神鳴り(アメジストネックレス)

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サヘル・ローズさん

2014年10月30日 10時17分21秒 | 読書
数日前、 Eテレを見ていると、濃い顔立ちのサヘル・ローズさんという人が出ていた。

私は知らなかったが、テレビ界では、もうかなり有名なタレントさんらしい。

気になったので、ネットで調べてみると、イランイラク戦争で、家も家族もなくして孤児となり、その後、彼女を救出した女子大生の養女になって、その養母と一緒に日本に来た人ということが分かった。

『戦場から女優へ』という本を出しているということも分かったので、図書館の蔵書検索で予約して、昨日、借りてきて、一晩で読み上げた。

彼女は、1985年生まれで、今年の10月21日に29歳になったばかりだ。だが、この生年月日は正確なものではないらしい、なにしろ空爆で焼け出されているのだから。

その半生は、現代の世に、これほどの過酷な人生があるということが信じがたいような内容だった。

彼女は、イライラ戦争で空爆された4日目後の朝、瓦礫の中から救出された。救出してくれたのは、後に彼女の養母となる、当時は女子大生であったフローラ・ジャスミンさんである。

これは、彼女にとって、非常に幸運なことであった。

が、養母となったフローラさんにとっては、彼女を救出して、その後、養母になったことは、それまでの裕福な家庭のお嬢さんであった人生から苦労の多い人生への転換点となった。なぜなら、サヘルさんを養女にしたことで名家の誉れ高い実家から勘当されてしまったから。

私はサヘルさんの人生もさることながら、この養母フローラさんの人生の壮絶さ、気高さに心打たれた。

まさに現代の聖母だと思う。

詳しく書くと長くなるので、ここまでにするが、平和ボケした日本人(私のことです)には、薬になる本であることは間違いないと思う。
コメント

「輪廻転生を知ると人生が変わる」

2014年10月26日 14時11分08秒 | 読書
鬱気味なので、昨日も今日も家にこもりっきりだ。

今が一年中で一番気候のいい季節なのはわかっているが、どういうわけか昼間の太陽の下に出られない。人と会うのも、気が重い。

で、家の中で本ばかり読んでいる。

今日読み終えたのはタイトルにした山川紘矢の「輪廻転生を信じると人生が変わる」。

著者の山川紘矢氏は、東大法学部を卒業して大蔵省のエリート公務員であった人だが、運命によって、主にスピリチュアルの書物の翻訳を仕事にするようになった人だ。

私は過去、彼と彼の奥さんの山川亜希子さんの翻訳したスピリチュアル系の本を何冊か読んだ。

が、翻訳家の山川さん個人のことは今回の本で初めて詳しく知った。

われわれからすると、大蔵省の中でもエリート中のエリートだった人が、なぜその仕事を辞めて翻訳家になったのか疑問に思うところだが、それには神様のお話を抜きにしてはできない。

山川さんには、ある日突然、アメリカの友人が、彼の知り合いのところに精霊が現れて山川さんにメッセージを伝えたがっているという。

そのころ、山川さん夫妻は、アメリカの大女優、シャーリー・マクレーンの書いた『アウト・オン・ア・リム』を翻訳していた。

なんと、その精霊は、「その『アウト・オン・ア・リム』は日本人の意識改革をするために大切な本だから、たくさんの人に読んでもらう必要がある」と言ったという。

その後、彼には不思議なことがいろいろ起こって、結局、大蔵省の公務員というエリートコースを捨てるようになるのだが、私には、その全ての話が興味深かった。

現在、山川さん夫妻は、直接その精霊と交信できるようになっているという。

山川さんは、それら様々な体験から、現在は悟りを開いておられる。

彼が悟った10項目は、次のようなものである。

①まず、今の自分を100パーセント受け入れることから始めましょう。

②自分に優しくなること。

③自分を知ること。

④自分をゆるすこと、自分を愛すること、自由になること。

⑤心配しないこと。

⑥信心深くなること。(これは必ずも宗教に入ることではない)

⑦信頼すること。

⑧直感(インスピレーション)を信じること。

⑨感謝すること。

⑩思いは必ず実現します。


この世の中の出来事に無駄なことは一つもないらしいから、私の現在の鬱も何か意味のあることかもしれない。
コメント

斜め向かいに新築中の家

2014年10月24日 16時24分50秒 | 近所
約1年半ほど空き地になっていた斜め向かいの土地に先日から新築工事が始まった。

工事が始まったのが何日だったか、記憶にないのだが、しばらくは基礎のコンクリートの流し込みなどで、静かに進行していた。が、今日は、早朝から躯体工事が始まって、驚いたことに、たった一日で、ここまで体躯ができた。

工事をする人も、昨日までは1人か2人であったのが、今日は数名いる。

やかましいことは少し迷惑だが、しかし、人の働く現場を眺めるのは楽しい。

まして、人の住む家ができるのだから、興味津々である。

私は昔から家の間取り図のようなものを描くことを趣味としていた。家の間取り図を描くためのグラフ用紙はいつも手元にあった。

大阪にいたころは、3LDKの間取りのマンションに親子5人が犇いて暮らしていたから、夢は広い一戸建ての家に住むことだった。

しかし折からのバブルによる土地の高騰で、一戸建ての家を持つことは夢のまた夢であった。

そんな頃、せめて夢だけでもと思って、暇があると、家の間取り図のようなものを描いて夢を膨らませていた。

だから、今でも、よそ様の家であっても、家の間取り等は凄く気になる。

斜め向かいの家も、これから一日一日家らしくなっていくと思うと、楽しみだ。
コメント

秋山の 黄葉を茂み

2014年10月23日 11時33分48秒 | 短歌
秋山の 黄葉を茂み 迷ひぬる 妹を求めむ 山道知らずも 柿本人麻呂
(あきやまのもみぢをしげみまよひぬるいもをもとめむやまぢしらずも)


今日、タイトルにさせてもらった歌は、よく訪問させていただく方のブログにあった歌だ。

歌意は、「秋の山の黄葉があまりに茂っているので、(彼の世に)迷い入ってしまった恋しい妻を探し求めるに、山道がわからないことよ」というようなものであるらしいが、今の季節にぴったりな歌だと思う。

秋という季節を詠いながら、実は、自分の境遇を詠っているのである。

こういうふうに己の境涯を自然に仮託して詠う詠い方を近世の歌人、斎藤茂吉は「実相観入」と言った。

ところで、昔は、この世から彼の世へは繋がっていて、「現世から黄泉国(よもつくに)へ通じる山道が秋山のどこかにあった」と考えられていたらしい。

この歌は、「文明が進歩しても、社会風習が異なっても、基本的に、人は変わらない」ということを教えてくれる。時代が違っても、人は同じなのだ。

それはなぜかというと、人は、生まれ変わり、死に変わり、また生まれ変わりして、姿を変えながら、ずっと生き続けているからだ。

住む場所や境遇は生まれ変わることによって変わるが、魂は、ずっと私のままなのだ。

現世で縁の深かった人とは、前世でも縁のあった人で、来世でも、ご縁が繋がるらしいから、柿本人麻呂も、来世も、またこの歌に詠った妻と生活を共にできたか、あるいは親子関係のような身近な存在として共生できただろう。

柿本人麻呂の歌は、現代のわれわれが読んでも、その感情は直截に伝わってくる。
コメント

皇后陛下お誕生日

2014年10月20日 16時13分59秒 | 日記
今日は皇后陛下の80歳のお誕生日であった。

購読している産経新聞に皇后陛下の「お誕生日ご回答」全文が載っていたが、いつものことながら、そのご聡明さ、ご謙虚さ、お優しさには心打たれる。

切り抜いて、ときどき繰り返し読ませていただこうと思う。

ところで、実は、今日は、わがハズバンドの誕生日でもある。皇后陛下と同じ日なので、忘れることがない。だけでなく、丁度10歳違いだから、年齢の数え間違いもない。

ええ、夫の年齢を間違うということは元々ないのだが、それでも、わが夫が、わが敬慕してやまない皇后陛下様と丁度10歳違いで誕生日を迎えるというのは、なかなかよいものだ。

それにしても、夫の父親、つまり舅は、満70歳の誕生日に運転免許証を返納したが、現在の夫を見ていると、まだまだ大丈夫のように思えるので、もうしばらくは現状のまま運転していただくことになると思う。
コメント

次男に会ってきました

2014年10月19日 07時47分19秒 | 日記
最近、私は鬱のようで、昼間外に出られない。

前回「夜の散歩」と題して書いたのだが、これは裏を返せば鬱で昼間出られないということもあった。

昨日も家でじっとしていると、夕方夫が外へ出ないといけないと私を半分強制的に車に乗せた。

「さあどこに行く?」と言われても、行くところを思いつかない。

私は、子育てが終わってから、ずっと「空きの巣症候群」が直らないところがあるので、すぐに子供達に会いたくなる。

長女は東京だし、長男も滋賀県で遠い。

一番近いのが大阪に住んでいる次男だが、次男は、独身を謳歌しているので、あまりわれわれと会いたがらない。おまけに最近は付き合っている人がいるので、余計に。

が、昨日は、ほかに行くところも思いつかなかったので、夫に次男に電話してもらった。

すると、珍しく彼女も来ていないらしく、夕食を一緒にすることになった。

次男の住んでいるマンションの下で待って、一緒に近くのレストランに行った。

話をしていると、次男は今日資格試験を受験の予定だそう。

それで、彼女も来ていなかったのだ。

しかし、そのお陰で、久しぶりに会って食事をすることができた。
 
長居をすると迷惑をかけると思って、早々に別れたが、でも、私は会えただけで満足であった。

母親って、いくつになってもこんなものかなあ。それとも、私が特異?
コメント

夜の散歩

2014年10月17日 23時40分54秒 | 日記
3年前から夫が自宅で仕事をするようになって、私の自由な時間が減った。

それ以前は早朝とか午後にしていた散歩を、この頃は夜間にすることが多い。

そう、夕食が終わって夫がテレビを見ながらウトウトしているのを横目に出かけるのだ。

出発時間は、だいたい午後8時くらい。

どこを歩いてくるかというと最寄り駅の周辺の繁華街。夜でも明るくて人通りが多いから安全なのだ。

歩き回るといっても、郊外の駅の繁華街だから、広さはたかだか知れている。

それでも、ある程度の距離をと思って、路地裏などにも入り込んで歩いてくるから、延べ1時間くらいになる。

朝とか昼間歩けばいいようなものだが、朝は、朝食、洗濯、簡単な掃除、それから昼食の下準備などをしていると、アッという間に昼になる。

昼食後は体を休めるために読書することにしているが、眠くなるのでソファで昼寝をしてしまうことが多い。

昼寝から覚めると、今度は夕食のための買い物、夕食作りがある。

で、結局、落ち着いて散歩に出ることができるのは、夕食後ということになるのである。

夜の散歩では、デパートとか専門店はシャッターが下りているが、その代わりに飲み屋とかカラオケの店のネオンが目立つ。郊外の駅の周辺といっても、けっこうその類の店が多くあることに気づいて驚く。
コメント

「一歩先のあなたへ」

2014年10月14日 18時28分11秒 | 日記
また、サイトのご紹介です。

私の所属する短歌結社の主宰者、京都産業大学教授・永田和宏氏が京都新聞に連載されている「一歩先のあなたへ」が、永田氏の研究室のホームページで読めるようになっているので、ご紹介させていただきます。

すばらしい文章だと思うので、多くの方に読んでいただきたく。

おもに教育についての氏の考えが述べられています。
コメント

台風19号

2014年10月14日 03時49分16秒 | 日記
いま目覚めてテレビをつけて観ると、台風19号は既に関西を通り過ぎたようだ。

昨日は、一日中、台風のニュースが続いた。

どんな大きな台風だろうと、ときどき外に出てみたりしたが、ふつうよりちょっと風が強く、ふつうよりちょっと雨が強いくらいのそれであった。

私は結婚するまで台風銀座の高知県に住んでいたので、昨日のは台風と呼ぶのは躊躇われるくらいの規模のように思えたが、それでも、被害に遭った方もいらっしゃるので、そんなことはあまり大きな声ではいえない。

台風は、現在、関東を通過中のようであるが、願わくば、このまま大したことなく通り過ぎてくれることを祈っている。
コメント

「竹鶴政孝物語」

2014年10月12日 13時57分39秒 | 日記
今日、タイトルにした「竹鶴政孝物語」は、ニッカウヰスキーのサイトですが、私が読ませてもらって、現在NHK朝ドラの「マッサン」をご覧になっていられる人たちが、より深く楽しめるのではと思ったので、リンクさせていただきました。
コメント

「塔」の新体制

2014年10月10日 19時30分00秒 | 日記
所属している短歌結社誌「塔」の10月号が届いた。

8月の全国大会で発表になったようだが、「塔」は来年1月から主宰者が替わって永田和宏氏から吉川宏志氏になるというお知らせがあった。

永田氏は昭和22年生まれで、吉川氏は昭和44年生まれだから、ずいぶん若返る。

「塔」は、昭和29年に京大教授、高安国世氏が始めた短歌結社で、比較的新しい。

現在の、京都産業大学教授かつ京大名誉教授である永田和宏氏は2代目である。

「塔」は、主宰が永田和宏氏になってから、目覚しく発展した。

たとえば私が入会した平成11年は、まだ会員数が350名くらいだったけれど、現在は優に1000人を超える。

それに比例して「塔」誌もずいぶん分厚くなった。今月も216ページもある。これはまだ薄いほうだ。

だからというわけでもないが、私は、入会した頃は隅から隅まで読んでいたが、最近はパラパラと読むだけになった。

いくら短歌が好きといっても、短歌以外の本も読みたい。と、短歌から離れていると、困ったことに短歌に対する熱も冷めてきた。

実は、最近は出詠もお休みしている。これには、私の個人的な事情とかいろいろ絡んでいるのだが・・・。

主宰が替わったら、それを機に止めてしまおうかと思うときもある。が、短歌がなくなると寂しくなるのも事実だ。

新しい主宰者、吉川氏を仰ぎながら心を入れ替えて頑張ってみようか、それとも・・・、と心は千々に乱れる。
コメント

ノーベル物理学賞

2014年10月08日 07時08分48秒 | 日記
平成26年度のノーベル物理学賞を3人の日本人が同時受賞した。

赤崎勇・名城大終身教授、天野浩・名古屋大教授、アメリカカリフォルニア大サンタバーバラ校・中村修二教授の3氏である。

私のような素人は、研究そのものについてはなんともいえないのだが、ただ受賞された3人が、それぞれ好きなことをやっていていただけたというようなことを言われていて、羨ましくも思ったし、嬉しくも思った。

3人の研究された青色発色ダイオード(LED)は、これまで一番経済的といわれていた蛍光灯と比べてみても、長寿命で、電気代も安く押さえられるという、まさに夢のような開発であった。

我が家も、食堂とか寝室とか電気をつけっぱなしにする場所は数年前からLED照明に取り替えた。

LEDの開発は、照明器具の革命ともいえるほどの画期的なものだったと思う。

受賞された3人は並みの人以上に力もあっただろうし、運もあっただろう。が、それにもまして、研究が好きで投げ出さなかったというのが大きかっただろう。

中でも、中村さんは、徳島大学という地方の大学出身で、勤め先も徳島県の会社であったというのが、今後、あらゆる研究者の希望の星になるのではないかと思った。

中村さんには、目立たない場所にいても、コツコツ努力していれば、必ず日の目を見ることがあるということを教えてもらったような気がする。

神様はちゃんと見ていて、謙虚に物事に打ち込んでいる人には大きなプレゼントをくださるのだろう。

なにはともあれ、ひさびさに明るい話題が新聞の一面を飾った。

              *

ところで、今夜は皆既月食という。

今夜は天然の光源である月(正確にいえば間接光源)の天体ショーが繰り広げられるようだ。
コメント

同窓会誌

2014年10月06日 17時06分04秒 | 日記
出身短大の同窓会誌が届いた。

なんでも、11月1日に母校で同窓会があるらしい。

卒業後、1年後に仲の良かった友人4人で友人の下宿に集まったことがある。これは、卒業式の日に4人で約束してあった。

私は短大を出て田舎に帰って銀行に就職をしていたが、大学のほうに進学した友人はまだ学部の3回生だったから、そこに皆で泊めてもらった。

「また会おうね」と言って別れてから、その後それぞれ結婚をしたりして、なんとはなしに疎遠になった。

鹿児島の歯科医に嫁いだ友人とは、私達がまだ大阪のマンションに居たころ、何回か一家で泊まってもらったりして、しばらく交流があったが、ここ20年ほど会っていない。

東京在住の友人とは、10年ほど前、娘が東京にいた頃に一度会った。当時の娘達の住いの最寄り駅が友人と同じ小田急線の沿線であることに気づいて、思い切って連絡して訪問したのだった。友人は、いわゆる山の手の、池のある庭付きの立派な住宅に住んでいた。

子どもさんは、2人とも早稲田大学を卒業して、ご長男は弁護士、次男さんは某テレビ局勤務で、なかなか優秀なのだ。

友人自身も自宅で小学生相手の英語塾をしていた。この友人は、卒業後、一流ホテルに就職して、ずっと英語を使う職場にいたから英会話が堪能だったのだ。

私は、ずっと専業主婦で、特に人に誇れるような仕事もしていなかったので、気後れがした。

だけでなく、難聴が進んだから、ただ会うことだけでも気後れがした。

今年の3月に娘一家が、また名古屋から東京に戻ったから、会いたいと思う気持ちは強いが、でも、でも、と思ってしまう。

夫に話すと、「そんなことを気にしていたら、ますます自分の世界を狭めてしまうから、気にしないで会えば」と言う。

でも、それは、やはり夫が健聴者だから、そういうふうに考えるのであって、実際、私のように難聴が進んだ場合、躊躇ってしまうのは仕方ないと思う。

もちろん友人はいい人だから、私の難聴が進んだからといって、会うのを嫌がることは決してない。むしろ、これほどもと思うほど歓待してくれる。

あと一人の友人は、私達3人とは違って大学のほうに在学していたから、その後お互い環境が変わって、再会後、一度も会っていない。彼女は静岡県の掛川市出身だった。

というわけで、同窓会誌を捲っていたら、同窓会も行ってみたい気持ちが湧いてくるが、無理だろう。

でも、悲観するのは止めよう。私の現在の境遇が幸せでないとは決して言えないから。

優しい家族に恵まれて、むしろ幸せなほうかもしれない、と思わなければ罰が当たるだろう。
コメント

『リタの鐘が鳴る』

2014年10月05日 14時49分46秒 | 読書
御嶽山の不明者の捜索もまだ終わっていないのに、また台風である。

日本は、現在戦時でこそないが、しかし自然災害による被害はかなりのものだと思う。

                 *

と、前置きはこのくらいにして。

昨日、今日とタイトルにした早瀬利之著「リタの鐘が鳴る」を読んだ。

この本は、今月から始まった朝ドラ、「マッサン」の主人公、竹鶴リタさんの伝記である。

もちろん小説ではないので事実なんだろうが、驚くというか、信じられないほどドラマティックな一生だと思った。

竹鶴氏とリタさんの生きた時代は、ちょうど私の祖父母の生きた時代にオーバーラップする。

そんな昔なのに、国際結婚して、イギリスから東洋の果てである日本にくるというのは、どれほど凄いことだったか。

それも平和な時代であればともかく、結婚後、第2次世界大戦があってイギリスと日本の国交が途絶えたりした時代だったので、その苦労は筆舌に尽くしがたいものであったろう。

リタさんはイギリスの家族全員の猛反対を押し切って結婚したので、誰の見送りもないまま、イギリスのスコットランドを後にした。

竹鶴氏と日本まで来るのに、スコットランドのリバプールからニューヨークまで20日の船旅、ニューヨークからシアトルまでアメリカを横断するのに陸路10日間、シアトルから横浜まで2週間の船旅であった。

物理的に現代とは比べ物にならないほど遠く、生き別れのような時代だったのである。

日本は、生活様式も違えば、食べ物も全く違う。

経済的に安定していればまだしも、竹鶴氏が日本で初めてウイスキーを作るという夢を叶えるため、経済的にも苦労の連続であった。

おまけに、結婚数年後に身ごもった子どもは流産してしまう。

しかし、イギリスに逃げ帰ることもせず、日本人になろうと一生懸命だったというから、その健気さは涙を誘う。

これから半年間、こういう史実がドラマで展開されるわけだが、どんなふうに脚色されるのか楽しみだ。
コメント (2)

ザ・メタ・シークレット

2014年10月02日 20時42分54秒 | 読書
写真は、図書館で借りてきて昨日読み終えた本だ。

スピリチュアル系の本なので、興味のない人には面白くない記事になると思う。

が、私には納得できる内容の本だったので、自分の備忘のために大まかな記録をしておく。

①思考の法則・・・私達の世界は毎日何かを考え、その考えに基づいて行動することによってつくられています。

②投影の法則・・・「投影の法則」とは「自分の思いが周囲に投影されること」

③バイブレーションの法則・・・世界のすべては「振動(バイブレーション)」しています。

④極性の法則・・・「反対のもの」とは、性質は同じで、ただ「程度」が違う。

⑤リズムの法則・・・すべてのものにはサイクルがあります。

⑥両性の法則・・・すべてのものには2つの「性」があります。

⑦原則と結果の法則・・・偶然に起こる出来事はありません。



以上、見出し部分のみを写させていただきましたが、私は中を読んだので、これを見ただけで内容を思い起こせるのですが、本を読んでいない人には「?」かもしれませんね。

興味のある方は、ザ・メタ・シークレット

私には、「目から鱗」の内容でした。
コメント