蔵書目録

明治・大正・昭和:楽器・音譜目録、来日音楽家、音楽教育家、来日舞踊家、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

『地球印絵ハガキ縮写型録』 尚美堂本店 

2017年02月05日 | その他 絵葉書
   

  地球印絵ハガキ縮写型録 

    地球印製品出版元 
     尚美堂本店

 原色版繪ハガキ

    各八枚一組 御正味 金十二銭 小売 金二十銭

 F  1  富士八景      
 F  2  鎌倉名所     
 F  3  江之島名所    
 F  4  日光名所 (其一)
 F  5  同    (其二)  
 F  6  京都名所 (其一) 
 F  7  同    (其二) 
 F  8  松島名所
 F  9  須磨明石      
 F 10  天の橋立     
 F 11  耶馬渓      
 F 12  伊勢名所
 F 13  箱根名所      
 F 14  妙義山      
 F 15  奈良名所     
 F 16  近江八景
 F 17  厳島名所      
 F 18  新日本八景    
 F 19  日本歴史  第一集  
 F 20  同     第二集
 F 21  同     第三集  
 F 22  同     第四集 
 F 23  同     第五集  
 F 24  同     第六集
 F 25  釈迦八相記 上巻  
 F 26  同     下巻  
 F 27  四十七士  前編  
 F 28  同     後編  
 F 29  大日蓮   上巻  
 F 30  同     下巻  
 F 31  明治大帝  前編  
 F 32  同     後編  
 F 33  大西郷       
 F 34  武勇伝      
 F 35  侠客伝      
 F 36  地獄極楽
 F 37  ダンテ地獄篇 A組 
 F 38  同      B組  
 F 39  前世界動物    
 F 40  原始人
 F 41  鳥類    第一集  
 F 42  同     第二集 
 F 43  海底の魚介    
 F 44  魚類    第一集
 F 45  同     第二集
 F 46  貝類
 F 47  菊花集  
 F 48  静物
 F 49  ゑにしの糸 其一
 F 50  同     其二
 F 51  美人の粧ひ
 F 52  元禄玉くしげ
 F 53  あだ姿   第一集
 F 54  同     第二集
 F 55  同     第三集
 F 56  花くらべ卅二相 一輯
 F 57  同       二輯
 F 58  同       三輯
 F 59  同       四輯
 F 60  浮世絵美人画集 一集
 F 61  同       二集
 F 62  支那美人
 F 63  花とをとめ
 F 64  西洋美人
 F 65  ヨット   其一
 F 66  同     其二
 F 67  朝霧
 F 68  日本アルプス
 F 69  山と水
 F 70  アルプス
 F 71  高原の花  其一
 F 72  同     其二
 F 73  高山植物
 F 74  大陸風景  其一
 F 75  同     其二
 F 76  西欧風景  其一
 F 77  同     其二
 F 78  同     其三
 F 79  同     其四
 F 80  南極探検
 F 81  西洋子供(原色)
 F 82  同 (金縁淡色)
 F 83  都々逸百選
 F 84  子供
 F 85  子供遊び
 F 86  夜の急行車 第一集
 F 87  同     第二集
 F 88  夜の電車
 F 89  自動車集
 F 90  自動車ポンプ
 F 91  世界偉人(淡色)
 F 92  近世世界偉人(淡色)
 F 93  淡色 聖画集 第一集
 F 94  同      第二集
 F 95  同   ミレー傑作集
 F 96  原色 聖画  第一集
 F 97  同      第二集
 F 98  (知識の泉其一)世界の奇習風俗
 F 99  (同   其二)日本八大都市
 F100  (同   其三)世界大動物
 F101  (同   其四)海軍の知識
 F102  (同   其五)世界第一
 F103  不思議な顔
 F104  軍隊生活   第一集
 F105  同 (野外) 第二集
 F106  同 (同 ) 第三集
 F107  同 (戦闘) 第四集
 F108  騎兵生活
 F109  砲兵生活
 F110  輜重兵生活
 F111  軍用タンク
 F112  陸軍新武器(原色)
 F113  同      第一集(淡色)
 F114  同      第二集(同 )
 F115  夜戦の壮観
 F116  戦術と愛馬
 F117  空中の精鋭
 F118  空中戦
 F119  防空大夜戦
 F120  海軍生活 第一集
 F121  同    第二集
 F122  陸奥・長門
 F123  海軍大演習
 F124  海軍航空機
 F125  米国海軍
 F126  怒涛中の艦隊
 F127  海軍の大夜戦
 F128  夜の航進
 F129  夜の壮観
 F130  猛獣の争闘 第一集
 F131  同     第二集
 F132  同     第三集
 F133  猛獣狩 第一集
 F134  同   第二集
 F135  動物の母性愛
 F136  動物類 第一集
 F137  同   第二集
 F138  大東京の偉観 第一集
 F139  同      第二集
 F140  猛獣の闘争  第四集
 F141  猛獣狩 第三集
 F142  鳥類全集 A
 F143  同    B
 F144  秋草
 
 奉仕品 十大戦艦 原色版 十枚組 卸十二銭 小売二十銭

 主力艦隊 艦隊荒天航進  各十二枚一組 御正味 金十二銭 コイタイプ色刷 小売 金二十銭

 タイプ十二入エハガキ   各十二枚一組 売価 金二十銭 御正味 金十二銭

  聖画集  (ツヤ付)
  世界の偉人(同  )
  明治聖代人傑集(其一)(クリーム台紙)
  同      (其二)(同     )
  同      (其三)(同     )
  同      (其四)(同     )
  同      (其五)(同     )
  同      (其六)(同     )
  同      (其七)(同     )

 タイプ十二入エハガキ   御正味一組 金十二銭 小売一組 金二十銭

  同      (其八)(同     ) 
  
 一色十六入エハガキ    御正味一組 金九銭 小売一組 金十五銭

  忠臣四十七士
  大西郷

 一色十六枚組       御正味 金 九銭 小売金十八銭 軍隊生活(其一、其二)
 二色十六枚組       御正味 金十五銭 小売金十三銭 日本アルプス

 奉仕品 軍艦全集 淡色版 十六枚組  御味正十二銭 小売金二十銭

 東京名所エハガキ 【特価品

  ◉ 三色版(三十二枚組)(箱入) 
    大東京  卸正味一組 金二十二銭
  ◉ 三色版(五十枚組) (箱入) 
大東京  卸正味一組 金三十銭
  ◉ 三色版(十六枚組)(袋入) 
大東京  卸正味一組 金十二銭
  ◉ 一色版(十六枚組)(袋入) 
    大東京    卸正味一組 金六銭 小売 金十銭
    帝都の盛観 同         同
  ◉ 一色版 三十二枚組
    勿忘九月一日 卸正味一組 金十二銭 小売 金廿銭
  ◉ 光沢墨色版五十枚組(箱入)
    大東京  卸正味一組 金廿五銭
  ◉ 二色版(八枚組)
    帝都の桜花(其一)(其二) 卸正味一組 金六銭
  ◉ 二色版(十六枚組)
    栄え行大東京 卸正味一組 金十二銭 
     
 箱入エハガキ

 ◉ 三十二枚箱入(各三色版美麗箱入)

  ◇ 花くらべ美人三十二相      御正味 金五十銭
  ◇ 日本・名所           同   同

 ◉ 五十枚箱入 (各三色版美麗箱入)  御正味 金七十五銭

  ◇ 日本風俗(上巻下巻)      同   同
  ◇ 日本歴史            同   同
  ◇ 日本名勝(ツヤ付)       同   同

 ◉ オフセット百枚箱入         御正味 金六十銭

  ◇ 水彩風景(其一)
  ◇ 同   (其二)
  ◇ 日本草花
  ◇ 西洋草花
  ◇ 乗物集

 ◉ タイプ三十二枚箱入

  ◇ 日本アルプス          御正味 金三十銭

 〔裏の見返しは、「五色ハガキ立」の広告〕

 【本カタログ定価金貮拾銭】
コメント

「Wa-Doku-Kai」 絵葉書 (Berlin) (1901.4)

2015年12月14日 | その他 絵葉書
 

 Wa-Doku-Kai 〔和独会〕, Deutsch-Japanische Gesellschaft in Berlin (am 26. April 1901).

 Verlag : KISAK TAMAI 〔玉井喜作〕, Herausgeber der Monatsschrift “ Ost-Asien” 〔『東亜』〕, Berlin, Halleschestr.
コメント

「大津事件」 絵葉書、翼賛劇

2013年04月03日 | その他 絵葉書
 

 大津事件露国皇太子遭難明治廿四年五月十二日  (其十七)

 なお、この絵葉書とは別のものであろうか、斎藤昌三編の『現代筆禍文献大年表』に次の記述がある。

 大正元年 (雑)

 十月 絵葉書 一枚 (安) 国革倶楽部

   但大津事件露国皇太子遭難明治二十四年五月十二日と記載あるものにして包紙には明治聖帝御一代画巻第三輯と記載あり

 

 弥生大歌舞伎 道頓堀 角座 昭和十六年三月興行

 ヨルの部
       島江銕也作並演出
  第一 翼賛劇 明治秘史 大津事件 二幕六場

 〔○国皇太子を殺傷せんとする巡査を抱きとめた車夫は日本一の殊勲者か?否々心中の煩悶烈しく動く大和魂〕

 この芝居は我国明治興隆期に於ける皇道精神の発露と国民的思想を描いた一篇で、篇中描写された対外思想は単に一露国に限らず、現代の情勢に鑑みて多分の示唆を含むものと承知して頂きたい、偶々材を大津事件に籍るも、これは日清日露戦争前の情勢であって、今日の国際間に何らの意味もない事を附加しておく。-即ち当時の帝政ロシアはシベリア大鉄道の貫通を計画して、その東方起点たるウスリー鉄道第一区起工式に皇太子ニコラス第二世(ニコラスアレキサンドロヴィチ)を派遣した、一八九〇年一行は露都を発して墺太利、希臘に遊び更に東洋艦隊に乗じて東洋に航海し、印度、支那を経て我国に来朝、それより起工式に臨む順序となってゐた、明治廿四年(一八九一年)五月五日皇太子は軍艦アゾヴァ号に便乗、マンジュール、コーレッチ、ポープル、ジビット、モノマフ、ナヒモフ等の諸艦を従へて堂々長崎に入港、次いで鹿児島湾、神戸港を経て陸路を京都に入った、我国の各地では空前の大歓迎をなし、五月十一日は太子一行を大津琵琶湖に迎へた、そして滋賀県庁に於ける昼餐後、一行が人力車を列ねて京都へ帰還の途、大津市小唐崎町の街上で、折柄警衛中の滋賀県巡査津田三蔵が、太子一行の来朝東京訪問を後にしたのは我皇室に対し奉り大不敬の行為であり、加ふるに軍事上の偵察なりと見て愛国の熱情から抜剣して皇太子に傷害を與へ、計らざる国際間の大問題を惹起すると同時に、事件後始末に就ては時の松方内閣と兒島大審院長との間に津田の処分問題で大論争が行はれた、先に中村吉蔵氏の「兒島大審院長」の一作あり、司法権の独立を主題にこの大津事件を扱ってゐるが、これは当時の西郷(従道)内相の皇室中心主義と兒島大審院長の国体主義の論議を中心に、事件の功労者向畠治三郎、北加市市太郎の二車夫、列女畠山勇子等を配して時局下の人心に投ぜんとする意図の下に脚色したものである。(作者注)

 第一幕その一、大津京町通小唐崎町吉田守宅、

 同その二、京都新門前人力車帳場榎武、

 第二幕その一、京都中立売府庁内の公室、

 同 その二、京都府庁正門近くの塀外、

 同 その三、木屋町席貸松屋の二階、

 同 その四、松屋の表門、吉田が市太郎を待ってゐる所へ号外が配られて来る、市太郎も出て号外を読む、津田三蔵無期徒刑に処せらる、と読んだ市太郎は三蔵の命の助かった事を喜ぶが、吉田は却って暗然として「津田は殺された、これで彼奴は普通殺人未遂の囚徒として生恥を晒す、愛国者としてむしろ死なせたかった」といひ、「やがて近い将来に津田の行為が是認される時節が来るだらう、戦争だ、外国との戦争だ」と叫ぶ、そして市太郎と共に三蔵の志を受け継いで国の為に働かうと決意する、七条辺に汽車の笛が聞える、二人は非常時日本の為めの決然たる意気に燃えて立去て行く……。

  
コメント

「尾崎紅葉」 特製 絵葉書

2013年04月02日 | その他 絵葉書
 

 嗚呼紅葉尾崎徳太郎君

 特製  K.KUWADA & co. IMAMIYA OSAKA
コメント

「クロポトキン」 平民社絵端書 (1904.11)

2013年04月01日 | その他 絵葉書
 

 無政府党首領 ペートル:クロポトキン PETER KROP0TKIN

 (平民社絵端書)

 なお、消印の日付は、「38.1.1」〔明治三十八年(一九〇五年)一月一日〕である。
コメント