蔵書目録

明治・大正・昭和:楽器・音譜目録、来日音楽家、音楽教育家、来日舞踊家、軍内対立、医学教育、清国留学生、林彪、北京之春 

「〔宣統復辟〕」絵葉書(北京)(1917.7)

2018年10月23日 | 日本人 第三革命他
       

 (其一)永定門外ニ於ケル共和軍ノ総司令部
 (其ニ)定武軍兵 弾痕ヲ受ケタル天壇ノ正門
 (其三)天壇内ニ於ケル定武軍ノ幕営
 (其四)定武軍 天壇内ニ於ケル戦死者棺

      
 
 (其五)正陽門前ノ月台
 (其六)交民巷ヨリ張勲〔張勳〕邸ノ炎上ヲ望ム 交民巷ノ防備
 (其七)皇城根ニ於ケル共和軍歩兵ノ攻撃
 (其八)皇城根ニ於ケル共和軍砲兵ノ張勲邸砲撃
 (其九)東安門ニ於ケル共和軍歩兵ノ追撃

      北京 山本写真館 
コメント

黄興追悼会と蔡鍔の客死 (1916.11)

2013年07月02日 | 日本人 第三革命他
 

 上左の写真:大正五年 〔一九一六年〕 十二月一日発行の『写真通信』 第三十二号 大正五年 十二月号 に掲載されたものである。

 支那革命児黄興氏の追悼会と蔡鍔氏の遺骸

 支那革命党の領袖中華民国の大英傑なりと謳はれた故黄興氏の追悼会は大正五年十一月十七日東京芝青松寺に於て催された、犬養〔犬養毅〕、床次〔床次竹次郎〕、頭山〔頭山満〕、寺尾〔寺尾亨〕、澁澤〔澁澤榮一〕、章〔章宗祥〕公使其他政界実業界の諸名士五百余名、中に黄興氏夫人其他二三の支那婦人もあつた、須彌擅に「中華民国勲一位陸軍上将黄公克神霊」と書いた霊を置き朱臘の明り り辺りには黄興の大写真を立て有志より贈られた花環、盛花堆高く供へられ長谷川天頴導師となりて献茶湯の式を行ひ次で導師の法語朗読、廿余名の僧侶の読経と進み発起人犬養氏の追悼文寺尾博士の弔文朗読があり趙氏発起人を代表し来賓に謝辞を述べ次で焼香となり一×〔一字不明〕故偉人の霊に黙祷して散会した、写真左上祭擅、右各発起人側澁澤男、犬養、支那参事官、頭山翁、の諸氏下なるは式場立て居るは犬養氏である、又左下なるは十一月八日福岡医科大学病院で客死の蔡鍔将軍の遺骸である。

 The memorial service for the late general Huang Hsing, the great Chinese revolutionary leader, who recently died at Shanzha, was held at the Seishoji temple, Shiba on Nov. 17.

 上右の写真:大正六年 〔一九一七年〕 一月一日発行の『歴史写真』 第四十六号 大正六年 一月号 に掲載されたものである。

 支那革命党の領袖黄興・蔡鍔二氏の追悼会

 Memorial services over the remains of Huang-hsing and Tsai-e, leaders of the Chinese revolutionists.

 支那革命党の領袖として夙に世界的の名声を博したる黄興氏は大正五年十月三十一日上海に於て逝去し、同国第三次革命の急先鋒として驍名を中外に喧伝せられたる前雲南都督蔡鍔氏は同月八日福岡大学病院に於て不幸不帰の客となった。写真上段右は同月十七日東京芝青松寺に於て執行せられたる黄興氏追悼会の祭壇。同左は当日参列したる犬養木堂氏が弔詞を朗読せんとして今や霊前に進み分間後、福岡大学病院病室に於て撮影したる同氏の遺骸である。

 下の写真は、「黄興君 Mr. HuangHsing.」とある軍装の黄興の絵葉書である。

 
コメント

杜石山より萱野長知への手紙

2012年10月24日 | 日本人 第三革命他
 

 下の4枚の写真は、『小川平吉関係文書』2 みすず書房 1973年3月 に 「430 救国諸先達宛黎耀面(写) 昭和(14)年 〔一九三九年〕 (2)月(1)日 」とあるものの原物と思われる手紙である。その註によれば、写は、原田竹雄発東京新橋萱野長知宛封筒に入っていたもので、その封筒の消印が上述の日付で、また、封筒の差出人の原田竹雄は杜石山の変名かともある。

       
コメント

「契約書」「電報略符号」 (1916)

2012年10月24日 | 日本人 第三革命他
   

  契約書

 中華民国革命軍最高顧問萱野長知角田他十郎ト左ノ条項ヲ契約ス
 以下萱野ヲ甲トシ角田ヲ乙トス 
 第一条 甲ハ乙ヨリ、モーゼル短銃及ビ実包ヲ買入ルゝコトヲ約ス
 第二条 其ノ取引地及ビ期日数量価格ハ左ノ如シ
  (一)取引地、 青島渡シ
  (ニ)期 日、 四月貳拾貳日入港予定ノ薩摩丸ニテ持チ来ルコト
  (三)数 量、 五百挺以内但シ毎壱挺弾丸百発付キノコト
  (四)価 格、 壱挺ニ付キ銀百円マデトス
 第三条 代金ハ青島ニ於テ現品引換ニ即時支払ノコト
      但シ右薩摩丸便ニ間ニ合ハザル時ハ本契約ハ無効トス
 右契約ノ証トシテ本書二通ヲ作成シ各自一通ヲ所持ス
  大正五年 〔一九一六年〕 四月十二日
                萱野長知  【印】
                角田他十郎 【印】

   

 電報略符号 大正五年 〔一九一六年〕 七月ヨリ

  言葉ハ(アイウエヲ)ニテ操ルベシ
     例ヘバ  馬具五十購求セヨ金送ツタト打電スルニハ下ノ如シ
          (ソツ五十ツネヨタ)消ス
          (クヤ五十ツネヨタ)
   「野砲アルカアルナラ20送レ代金●●ト打電スルニハ」 
    (ハニアルカアルナラ二〇ロロハハ)

 1  ア、イ、ウ、エ、ヲ
     ●●  (ユメ) 送レ(ロロ)  安心セヨ(トト) 安全  (ヲヲ)
 2  カ、キ、ク、ケ、コ
     金送ッタ(ヨタ) 金送レ(タレ) 契約シタ(レソ) 購求セヨ(ツネ) 購求シタ(ネナ) 軍刀(ヤマ)
     ●金  (エテ) 漢口 (ヱヒ) 海路  (モセ) 確実  (イン) 降服  (ハセ) 黄興(ホヒ)
     面会  (ルキ) 開会 (ヲサ) 解決  (ツマ) 干渉  (ネヤ) 開●  (ウム) 居正(ヘヱ)
     機関銃 (ニホ) 機関砲(ホヘ) 議長  (ワア) 議員  (カテ)
 3  カ、キ、ク、ケ、コ
     交渉  (ノラ) 契約セヨ(ニニ)
 4  サ、シ、ス、セ、ソ
     小銃   (ロハ) 送金急グ(カヨ) 借款  (ラム) 出発スル(ノオ) 出発シタ  (オク) 進行(コエ)
     右全訳シタ(テア) 済南  (キユ) 青島  (メモ) 上海  (シシ) 戦闘開始  (セス) 孫文(ニモ)
     総統   (チモ) 撰挙  (ヌエ) 岑春煊 (タコ) 蔡鍔  (レフ) 守備軍司令部(ラオ) ●功(ホホ)
 5  タ、チ、ツ、テ、ト
     弾丸   (イロ) 毒瓦斯   (リヌ) 出来タ (ムウ) 出来ヌ (ウ井) 奪略    (ケフ) 鉄道  (ヒモ)
     退却   (レン) ●●    (ロス) 段祺瑞 (ヨエ) 張継  (ナク) 手附金   (ムノ) 代金●●(ハハ)
     中傷   (チチ) 代金●地渡シ(ヌヌ)
 6  ナ、ニ、ヌ、ネ、ノ
     荷物積出シタ(ヌル) 荷物積出シタカ(ワカ) 南京(シヱ)
 7  ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ
     ブローム (トチ) 飛行機(チリ) 早クタノム(井ノ) 病気(マケ) 副総統(リメ) 北京(サキ)
     船ニテ積ム(リリ) 甚ダシ(ルル)
 8  マ、ミ、ム、メ、モ
     マダカ(ソツ)   萬発 (ナラ) 馬具(クヤ) 見込(ヘヘ)
 9  ヤ、ユ、ヨ、ラ、リ、ル、レ、ロ
     野砲 (ハニ) 薬品(ヘト) 李烈均(ソケ) 黎元洪(トシ) 用意(フコ) 陸軍省(ワワ)
 10  ワ、ウ
     我軍勝利(スン) 運動(アサ) 受取シヤ(ル●) 受取ッタ(●ワ)
コメント