑さん、私のように、ひそかにあなたのことを心配している人間もいるということを心に留めておいてほしいと思います。

法によって刑罰は確定すると思いますが、私達第三者は、いたずらに容疑者の親族のことを責めないように自重する必要があると思い、記事にしました。
コメント

夜中から早朝の時間帯は見られることが多いパソコンの不調

2016年08月26日 05時21分51秒 | 日記
昼間は、ほとんど見られなくなっているパソコンが、深夜から早朝の時間帯には見られることがある。

それで、いま大急ぎで更新しているが、これはいったい何が原因なのだろう?

涼しくなったら、夫にアンインストールしてもらおうと思っているのだが、今のように、深夜に見られるのだったら、深夜に目覚めたときに更新すればいいということになる。

でも、これでは、私の生活が不規則になる。

書きたいこともあるけれども、私自身も、パソコンと歩調を合わせるように不調なので、しばらく休みます。

といいながら、ときどき書いているのだけれども(笑)。

オリンピックも終わり、高校野球も終わり、夏も、そろそろ終わりなんでしょうが、暑さだけはいつまでも居座っている関西です。

台風にあわれた地域の皆様にはお見舞い申し上げます。

遠国のイタリア、ミャンマーの地震被災国の皆様にも・・・。

取り急ぎ。
コメント

マイコンもですが、私にも夏の疲れが出たのか

2016年08月25日 13時56分38秒 | 日記
最近眠ってばかりです。

朝食のあと眠り、昼食のあと眠り、夜は9時から10時ごろ就寝するという毎日です。

このまま老衰で眠るように、あっけなく死ねたらなどと望んでいますが・・・。

それにしても、いつまでこの暑さは続くのでしょうね。

皆様も、お体おいといくださいませ。

ガラケーより投稿しています。
コメント (2)

パソコンが勝手に直っている!?

2016年08月24日 02時52分51秒 | 日記
夜中に目覚めたので、駄目もとでパソコンを開いてみると、あらあら不思議、勝手に直っているではありませんか。

ここ1ヶ月くらいずっと調子が変で、一昨日は、ついにまったく見られなくなってしまったから、お休みのご挨拶も出したのに・・・。

でも、また機嫌を損ねるかもしれないので、いただいていたコメントに大急ぎでコメント返しをしました。

が、またこのブログの更新が滞ったら、またパソコンの故障と解釈してください。

それにしても、何なんでしょうね。

ウイルスのいたずら?

夫も昨年、画面がおかしくなって、自分でアンインストールして、新たに設定しなおしていました。

夫の場合は、仕事で図面を書いたりするので、画面が揺れたりすると仕事に差支えがあるのです。

私が簡単にアンインストールしたくないのは、いただいたメールで保存しておきたいのがあるから。

でも、いつかは、必ず、また壊れますよね。

私の場合はパソコンのメールが電話代わりにもなっているから、ないと普通の人以上に困ります。
コメント (2)

渡辺和子著『置かれた場所で咲きなさい』・・・笑顔はエコ

2016年08月23日 08時50分49秒 | 読書
現在マイコンがダメなので、ガラケーからの投稿です。

今日タイトルにした本は、ハイジさんというハンドルネームの方に数日前にコメント欄で教えていただいた本ですが、とてもいいことが書かれてあったので、抜き出して投稿します。

それは「笑顔はエコ」。

逆に不機嫌は環境破壊だそうです。

苦しみという土壌に咲いた微笑みは、お金を払う必要のないものながら、ほほえまれた相手には大きな価値を持つものだそうです。

微笑みは、ほほえまれた相手を豊かにしながら、ほほえんだ本人も何も失わないどころか、心豊になるから、立派なエコなのだそうです。

以上、自分の備忘のために投稿しておくことにします。

現在、ガラケーからの投稿ですので、コメントはいただいても、お返事できないので、ご理解ください。

マイコンは、夫の仕事が暇になったときに一緒に電気店に行ってもらう予定です。

難聴でメカに弱い私では、電気店の説明に対応しきれないと思いますので。
コメント

ついにマイコンが壊れたようです

2016年08月22日 13時33分57秒 | 買い物
この写真のような状態になっていますので、しばらくブログをお休みします。m(__)m
コメント (4)

川西市花火大会・・・自宅からも花火が見えることに今日気づいた

2016年08月20日 22時55分12秒 | 日記
今夜は、川西市と池田市(大阪府)共催の花火大会だった。

ふだんは静かな我が家の周辺は交通規制がしかれて、たくさんのガードマンが立っている。

花火の始まる前と終わったあとの表通りは東京渋谷の街のような人出になる。

交通規制内の住宅地の住民のわれわれは、通せんぼされた柵をガードマンに開いてもらって帰宅せねばならない。

で、私は、昨年のように呉服(くれは)橋から見ようと出かけたが、近所の人が道路に立ってみているので、振り返って見ると、我が家のある路地の横の道路から花火がよく見える。



そうか、いつも花火を見るときは、川原か呉服橋に出かけていたが、ひょっとすると我が家からも見えるかもしれないと、家に引き返して、2階に上がり、夫の仕事部屋の窓から見ると、近所の家の屋根が邪魔にはなるが、大きい花火とか、高く上がった花火は結構見ることができる。



この家に引っ越してきて、この12月に満十年になる。なのに、自宅からも見えることに初めて気づいた。


そりゃ、川原で見る迫力は望むべくもないが、しかし、冷房を入れた涼しい部屋で見られることは私にはありがたい。


「こんなことなら、この家も3階建てにしておけばよかったのにね」と夫に言うと、「年に一回の花火のために3階建てにする馬鹿が、どこにいる」といわれて、それもそうだと納得した次第。



今年は長男のところも次男のところも予定があって来られないといってきたが、来年は来てもらってもいいかもと思った。



それにしても、夫はクーラー嫌いで、昼間でも扇風機だけで仕事をしているので、この部屋を冷やすのに、ずいぶん時間がかかってしまった。
コメント

祖母は私の現在の年齢で曾孫がいた

2016年08月19日 10時59分42秒 | 家族
娘達が昨夜帰京して、また夫婦二人の生活に戻った。
 
朝、朝食をとりながら考えてみると、私の母方の祖母は、私が娘を産んだころ、68歳だった。

今の私の年齢だ。

初めての曾孫で久しぶりの身内の赤ん坊だったせいか、高知県の郡部の家から毎日、祖父と一緒にJRに乗って見に来てくれた。

そんなに毎日来るのなら泊まればと思うのだが、泊まると世話を焼かすと思ったのか、毎日高知市に出てくるのである。

そして、帰宅してから「可愛い、可愛い」と祖父母があんまり言うものだから、母の弟の叔父も見に来た。

が、叔父は、生まれて1ヶ月未満のの私の娘を見て一言。

「まだこれは可愛いとかいうような段階ではない。身内だから、可愛く思うだけのこと」と辛らつなことを言ってのけた。

その後、叔父は、娘の、写真館で写した、生後百日の写真を見たときに初めて、「うん、ここまでになったら、赤の他人が見ても可愛いと思ってくれるかもしれない」と。

まあ、娘の直系の、私、私の父母、私の祖父母は、無条件に可愛かったのであるが、叔父のような斜めの関係になると、そこまでは可愛く思わなかったのだろう。

この母方の祖母は娘が大学4年のときに亡くなった。

娘が大学2年のときに踊った「よさこい踊り」は、見に来てくれた。

当時かなり足が悪くなっていたはずなのに、高知市のメイン商店街、帯屋町から大橋通まで娘の所属した踊り子隊について歩いた。当時88歳。

祖母は、そのすぐあとくらいから足が立たなくなって寝たきりになったのだった。

亡くなったのは90歳だったから、約2年間くらい寝たきりであったか。

初曾孫の成人式まで見られた祖母は幸せだったろう。

私は、昨日帰った孫が成人式を迎えるとき、すでに75歳、孫が早く結婚したとしても、曾孫の顔が見られるのは100歳を越すだろう。

それにしても、当時の祖母は、曾孫の私の娘を抱くことはあったが、世話をすることはまったくなかった。見て楽しむだけだった。

当時の私は、現在の私の年齢だった祖母を超高齢と思っていたのだが、まだそれほど高齢でもなかったのだ。
コメント

今日の昼食は孫の喜ぶハンバーグとエビフライにしました

2016年08月18日 22時08分24秒 | 料理
昼食後、私は疲れがどっと出てしまい、ベッドで熟睡してしまいました。

目覚めると、外は暗くなっていました。

あ、娘達は、もう帰ったのかもしれないと食堂に行くと、まだ孫がいました。

娘は、私が眠っている間に、お土産を買いに行き、ついでにたこ焼き、菓子パンをいっぱい買ってきてありました。

夫は、小学生のほうの孫を池田市にある日清食品のラーメン記念館に連れていって、カップラーメンを製作して持ち帰っていました。

私が寝ぼけている間に、三人はめいめい荷物を手に持ち、新幹線の最終便に間に合うようにと、帰りました。

夫は、ビールを飲んでしまっていたので、新大阪までの見送りはできませんでした。

というわけで、なんとか娘の帰省もあわただしく終わりました。

先便には書きませんでしたが、昨夜は、夕食が終わったぐらいの時間に次男の奥さんから電話が入り、花火をもらったので、孫と一緒にしたいと。

次男夫婦は、仕事を終えて直行なので、夕食の追加を作らなければなりませんでした。

私は疲れていたけれども、がんばりました。こんなことしかしてやれませんから。

が、さすが昨夜は疲れがピークになったようで、ベッドに横たわっても背中が痛くて眠れません。

夜中に背中と肩に鎮痛消炎剤シップを張りました。

たったこれだけのことでこんなに疲れるとは!

ーーーーーーー

おまけ
娘は、私がふだん手抜きをしているトイレをピッカピカに掃除してから帰りました。

専業主婦の私、ブログなんか書いてないで、もっと掃除を頑張らんかい!
コメント (2)

孫を連れて手塚治虫記念館へ

2016年08月18日 13時05分17秒 | 日記
昨日は、中学生の孫の宿題がたまっているとかで、下の小学2年生の孫がいると邪魔になるので、午後、宝塚市にある手塚治虫記念館に連れていった。

昔、この記念館ができてまもなく、次男が今の孫くらいの年齢のときに連れて行ってやったことがある。

館内に入ると、子供より、われわれの年代に懐かしい漫画の世界が。


亡兄が「少年」とかいう雑誌を毎月講読していて、その雑誌で「鉄腕アトム」のファンになった。


私は、ごく女の子らしい女の子だった!(笑)ので、他の少年漫画には興味がなかったが、「鉄腕アトム」だけは別格だった。きっと、この漫画のヒューマニティが心に響いたのだとおもう。



館内には、さまざまな手塚治虫のアニメが見せてもらえるようになっている。


夏休みだから、平日にも関わらず来館者が多かった。

が、親子連れというよりわれわれのような祖父母と孫という組み合わせが多かった。

手塚治虫の漫画のキャラクターの物品を売るコーナー。


その後、地階に降りて、漫画を2枚描いて、それを動画にしてもらうコーナーに行った。


これが、その説明。


夫の描いた鉄腕アトム。画面には、その動画の鉄腕アトムが。


こちらは孫の描いた鉄腕アトム。

少し違う動作のものを2枚描いて、動画にしてもらうのだ。

その後、また2階に戻って、手塚治虫の漫画が自由に読ませてもらえるコーナーへ。


これは、手塚治虫記念館のパンフレット。


日が翳ったのを確かめて、記念館の外に出る。

午後5時近かったので、もう閉まっていたが、ここが名にし負う宝塚歌劇場。


これも有名な「花の道」も歩く。


宝塚少女歌劇のモニュメント。


また、手塚治虫記念館に戻って、記念館の斜め向かいの、宝塚市のランドマークになっているような高層マンションを撮影。
コメント (2)

気持ちのよい朝です・・・帰省した娘達は、まだ爆睡中(^^)

2016年08月17日 07時15分40秒 | 日記
昨夜は雨が降ったせいで、涼しい気持ちのよい朝です。

昨日は午後8時過ぎに娘と孫二人が来て、遅い夕食後は私と娘がしゃべって、その後、娘は2階に上がったと思ったら、夫の仕事部屋で夫と話しこんでいました。

娘は小さいころから父親っ子だったから、今でも私より夫と話すほうがいいのかもしれません。

いいことだと思います。

私は生んだほうの親だから、話をしなくても今でも紐帯でつながっているようなところがあるのですが、男親というものは意識しないと親になれない繋がりだと思いますから。

とはいっても、私の夫は子煩悩ですから、大体が、私より子供に対する愛情が濃いかもしれません。

昔、長男の結婚式のとき、お嫁さんのお父さんが、お世辞で、「お宅は皆さん、器量よしですなあ」と言ってくださったのに便乗して夫は、「そうですなあ。よく見てみれば、うちの子供たちは三人とも器量よしだ」と言ったらしくて、娘婿は笑いをこらえるのに苦労したと言っていました。

どこに自分の子供をほめられて、そんなことを言う父親がいるでしょう?(笑)

むしろ、長男のお嫁さんのお姉さんは色白の綺麗な方なので、そちらをほめてあげなければならななかったのに・・・。

まあ、夫は人畜無害なところもあるから、お嫁さんのご両親も許してくださったとは思いますが・・・。

ーーーーーーーー

さっき、娘達が寝ている部屋を覗いてきたら、三人ともまだ爆睡中でした。

娘も、親と離れた東京で、日頃は気を張り詰めて暮らしているだろうから、寝たいだけ、ゆっくりおやすみ!

私は朝のサラダを作ってから、食堂で、このブログを書きながら待機しています。(^^)
コメント