神鳴り(アメジストネックレス)

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

孫が来てくれました

2018年04月05日 16時58分10秒 | 家族
急に来てくれたから、
お嫁さんにはアリアワセでお昼を食べてもらったけれど、
とても嬉しかったです。

それで、また禁を破って撮影してしまいました。

(次男の長男です)



*

話は変わりますが、

コメントくださった皆様、
ありがとうございました。
ご助言に感謝いたします。
m(__)m

で、せっかくいただいたコメントは該当の記事を「下書き」に保存いたしましたので
表から消えてしまいましたが、しっかり読ませていただきましたこと、
ご報告させていただきます。

別に夫に当て付ける目的で書いた記事ではありませんでしたが、
そう受け取る方がいるということもコメントで気付かせていただきました。

ブログランキングも、
特に意識していなかったのでしたが、
外したほうがいいというご意見もありましたので、一旦はずすことにしました。

このブログを続けるかどうかは、
もう少し考えてみたいと思います。

それから、

私の難聴は夫のせいではないというご意見もいただきましたが、

私は自分の難聴が夫のせいと思ったことは一度もありません。

迷惑をかけて申し訳ないとは思っていますが・・・。

が、かと言って、
自分が障害者だから
へり下らなければならないとも思いません。

それこそ、これは自分のせいではありませんから。

神様から賜った試練であるかもしれませんが。

これは、聴覚障害に限らず、他の障害についても言えることだと思います。

少なくとも、
そういう風に気付かせていただけた有り難さは、
障害を得た者のみが得られる福音かもしれません。

よく言われることですが、
障害のあることは不便ではあっても不幸ではありません。

願わくば、
私のような難聴者をめとった夫も、
不便ではあっても不幸ではないという心境になってもらえたらと望んでいます。

そうすれば、お互い、
より深くこれからの老後を生きていけるのではないかと。

以下、いただいたコメントの一つを抜粋させていただきました。

厳しいコメントありがとうございました。身に沁みました。

ランキングに参加せずに、であれば誰にも気づかれず何でもかんでも吐き出す事もOKだと思いますが、
ご主人様に当てつけで書かれているのは、ちょっと怖いです。
そうゆう私も姉の事 ありのまんま(笑)書いてきました。
姉はPCはしてないので、、と軽く考えていましたが
スマホでも見れますし、もしかして見てるかも?気づいてるかも? なんて・・・
本人にわかっても世間様には姉の事だとわからないのでいいかと^^
姉は私の話を聴こうとしないのでブログを読んで欲しいくらいです。
bikoさんの場合はご夫婦 同居 御近所さんや知り合いが気付く事多分にありますね〜
ちょっと それは、ご主人様の立場が酷かなと・・・
今のままの内容でブログを続けて行かれるのであれば一から作り直すべきでは?
誰にも気づかれずに不満を吐き出す、、
ランキングにも参加されず こっそりと、、
別居すると、元に戻る事は難しいような気がします。
友人も別居から離婚に発展しましたし
経済面で心配なければ一人暮らしもラクかもしれませんね〜
文句言われる事もなく 食事の支度に自由時間を奪われる事もないし、、、
でも勇気がいります。
私は、幸せそうに思われるかもしれないけど、色々とありますよ(笑)
我慢してる事 お互いにですが、、、
bikoさんの難聴はお気の毒に思いますが ご主人さまのせいではありませんよね!


今日、お嫁さんと孫が来てくれたのは、
昨日きた次男がお嫁さんに何か言ったからと思いましたが、
そうでもなかったようです。

きのうの夜は、次男が会社帰りに来てくれて、
一緒に夕飯を食べて帰ってくれたことが嬉しかったのでしたが、
その翌日の今日のサプライズも、それ以上に嬉しかったです。

いい子供達、いいお婿さん、いいお嫁さん達に恵まれて、私は幸せです。

今週末は、長男のところの孫のお誕生会に行く予定です。^^
コメント (4)

もはや別居しかないのかも

2018年04月05日 04時38分06秒 | 家族
言い出したのは私でした。

なぜなら、つまらぬことで怒鳴られるのが堪えられなかったから。

たしかに私の行き届かないところがあるとは思いますが、
私も、それなりに頑張ってやっています。

ふつう私達の年齢だと、ご夫婦でリタイヤされて、
家事も助け合ってやっているというところが大半だと思います。

娘婿のご家庭などでは、
お母様のおみ足がお悪いので、ほとんどの家事をお父様がなさっておられます。

そこまでは期待しませんが、
しかし、私も、しんどいときは、もっと理解してほしいと思うことは多いです。

夫にすれば、こんなお金にもならないブログなど書く暇があれば
家の掃除などを徹底しろという思いだと思うのですが、
書くことは私の趣味です。

また難聴で、人と触れ合う機会の少ない私に与えられた得難い交流の場です。

夫が特に怒っているのは、私が夫のことを書くからです。

が、昨日も書きました通り、
私の住む世界は家庭ですので、つい話題は家庭のことになるのです。

それも、きれいごとだけ書いていれば問題ないのでしょうが、
それは私が嫌です。

事実を書かないと、書く私も面白くありませんし、
読みに来てくださった方にも不誠実だと思うのです。

だから、今のやり方を続けるのであれば、
今後は、いっさい家族、知人には秘密にしないといけないということです。

今年は母を亡くして気持ちもナイーブになっていますから、
夫に怒鳴られることが常以上にこたえます。

夫は、
健康で、能力があり、その上、美男でもある(あった?)ので怖いものなしです。

現在も、女性にもてるようです。

だから、私の気持ちなどに理解が及ばないと思います。

難聴が進んで、身体も丈夫でない私は
夫にしてみれば、邪魔以外の何物でもないかもしれません。

私がいなければ、大っぴらに他の女性とデートもできますしね。

私も、別居したほうが、
本も読めますし、パソコンをするのにも気を遣う必要がなくなります。

ここは、夫が望むように別居したほうがいいのでしょうか?

私自身、最近は、夫といるだけでストレスになりますし。

若い時は、皆に羨ましがられて結婚した私達だったのですが・・・。
コメント (8)