蔵書目録

明治・大正・昭和:楽器・音譜目録、来日音楽家、音楽教育家、来日舞踊家、軍内対立、医学教育、清国留学生、林彪、北京之春 

『STEINWAY』 MIKI GAKKITEN (1927)

2017年02月01日 | 昭和 楽器目録 2
  

  STEINWAY  

Sole Agent MIKI GAKKITEN OSAKA, KOBE

 A modern Grand Piano - a Steinway - silent, modest- its exterior shining like black diamonds - plain and yet distinguished - a little jewel, - thus it stands before you.
 You lift the top. The plate, iron throughout and cross-stringed, helped Master Henry Engelhard Steinway to achieve his first great success in 1855. A mechanism in scrupulous order and yet bewildering. There is a golden glitter. One divines dormant powers.
 Awakening!! - Gently the pianist`s hands move over the ivory keys. He caresses the Grand, makes it chat, sing - clear as a bell it rings - a world comes to life!
 
 The Grand prances and trembles with subdued force, waits to raise its powerful voice. A sonorous bass not l unlike rumbling thunder gives way to sphereal sounds of sweet treble. Bravely competing with the Orchestra of many and various voices it defies the charge of wind- and string-instruments.
 Perfection! Highest accomplishment of human knowledge!
 The development of our piano has passed through a wearisome state until it became as Grand or as Upright the most popular musical instrument. Step by step its forerunners hard to fight their way through to the primitive hammer piano, as the following pages will divulge in gross outline.
 They were chiefly German Piano Makers who had the greatest share in the rapid development of their trade in the nineteenth century, among then especially : H. E. STEINWAY and his sons who, however, attained their greatest success after they had settled in New York. Their inventions gave the piano manufacture of the whole world the decisive tendency. Since the year 1853 four Steinway-Generations have kept up the new way of manufacturing their pianos and by assiduous efforts have brought it to the perfection of to-day.
 An illustrated booklet entitled “ Steinway Construction ”shows the most important characteristics in the Steinway Grand and Uprights whereby their commanding position has been secured since many decades. The booklet is free of charge at the disposal of interested parties.
 In the year 1867 at the Paris world exhibition - world exhibitions of that kind which rightly merit their name have been few and few and far between, at which all important countries were actually represented by their best accomplishments - Steinway & Sons were distinguished with the first prize, the Gold Medal, from which time the victorious career of the “ Steinway ” was irresistable. More than a quarter of a million Grands and Uprights have left the Steinway factories, in New York as well as in Hamburg and have found buyers in all countries. They are as a comrade indispensable to the most famous pianists, servitable at most Academies of Music and adorning the saloons of large Ocean Steamers.
 Three qualities, before all others, have paved the way for the success of the Grand and Uprights of the firm of Steinway & Sons in all parts of the world : Perfect touch, inimitable volume of tone and unsurpassable durability. In spite of their insignificantly higher prices they are the cheapest piano fortes, if durability and length of service are properly taken into account.
 Even “ Veterans ”of sixty years` age and more, we come across again now and then, have kept their youthful freshness. The Steinway - tone is unvariable ; it does not know any whims and no aging!
 If you cannot find accommodation for a Steinway Concert Grand in your home, you will obtain in our Miniature and Parlour G
rand and Upright Pianos instruments with similar unparalled merits which have decided the pick of international eminent pianists to play exclusively our instruments. These artists are avowed Steinway adherents on the strength of many years' practical experience!
 All Steinway Models, Grands and Uprights indifferent sizes which have been designed on a physical and acoustical basis show the same unattainable advantages. They pay homage to our instruments in superabundant superlatives. Hundred of artists` testimonials - written of their own accord and fully convinced - might guide you when purchasing a piano.
 Even though the distinguished elegance of our regular cases will satisfy every music lover`s taste as their neutral lines will happily match with any kind of furniture, we have abundant experience in executing pianos from own and given designs, in all conceivable kinds of wood and style, and decorated with precious material. Applications for illustrations of previously supplied splendid instruments are invited. You will also find in this booklet illustrations of few Steinway Grand in designs of historical periods.

           Hamburg, December 1927

       

 Vertgrand style “K”Upright     7 1/3 octaves, 2 pedals, hight 132 cm

Baby Grand style “M”   7 1/3 octaves, 2 pedals, length 170 cm

 Living-Room Grand style “O”   7 1/3 octaves, 2 pedals, length 180 cm

 Small Parlour Grand style “A”   7 1/3 octaves, 3 pedals, length 188 cm

Parlour Grand style “B”      7 1/3 octaves, 3 pedals, length 211 cm

 Concert Grand style “C”      7 1/3 octaves, 3 pedals, length 227 cm

Orchester Concert Grand style “D” 7 1/3 octaves, 3 pedals, length 274 cm
コメント

『楽器形録定価表』 岩田楽器店 (1931.3)

2014年05月31日 | 昭和 楽器目録 2
    昭和六年三月 〔一九三一年〕 
  楽器形録定価表

   

 ・山葉オルガン改正定価表
 ・西川オルガン改正定価表

    

 ・竪形第百号 定価 金五百円 荷造費 金八円 七オクテーブ 鍵盤象牙 黒塗又ハウオールナツト塗 オヴアーストラング針金三本張
        アンダーダムパーアクシヨン 総鉄骨
        高 四尺二寸五分 幅 二尺二寸 長 四尺八寸 重量 五十五貫 荷造重量 六十五貫 荷造容積 七十オ   
 
 山葉ピアノ

     

 ・竪形第一号 定価 金六百五拾円 荷造費 金八円 七オクテーブ 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 四尺二寸 幅 二尺二寸 長 四尺八寸 重量 五十貫 荷造重量 六十五貫 荷造容積 七十オ 
 ・竪形第二号 定価 金八百円 荷造費 金八円 七オクテーブ 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 四尺三寸 幅 二尺二寸五分 長 五尺 重量 五十五貫 荷造重量 七十貫 荷造容積 七十四オ
 ・竪形第三号 定価 金壹千壹百円 荷造費 金八円 七オクテーブ四分ノ一 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 四尺三寸五分 幅 二尺三寸 長 五尺二寸 重量 七十貫 荷造重量 八十貫 荷造容積 八十オ
 ・竪形第四号 定価 金壹千参百円 荷造費 金八円 七オクテーブ四分ノ一 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 四尺三寸三分 幅 二尺三寸 長 五尺二寸 重量 七十五貫 荷造重量 百廿五貫 荷造容積 八十二オ

      

 ・平形第一号A 定価 金壹千四百円 荷造費 金拾五円 七オクテーブ 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 三尺二寸 幅 四尺七寸 長 五尺二寸 重量 七十貫 荷造重量 九十貫 荷造容積 六十五オ 
 ・平形第一号B 定価 金壹千四百円 荷造費 金拾五円 七オクテーブ四分一 鍵盤象牙 総鉄骨 他ノ塗色ハ御注文ニヨリ調製
        高 三尺二寸 幅 四尺八寸五分 長 四尺九寸五分 重量 六十四貫 荷造重量 八十五貫 荷造容積 六十五オ
 ・平形第二号 定価 金壹千七百伍拾円 荷造費 金拾五円 七オクテーブ四分一 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 三尺二寸五分 幅 四尺八寸五分 長 六尺 重量 八十五貫 荷造重量 百貫 荷造容積 七十二オ
 ・平形第三号 定価 金二千二百伍拾円 荷造費 金拾五円 七オクテーブ四分一 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
        高 三尺二寸五分 幅 五尺一寸 長 六尺九寸 重量 百貫 荷造重量 百十貫 荷造容積 八十二オ

  
 
 ・コンサートグランド  定価 金五千円 荷造費 金貮拾円 七オクテーブ四分一 鍵盤象牙 総鉄骨
             高 三尺三寸 幅 五尺一寸五分 長 九尺 重量 百二十貫 荷造重量 百四十五貫 荷造容積 九十二オ
  
 ・自働ピアノ第一号   定価 壹千六百円 荷造費 金拾円 七オクテーブ四分一 八十八ノート 鍵盤象牙 外廓黒塗(木地)
             高 四尺五寸 幅 二尺四寸 長 五尺四寸 重量 八十貫 荷造重量 九十五貫 荷造容積 八十八オ
             自働装置を開きたる図
          
 
 舶来ベヒシユタイン
 

        定価 
        竪台 第九号型 金二千円 〃第八号〃 金二千二百円 〃第七号〃 金二千五百円 〃第六号〃 金三千円
        平台 L型 金三千円 M型 三千三百円 B型 三千八百円 C型 四千三百円 D型 五千五百円 E型 金七千円

 舶来ピアノ
        スタインウエツヒピアノ 二千三百円ヨリ 五千六百五十円迄
        スタインウヱーピアノ  壹千六百五十円以上
        ローセンクラツピアノ  竪形 壹千三百五十円 平台 貮千壹百円
        チンメルマンピアノ   壹千貮百円
   ピアノ荷造に就て 解荷の上は荷造用蒲団及び縄は御返送を願ひます

 西川ピアノ
   
   

   コツテージ(A型)
        定価 金三百八拾円 荷造費 金二拾二円 桂材 黒蝋色仕上
        五オクテーブ・セルロイド・六十一鍵 総鉄骨 垂直スケール 三絃線 
        高 三尺七寸 幅 一尺九寸 長 三尺六寸 重量 四十七貫七百匁 荷造容積 三十七オ

 

 西川ピアノ定価   西川オルガン

       

 ・イースタン   定価 六百伍拾円 荷造費 金三拾八円 胡桃材 ヴアニス仕上 七オクテーブ セルロイド 八十五鍵 総鉄骨 複絃スケール 三絃線
          高 四尺二寸 幅 二尺一寸二分 長 四尺九寸 重量 五十五貫四百匁 総量 八十四貫百匁 荷造容積 六十四オ(函入)
 ・ウエスタン   定価 七百五拾円 荷造費 金三拾八円 マホガニー材 ヴアニス仕上
          七オクテーブ 象牙八十五鍵 総鉄骨 複絃スケール 三絃線
          高 四尺三寸 幅 二尺一寸二分 長 五尺 重量 七十八貫三百匁 総量 壹百四貫八百匁 荷造容積 六十八オ  
 ・ハーブトマン  定価 九百五拾円 荷造費 金四拾円 七オクテーブ四分ノ一(象牙八十八鍵) 総鉄骨 複絃スケール 三絃線
          高 四尺三寸五分 幅 二尺一寸五分 長 五尺二寸五分 重量 六十五貫五百匁 総量 九十七貫五百匁 荷造容積 六十六オ 
 ・ピアネツト第二号 定価 金百二拾円 荷造費 金五円 四十九鍵複絃 低音部巻針 増音器装置 家庭用調律器付
           高 二尺五寸 幅 二尺五寸三分 長 二尺九寸

 ・ピアノ椅子

 山葉オルガン

     

 ・第百号   定価 貮拾七円 荷造費 金二円 マホガニー塗 三十九鍵 一列笛
        高 二尺五寸一分 幅 一尺六寸 長 二尺三寸一分 重量 四貫匁 荷造重量 九貫 荷造容積 六七オ   
 ・第百○二号 定価 六拾円 改正 金五拾五円 荷造費 金二円四拾銭 四十九鍵 一列笛 保険四年
        高 二尺六寸八分 幅 一尺一寸 長 二尺八寸二分 重量 五貫五百匁 荷造重量 十貫五百匁 荷造容積 七オ
 ・第百○三号 定価 八拾円 改正 金七拾円 荷造費 金四円五拾銭 四十九鍵 総二列笛 保険五年
        高 二尺八寸九分 幅 一尺四寸 長 二尺八寸六分 重量 六貫五百匁 荷造重量 十一貫二百匁 荷造容積 十五オ
 ・第三○○号 定価 九拾円 荷造費 金六円 ライト・マホガニー塗 六十一鍵 一列笛 保険六年
        高 三尺三寸八分 幅 一尺二寸七分 長 三尺二寸五分 重量 十一貫 荷造重量 二十貫五百匁 荷造容積 二十一オ

 ・第一号   定価 四拾五円 改正 金四拾円 荷造費 金二円四拾銭 三十九鍵 一列笛 保険三年
        高 二尺七寸 幅 一尺二寸三分 長 二尺三寸二七分 重量 五貫 荷造重量 十貫 荷造容積 七オ   
 ・第四号   定価 八拾五円 改正 金七拾五円 荷造費 金五円五拾銭 四十九鍵 一列笛 保険五年
        高 三尺二寸五分 幅 一尺二寸五分 長 二尺七寸 重量 九貫 荷造重量 十六貫五百匁 荷造容積 十八オ
 ・第五号   定価 百貮拾円 改正 金百○五円 荷造費 金七円 六十一鍵二列笛 (最低音部 一列笛) 保険八年
        高 三尺三寸八分 幅 一尺二寸七分 長 三尺二寸五分 重量 十一貫 荷造重量 二十貫五百匁 荷造容積 二十一オ
 ・第六号   定価 百五拾円 改正 金百参拾五円 荷造費 金拾円 六十一鍵 保険九年 四箇ストツプ附二列笛 但最低音部ハ一列
        高 三尺四寸八分 幅 一尺四寸六分 長 三尺九寸五分 重量 十五貫 荷造重量 三十貫 荷造容積 二十七オ
 ・第七号   定価 百八拾円 改正 金百六拾円 荷造費 金拾壹円 六十一鍵 保険十年 七箇ストツプ附 総二列笛
        高 三尺三寸七分 幅 一尺七寸四分 長 三尺七寸四分 重量 十九貫百匁 荷造重量 三十六貫七百匁 荷造容積 三十三オ (Cスケール金拾五円増シ)
 ・第八号   定価 金貮百円 改正 金百八拾円 荷造費 金拾貮円五拾銭 六十一鍵 保険十年 九箇ストツプ附 高音三列笛 低温二列笛
        高 三尺五寸八分 幅 一尺八寸三分 長 四尺一寸三分 重量 二十二貫 荷造重量 三十九貫 荷造容積 三十九オ  (スケールハ十五円増シ)   
 ・第九号   定価 金参百円 改正 金貮百八拾円 荷造費 金拾五円 六十一鍵 保険十年 十一箇ストツプ附総二列笛
        高 三尺七寸五分 幅 一尺九寸二分 長 四尺五寸五分 重量 二十八貫 荷造重量 四十七貫五百匁 荷造容積 四十八オ (Cスケール十五円増シ)
 ・第十号   定価 金参百五拾円 改正 金参百貮拾円 荷造費 金拾六円 六十一鍵 保険十年 十一箇ストツプ附 高音三列笛 低音四列笛
        高 四尺七寸六分 幅 二尺四寸 長 四尺五寸一分 重量 二十九貫五百匁 荷造重量 五十一貫 荷造容積 五十オ  (スケールハ十五円増)   
 ・第十一号  定価 金七百五拾円 改正 金七百円 荷造費 金貮拾五円 六十一鍵 保険十年 十三箇ストツプ附総四列笛
        高 三尺九寸 幅 二尺五寸 長 四尺六寸六分 重量 三十八貫 荷造重量 六十三貫 荷造容積 六十五オ (本号ハC『スケール』)

 ・デスクオルガン 
        定価 金二百参拾円 荷造費 金拾六円 総二列 六十一鍵 保険十年 ストツプ六箇 オルガントシテ使用ノ図

        
        
        机高サ 二尺五寸五分 総高サ 三尺一寸五分 広サ  三尺五寸八分 深サ  二尺四寸 
        正味重量 二十四貫 荷造重量 四十五貫 荷造容積 三十九オ

 ・オルガン椅子

   
 
 ・鈴木マンドリン

  マンドリン
         定価
  八十一号  一〇〇〇〔十円〕
  八十二号  一三〇〇
  七〇〇号   七五〇
  七〇一号  一三五〇
  二  号  一五〇〇
  七〇二号  一七〇〇
  三  号  一九〇〇
  七〇三号  二一〇〇
  四  号  二五〇〇
  五  号  二九〇〇
  六  号  三六〇〇
  七〇四号  五〇〇〇
  七  号  五五〇〇
  八  号  六〇〇〇
  九  号  六五〇〇

  フラット マンドリン

  六一〇号   七〇〇〔七円〕
  二  号  一二〇〇
  三  号  一三五〇
  四  号  一六〇〇

 ・鈴木バイオリン

  八百号     四○○〔四円〕
  九百号     六〇〇
  W一号     八〇〇
  W二号    一〇五〇〔十円五十銭〕
  W三号    一二五〇 
  W四号    一六〇〇
  W五号    二〇〇〇
  五 号    二四〇〇
  六 号    二九〇〇
  七号     三六〇〇
  八号     四三〇〇
  九号     五〇〇〇
  児童用
   (弓付)   三五〇

  バイオリン

  鈴木梅雄作  一〇〇、〇〇〔百円〕
           二〇〇、〇〇
           三〇〇、〇〇
  鈴木政吉作  五〇〇、〇〇
           七〇〇、〇〇
          一〇〇〇、〇〇

 ・鈴木バイオリン弓

  バイオリン弓
         定価
  号外     七〇〔七十銭〕
  六一 号  一〇〇
  六二 号  一四〇
  六三 号  一八〇
  六四 号  二三〇
  六五 号  二八〇
  三  号  二八〇
  一一九号  三三〇
  四  号  三九〇
  五  号  五〇〇
  六  号  五八〇
  七  号  七二〇
  八  号 一〇〇〇
  十  号 一四五〇

     

 ・ビオラ

  ビオラ

  一  号 二五〇〇
  二  号 三五〇〇
  三  号 四五〇〇

  鈴木梅雄作
      一〇〇、〇〇
      二〇〇、〇〇
      三〇〇、〇〇
  鈴木政吉作
      五〇〇、〇〇
      七〇〇、〇〇
     一〇〇〇、〇〇

  ビオラ弓
       定価
  一  号  三九〇〔三円九十銭〕
  二  号  五〇〇
  三  号  六七〇

  ビオラ箱
  
  一  号  九〇〇〔九円〕
  二  号 一一〇〇
 
 ・セロ
       定価
  号外   六〇〇〇〔六十円〕
  一号   八五〇〇
  ニ号  一〇〇〇〇
  三号  一二〇〇〇

  鈴木梅雄作
      二〇〇、〇〇
      三〇〇、〇〇
  鈴木政吉作
      五〇〇、〇〇
      七〇〇、〇〇
     一〇〇〇、〇〇

  セロ弓

  一七五号 三〇〇〔三円〕
  一七六号 三七〇
  一七七号 五一〇
  一  号 五一〇
  二  号 七五〇
  三  号 九五〇

  セロ箱

  一  号 五〇〇〇〔五十円〕
  二  号 六〇〇〇

 ・ギター
        定価
  六二〇号  一七〇〇〔十七円〕
  一  号  二六〇〇
  六三一号  二八〇〇
  二  号  三〇〇〇
  六七一号  三〇〇〇
  六三二号  三二〇〇
  三  号  四六〇〇
  六三三号  四八〇〇
  六四一号  五八〇〇
  六四七号  六三〇〇
  六四四号  八〇〇〇
  六四五号  八六〇〇
  六四六号  九二〇〇


 ・新型バイオリン箱
 ・マンドリン箱
 ・クラリネット
 ・コルネツト、アルト
 ・バリトン
 ・コントラバス
 ・ヘリコンバス
 ・テナー、トロンボーン
 ・トロンペツト、フレンチホルン
 ・フリユート、サクソホーン
 ・タンバリン、ビユーグル、ピツコロ、オボー、バズーン
 ・大太鼓
 ・小太鼓
 ・シンバル、カスタネツト、トライアングル
 ・チンパニー、ニツケル竪笛
 ・信号ラツパ、メトロノーム、譜面台ニツケル

 

 ・エンホニコン

   十六穴 金三円五十銭 金二円七十銭
   二十穴 金二円八十銭 金五円 金七円

  換リード

   十六穴 金壹円三十銭 金壹円五十銭
   二十穴 金壹円八十銭

  卓上ピアノ

   B形 廿九鍵 金五円五十銭
   C形 〃   金六円
   D形 〃   金六円五十銭

  子供ピアノ

   金四十五銭
   金壹円九十銭
   金二円三十銭
  
  ベビーオルガン 金十八円 同 卓上金七円

  シロホン(木琴)

  チユーブフォーン

  

 ・蓄音器、ハーモニカ、明清楽器、和楽器、三絃、尺八、薩摩琵琶、筑前琵琶
 ・琴

 下は、裏表紙の記載である。

 営業品目

  山葉ピアノ 山葉オルガン 舶来ピアノ 鈴木絃楽器 楽隊楽器 ハーモニカ 蓄音器 明清楽器 日本楽器 琴三絃 楽書楽譜
   附属一切
     ピアノ調律オルガン修繕

 三重県津市大門町
   岩田楽器店
コメント

「河合楽器製作所」 絵葉書 河合楽器製作所

2012年07月23日 | 昭和 楽器目録 2
 河合楽器製作所(KAWAI GAKKI SEISAKSHO)製の絵葉書20枚である。〔下の写真は、その一部。〕

 ・(事務所)〔上の写真〕

        

・河合楽器製作所〔工場の全景〕 
 ・応接間(一部)
 ・材木置場(二枚続き)
 ・製材所(専属工場)
 ・製材工場(専属工場)
 ・(第一機工課)
 ・(塗工部ノ一部) 
 ・第二機工課
 ・(竪型ピアノ アクション)
 ・(平台ピアノ アクション
 ・(鍵盤仕上部)
 ・(竪型ピアノ仕上部)2種
 ・(平台ピアノ仕上部)2種
 ・竪型ピアノ(四号型)
 ・平台ピアノ(コンサート)
 ・(ピアノ荷造部)
コメント

『HORUGEL PIANO   Mason & Hamlin』 小野ピアノ (戦後)

2012年05月19日 | 昭和 楽器目録 2
 Mason & Hamlin HORUGEL PIANO TOKYO ONO PIANO OSAKA

 〔口絵写真〕

 ・銀座店内
 ・銀座店内
 ・大阪店内2枚
 ・湯河原工場
 ・湯河原駅前陳列場2枚

 〔使用ピアニスト写真〕

 ・ホルーゲルピアノを賞讃された ルビンスタイン先生
  ホルーゲル愛用の ありし日のクロイツッアー先生
 ・ホルーゲル愛用の マキシムシャピロ先生
  メイソン・ハムリンピアノにて演奏中の ハンス・カン先生
 ・ホルーゲルピアノと モイセヴヰッチ先生
  ホルーゲルピアノ演奏中の フリードマン先生
 ・ホルーゲルピアノ演奏中の レオシロタ先生
  ホルーゲルピアノの伴奏にて歌ふ ありし日の シャリアピン氏
 ・メイソン・ハムリンピアノを見学に来社の際弊社製ホルーゲルピアノを賞讃される世界的ピアニスト、ギレリス先生
  いつもメイソン・ハムリンピアノを愛用される大西愛子先生 産経ホールに於て
 ・世界的ピアニスト、オボーリン先生東京体育館にてメイソンハムリンピアノにて演奏中
  東洋一と云われる杉並公会堂に納入したメイソン・ハムリンピアノCC型コンサートグランドをひかれる納入記念演奏会当日の安川加寿子先生
 ・日比谷公会堂にてポーランドより来日されたツェルニー・ステファンスカー先生御希望によりメィソン・ハムリンピアノを当日御使用戴きました
  日比谷公会堂に於て行われた芸術大学定期演奏会の際にメィソン・ハムリンピアノフルコンサート二台を連弾される伊達純先生と中山靖子先生
 ・東洋音楽大学五十周年記念青年会館にてベートーベン コンチェルトを メィソン・ハムリンピアノでおひきになる永井進先生
  世界的ピアニスト、ギレリス先生が御来日の際を記念して社長と御一緒に
 ・銀座店内にてメィソン・ハムリンピアノBB型を賞讃される井口秋子先生
  NHK納入のメイソン・ハムリンBB型グランドを賞讃される永井進先生
 ・杉並公会堂にてメイソン・ハムリンピアノを使用され、コンチェルトをおひきになるのは松浦豊明先生
  ホルーゲルピアノ演奏中のジェルマルシックス先生
 
湯河原工場技術者新陣容
                    大橋幡岩顧問
              小野社長          小野専務
         鈴木工場長                 大井技師長
      山下塗装課長                      川村木工課長
   大槻資材課長

 最高級
   ホルーゲルピアノ
   ホルーゲルオルガン

  最高級 ホルーゲルピアノ の特徴に就て

 1.一流輸入資材を使用している。 独乙レンナーアクション会社製品使用(特製)
       ブッシングクロス   英国製
       ハンマー       米国、スタンダード
       ワイヤー       独乙、レスロー青レベル
       チューニングピン   独乙、ワーグナー
 2.ハンマー製造に関し(PATENT No. 195248)の特許を有し音色が優美にして耐久力に富んでいる。
 3.譜面台に(PATENT No. 443751)の特許を有し非常に堅牢である。
 4.響板調整装置(PATENT No.114356)に依り世界最高メイソン・ハムリンの様に響板装置をしたる枠を締付けてある故音響が永久不変である。
 5.グランド前蓋の演奏時における簡便な操作。
 6.塗装の木地堅めに生漆を使用している。
 7.響板の響鳴範囲を特別な技術で広くしてある。
 8.グランドの足に特別L型の金具にて保強してある。
 9.多年経験に富んだ優秀技術者に依って特に我国風土、気候を十分考慮し極めて精巧堅牢に製作せられたもので音響の明瞭、豊富、優美なことは勿論其タッチは頗る明快にて、演奏上如何なる敏感なる繊細技巧をも自由に表現し得られ而かも其の美麗なる最新型外装と相俟って実に優秀卓越せるピアノであります。

 ジュニアースピネットピアノ

   75鍵 高サ 109糎 巾 120糎 奥行 56糎 重量 120瓩 荷造重量 180瓩 梱包費 ¥3,500 外装 マホガニー ウオルナット ¥130,000

 アップライトピアノ ♯1(スピネット型)

   88鍵 高サ 112糎 横巾 139糎 奥行 60糎 重量 205瓩 荷造重量 280瓩 梱包費 ¥5,500 外装 マホガニー ウオルナット ¥195,000

 アップライトピアノ ♯2

   88鍵 高サ 129.5糎 横巾 152糎 奥行 66糎 重量 239.5瓩 荷造重量 320瓩 梱包費 ¥5,500 外装 黒塗 ¥200,000 マホガニー ウオルナット ¥220,000

 アップライトピアノ ♯3

   88鍵 高サ 130糎 横巾 152糎 奥行 66糎 重量 240瓩 荷造重量 320瓩 梱包費 ¥5,500 外装 黒塗 ¥220,000 マホガニー
 ウオルナット ¥240,000

 アップライトピアノ特製 ♯5

   88鍵 高サ 130.5糎 横巾 152糎 奥行 66糎 重量 280瓩 荷造重量 360瓩 梱包費 ¥5,500 外装 黒塗 ¥260,000 マホガニー
 ウオルナット ¥280,000

 アップライトピアノ特製 ♯6

   88鍵 高サ 131糎 横巾 152糎 奥行 66糎 重量 280瓩 荷造重量 360瓩 梱包費 ¥5,500 外装 黒塗 マホガニー ウオルナット 特製ホルゲール アクション ¥330,000

 アップライトピアノ特製 ♯7

   88鍵 高サ 131.5糎 横巾 152糎 奥行 66糎 重量 285瓩 荷造重量 365瓩 梱包費 ¥5,500 外装 黒塗 マホガニー ウオルナット 特製ホルゲール アクション ¥480,000

 グランドピアノ ♯1

   88鍵 高サ 99糎 3.27尺 横巾 146糎 4.82尺 奥行 173糎 5.70尺 重量 320瓩 荷造重量 410瓩 梱包費 ¥7,800 外装 黒 ¥390,000 マホガニー ウオルナット ¥420,000

 グランドピアノ ♯2

   88鍵 高サ 99糎 3.27尺 横巾 146糎 4.82尺 奥行 186糎 6.10尺 重量 340瓩 荷造重量 450瓩 梱包費 ¥7,800 外装 黒 ¥470,000 マホガニー ウオルナット ¥500,000

 グランドピアノ ♯2 特製

   88鍵 高サ 99糎 3.27尺 横巾 146糎 4.82尺 奥行 186糎 6.10尺 重量 340瓩 荷造重量 450瓩 梱包費 ¥7,800 外装 黒 マホガニー ウオルナット ¥570,000

 セミ・コンサートグランドピアノ

   88鍵 高サ 99糎 3.27尺 横巾 160糎 5.30尺 奥行 220糎 7尺 重量 430瓩 荷造重量 550瓩 梱包費 ¥9,800 外装 黒 ¥624,000 マホガニー ウオルナット ¥660,000

 セミ・コンサートグランドピアノ特製

   ホルゲール・セミ・コンサートはフルコンを少々小さくしたもので従来の特性の上にスタインウエイ並びにメイソン・ハムリンの特徴を取り入れ製作されたもので堅牢にしてタッチの良い優美な音色と相俟って実に素晴らしい優秀品で学校の講堂並に中小ホールに適して居ります。

   88鍵 高サ 99糎 3.27尺 横巾 160糎 5.30尺 奥行 220糎 7尺 重量 430瓩 荷造重量 550瓩 梱包費 ¥9,800 外装 黒 マホガニー ウオルナット ¥780,000

 フル・コンサートグランドピアノ

  

   このピアノは従来の特性の上にスタインウエイ並に世界最高のメイソン・ハムリンの特徴を取り入れ製作されたもので堅牢にしてタッチの良い優美な音色と相俟って実に素晴らしい優秀品で大ホールに尤も適して居ります。

   88鍵 高サ 100糎 3.30尺 横巾 160糎 5.30尺 奥行 277糎 9.10尺 重量 660瓩 荷造重量 880瓩 梱包費 ¥13,000 外装 黒 ¥1,300,000 マホガニー ウオルナット ¥1,350,000

 オルガン ♯1型

   49鍵1列笛 ライト・ウオールナット塗 高サ 82糎 2.7尺 横巾 85糎 2.8尺 奥行 29糎 0.9尺 重量 25瓩 6.7貫 梱包費 ¥500 ¥15,000

 オルガン ♯5型

   61鍵2列低音1列笛 ライト・ウオールナット塗 高サ 99糎 3.3尺 横巾 103糎 3.4尺 奥行 38糎 1.25尺 重量 45瓩 12貫 梱包費 ¥900 ¥28,000

 オルガン ♯7型

   7古ストップ付61鍵総2列笛 ライト・ウオールナット塗 高サ 100糎 3.3尺 横巾 107糎 3.5尺 奥行 52糎 1.7尺 重量 78瓩 20.8貫 梱包費 ¥1,200 ¥55,000   

 世界最高
   メィソン・ハムリンピアノ

  世界最高 メィソン・ハムリンピアノ の特徴に就て

   メイソン・ハムリンピアノがなぜ世界で一番良くて高価であるかと申しますと、右図面の通り数十年間、乾燥をした優秀木材を使用し頑丈な主柱にて音響板を取付けてある枠を固く締め付けた上、世界中に特許を持つ Tension Resonator テンション、リソナター(共鳴器、共振器)が取付けてある故、構造の丈夫さは勿論音色に気品を持ち音量が非常に豊富にして、優雅な美しさは其の演奏効果を助け耐久は永久不変であるからです。

       

   コンベンショナル グランド スタイルB    STYLE B Conventional Grand

    ピアノ製造家の技術の最高傑作であります。普通の型、一般的なスタイル、静かな気品は永久に消える事のない名曲の様な魅力に似てその音色の優美さ、音量の豊富さと相俟って流行の変化に左右されないメイソン・ハムリンの能力を示しております。

    特製 マホガニー材 アメリカン ウオルナット 長サ 5呎4吋 横巾 58 3/4 吋 重量 685ポンド 完全ナ節度ヲ持ツタ3段ペダル マホガニー ¥2,000,000 ウォルナット ¥2,100,000

   クィーン グランド     スタイルB    STYLE B Queen Anne Grand

    王室を象徴する見事なスタイル、精妙な彫刻をほどこされた脚、アン女王時代の家具の特色を持つ彎脚、卓絶した音色の輝き、時代の霊感を感じさせるピアノ、これこそ装飾家の好みであり、又音楽家の歓びであります。

    特製 マホガニー材 アメリカン ウォルナット 長サ 5呎 4吋 横巾 58 3/4 吋 重量 685 ポンド 完全ナ節度ヲ持ッタ3段ペタル マホガニー ¥2,250,000 ウォルナット ¥2,300,000

   コンベンショナル グランド スタイルA  STYLE A Conventional Grand

    家庭向きのグランドの中では比類のないピアノ技術のたしかな、しかも荘厳な感じの傑作であります。その音色の美しさ、ボリュームと感応の良さは、名曲愛好家の切望を充分に満足させられます。クラシックな装いは一般的なスタイルにも一つの個性を与えています。

    特製 マホガニー材又は黒塗 長サ 5呎 8 1/2 吋 横巾 58 3/4 吋 重量 840 ポンド カンゼンナ節度ヲ持ッタペタル ¥2,250,000

   
   セミ・コンサート グランド スタイルBB STYLE BB Salon Grand

    セミ・コンサート・グランドはフル・コン同様堅牢さと耐久の点では世界で一番です。その上世界中に特許を持つ Tension Resonator (共鳴器、共振器)が取付けてあります故、其の優雅な音色と豊富な音量は永久不変で演奏効果を高め実に素晴らしいピアノで学校の講堂、或は中小ホールに適して居ります。

    黒塗 (特別注文によってマホガニー材) 長サ 6呎 11 3/4 吋 横巾 62 1/4 吋 重量 1,020 ポンド 完全ナ節度ヲ持ツタ3段ペタル ¥3,000,000

   フル・コンサート グランド スタイルCC STYLE CC Concert Grand

    フル・コンサート・グランドは堅牢さと耐久の点では世界随一です。その上世界中に特許を持つ Tension Resonator (共鳴器、共振器)が取付けてあります故、其の優雅な音色と豊富な音量は永久不変で演奏効果を高め実に素晴らしいピアノで大ホールに尤も適して居ります。

    黒塗ノミ 長サ 8呎11 3/4 吋 横巾 61吋 重量 1,175ポンド 完全ナ節度ヲ持ッタ3段ペダル クローム金具使用 ¥4,300,000

   フレンチ プロビンシャル センテニール コンソル スタイル MFP STYLE MFP French Provincial Centennial Console

    メイソン・ハムリンの技術者は音楽界に於ける多年の指導的地位を世界に知らせるためにこの一般的スタイルのピアノを作ったのであります。優美なラインと心地よい美しさは年と共に増して行きます。そして其の音とアクションは識別力ある音楽愛好家を楽しませてくれます。

    フルーツ ウッド仕上 高サ 3呎4吋 長サ 5呎 1/4吋 奥行 23 1/2 吋 88鍵 ¥1,110,000

   ヘツプルホワイト コンソル スタイルD STYLE D Hepplewhite Console

    音色に貴品を持ち、グランドに良く似たピアノです。細部にいたる迄優雅な装飾がほどこされ、ラインの精練さと共にこのピアノがメイソン・ハムリンの永久的な品質として美しく造られたものです。

    特製マホガニー材 アメリカン ウォルナット 高サ 3呎4吋 長サ 4呎 11 13/16 吋 奥行 23 3/16 吋 88鍵 ¥1,000,000

   シェラトン コンソル スタイルF STYLE Sheraton Console

    この一般的な親しみ易いスタイルはその艶のある音色の様に満足感を与えてくれるでせう。あらゆる細部に亘る技量の厳密さは音楽愛好家に最高の演奏をもたらすでせう。何故メイソン・ハムリンが他の立派なピアノの中にあって卓越しているかを知るために是非このコンソルをお撰び下さい。

    特製マホガニー材 アメリカン ウオルナット材 高サ 3呎4吋 長サ 5呎 1 7/8 吋 奥行 24吋

   ルイ 15 コンソル スタイルE        STYLE E Louis XV Console

    このピアノは最高のピアノ製造技術者に依って造られたものです。デリケートな木の彫刻は優美な線と魅力的なサイズのケースを強調するために手で製作されたものです。音色の良さ、外観の良さはメイソン・ハムリン独特のものです。

    特製 マホガニー材 アメリカン ウォルナット材 高サ 3呎4吋 長サ 5呎 1 7/8吋 奥行 24寸 88鍵 マホガニー ¥1,100,000 ウォルナット ¥1,150,000

   モダン コンソル スタイルH STYLE H Monderne Console

    メイソン・ハムリンは同じスタイルの中で最もスマートな型をこのピアノに依って示しています。線と細部はつややかなクロームの感触によって強調され黒つやのよく仕上げられた外観を誇張してゐます。又一流の技術者の意見を取り入れた最高の技量も兼ね備えています。

    黒塗又はマホガニー材 ウオルナット、ブロンド色 高サ 3呎 4吋 長サ 4呎 11 1/2 吋 奥行 23 5/16 吋 88鍵 ¥950,000

 小野ピアノ謹製
  ピアノ椅子及附属品 並びに ピアノの手入と保存に就て

 アフターサービスとピアノ保存に就て

 ONO PIANO CO. 東京 小野ピアノ 大阪
コメント

純正調オルガン 田中正平 (1931.6)

2011年09月24日 | 昭和 楽器目録 2
 この写真は、昭和六年 〔一九三一年〕 六月一日発行の『月刊楽譜』 六月号 第二十号 第六号 に掲載されたもので、次の説明文がある。

  数十年埋れてゐた田中正平博士の純正調オルガン
  後方左が田中博士(本誌記事参照)

 下が、本誌記事中の田中正平博士の一文で、下はその最初の部分である。

 「新型純正調風琴略解」  
             田中正平

  在来の有鍵楽器(「オルガン」「ピアノ」)では、一「オクターブ」を十二等分する平均律に依り調律せられあるの結果、此の種の楽器に於て各協和音は皆純潔清浄ならず。特に西洋和声学の骨子と云ふべき三度及六度が濁化せられ居り、此の濁化は「ピアノ」の発する如き余音の少き打音にては著しき欠陥として感ぜられるも、「オルガン」の如き持続音を発するものは甚不快である。
  純正調「オルガン」では奏楽に使用する四度五度は勿論、三度及六度の音程は皆自然に與へられた其の儘であつて、協和絃は清らかに澄んで居て耳に好感を與へる。〔以下省略〕

  

 また、同号には、次の二つの文も掲載されている。

 ・「不協音」 純正調と平均律

  わが国に洋楽が移されて半世紀余、その歩み未だ遅々として華々しからずとは言へ、已に幾多の業績が数へられるのであるが、その中でも見のがし得ないものに田中正平博士の純正調オルガンの製作がある。之の楽器はすでに四十年前の古い時代に独乙にに於て作られたものであるが、爾来わが楽界の知る所とあらず、たまゝ最近に至つて世に紹介され今更の様に問題にされてゐるものである。その試演座談会が去月九日ヴイクター本社に於て行はれて、吾々は之の新型オルガンを親しく視、聴く事が出来たのであつた。純正調オルガンの事に就いては本号に田中博士の文〔「新型純正調風琴略解」〕が載る事であるから、それに詳しいのであるが、要するに純正調オルガンは東京の有鍵楽器(ピアノ、オルガン)に施されてゐる音階的合理化を出来るだけ除かうとして作られたものである。従って之の合理化を除き、各音間の振動数比を出来るだけ簡単にし、和音を美しいものにす帰すためには非常に多くの音源を必要とする。之の音源の多いといふ事が純正調オルガンの特徴である。田中博士は一オクターヴ六十三音源を以て充分とされてゐるが、現在あるものは三十六音源である。然し今度新しく作られる事になつてゐるものは四十五音源を持つはづである。
  純正調オルガンの長所は、各音間の振動数比を出来るだけ簡単にする装置が施されてゐるのであるから、その和音の非常に美しい事である。之は一度平均律に依つて作られた楽器と比べて見ると実に明瞭に聴取出来る事である。そこで考へられるのは、之の純正調オルガンが完成された時に於ける、平均律楽器の運命である。合理化の行はれない、自然音を出す様に作られた純正調楽器い依つて合理化に依る歪みを持つ平均律楽器は駆逐されるであらうか。美しい音を出す純正調楽器は、濁り、曇りを持つ平均律楽器を音楽の世界から、蹴落すであらうか。
  否である。平均律楽器の運命を悲観的に考へるのは失当であらう。自分は合理化に依つて制約を與へられてゐる平均律楽器はそれ自身充分音楽の表現に役立ち得ると思ふ、しかも高い地位を保ち続けると思ふ。
  〔以下省略〕 

   

   〔上の写真は、一九一〇年一月発行の『楽のかゞみ』掲載のもの〕

 ・「半世紀埋もれて世に出る名楽器」(田中老博士の発明)

  日本ではあまり知られず却つて外国で有名な日本人の発明も少なくないが、その昔カイゼルに讃嘆の声を発せしめた理学博士田中正平翁(七〇)の純正調オルガン(Reingetimmt Orgel)が、発明後およそ半世紀を経たこの頃、その真価が認められて世に出るといふ気持のいゝ話しー
  翁は音響学の泰斗で四十年の昔、ベルリン大学に留学し、有名な音響学者ヘルムホルツ研究所で勉学中、世界音楽史上に銘記さるべき八分音階からなる純正調オルガンを発明し、ドイツ楽壇はいふまでもなく、世界学界を驚嘆させたものである。カイゼルも博士を宮廷に招き、楽器の演奏とその説明を聴き、感嘆して田中式純正調パイプオルガンを、ドイツ一流の楽器製造会社ワルケル社に命じて造らせた。
  その発表演奏会がカイザーの勅許を得て一八九三年九月廿一日、ベルリン高等学校講堂で催され、宮廷少年唱歌隊長のアルバート・ベツカー教授が少年唱歌隊を指揮し、パウル・シュミット教授をはじめ一流楽人が多数出演し、ドイツ一流の楽人や批評家をはじめ、川上操六(当時中将)乃木希典(当時少将)両将軍や故近衛公その他ドイツに滞在中の日本人多数も列席して盛大に催され、ドイツ楽壇に一大センセイシヨンを捲き起こした
  田中式純正調オルガンは名ピアニスト、ハンス・フォン・ビユローにより「エンハルモニユーム」(Enharmonium)と命名され、ドイツでは田中博士の指導でパイプオルガンが三個造られベルリンに一つ、ミュンヘンの博物館に一つ、アーラウの天主教学校に一つ据えつけられ、このほか普通のオルガン五個が、田中式純正調によつて製造された。
  後年、伊藤博文公がドイツでカイゼルに謁見の際も、田中博士の安否を公に聞かれた程で、博士は十数年の留学を終へ明治三十二年帰朝し、日本ではたゞ一回東京帝国大学で純正調オルガンについて研究発表したが、幼稚であつた当時のわが楽壇からは顧みられず、日本にたゞ一個ドイツから持ち帰つた愛器を、博士自身奏してはその清澄な楽の音に親しみ、日本にも純正調によるオルガンの普及される日をひたすらに待つてゐた
  あたかも仏教音楽の樹立を研究してゐる仏教音楽協会では、去る一月中旬田中博士を迎へて麹町区千代田女学校講堂で仏教音楽講習会を開いたが、田中博士はこの時、門外不出のこのオルガンを数十年振りで講演会の会場に運び、上野音楽学校オルガン科学生の鳥居善次郎君が各種の楽曲を演奏し聴者に多大の感動を與へた。
  これが奇縁となつて、仏教音楽樹立の急先鋒である築地本願寺別院では、近く新築に着手するインド様式の本堂に、田中博士の純正調パイプオルガンをすゑつけようとの議が持ち上がつた。この由が東日誌上で報道されるや果然楽壇人は新たなる眼で、田中博士のオルガンに注目うるに至り、日本ビクター会社は仏教讃美歌吹き込みの伴奏に、田中博士の純正調オルガンを使用することになつた。
  これを機会に楽壇人の有志は、親しく田中博士から、純正調オルガンについての説明を聴くことゝなり五月九日午後三時、銀座ビクター会社でお茶の会が開らかれた。批評家からは伊庭孝、堀内敬三、増澤健美、野村光一、楽人からは橋本國彦、徳山、箕作秋吉、菅原明朗、鳥居つなその他数十名の楽壇関係者が集り田中博士と膝をつき合せて懇談した。
  田中博士は近く日本楽器製造会社で普通の型のオルガン五個を田中式純正調で造ることになつた、今までのは一オクターブ三十六音源であつたが今度四十五音源に増加された。田中博士の功績を永遠に表象する国産の純正調パイプオルガンが博士の数十年来の願通りに出来れば、これこそわが国が世界楽壇に誇るべき一大ピラミツトとなるであらう。

 

 田中正平博士と純正調オルガン

 田中博士の世界的楽器純正調オルガンは今度ビクターレコードに入いることゝなつた。

 上の写真と説明は、昭和六年 〔一九三一年〕 六月一日発行の『音楽世界』 六月号 に掲載されたものである。

 なお、東京オペラシティアートギャラリーの「五線譜に描いた夢 日本近代音楽の150年」で、実物を見ることが出来た(2013年11月9日)。
コメント