蔵書目録

明治・大正・昭和:楽器・音譜目録、来日音楽家、音楽教育家、来日舞踊家、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

「梅蘭芳 絵葉書」 (1919.5-)

2014年03月14日 | 梅蘭芳 1
  梅蘭芳 絵葉書 東京本郷 矢吹高尚堂

           

 ・梅蘭芳
 ・貴妃酔酒 貴妃  梅蘭芳
 ・嫦娥奔月 嫦娥  梅蘭芳
 ・黛玉葬花 林黛玉 梅蘭芳
 ・黛玉葬花 林黛玉 梅蘭芳
 ・千金一笑 晴雯  梅蘭芳
 ・千金一笑 晴雯  梅蘭芳
 ・虹霓関  了●  梅蘭芳 
 ・御碑亭  孟月華 梅蘭芳
 ・御碑亭  孟月華 梅蘭芳


           

 ・蘇三起解  蘇三 梅蘭芳
 ・游龍戯鳳 李鳳姐 梅蘭芳
 ・桂期   紅娘  梅蘭芳 
 ・遊園驚夢 杜麗娘 梅蘭芳
 ・琴桃   陳妙常 梅蘭芳
 ・奇雙会  李桂枝 梅蘭芳
 ・奇雙会  李桂枝 梅蘭芳 ・
 ・天女散花 天女  梅蘭芳
 ・天女散花 天女  梅蘭芳
 ・天女散花
 ・天女散花

 上の絵葉書は、大正八年 〔一九一九年〕 五月、東京・帝国劇場での公演と関係があるかもしれない。
 なお、この袋に何枚入っていたのかは、わからない。
 なお、同じ写真で、金縁ではなく、また説明もない矢吹高尚堂製の絵葉書もある。

 

  支那名優 帝劇出演 梅蘭芳絵葉書

     東京市、神田  支那風俗 出版元 古川赤心堂

    

 上の絵葉書も、この時期のものと思われる。  

    

 ・受大歓迎之天女散花(二) (春柳雑誌社製於東京)
 ・梅蘭芳與日本名優歌右衛門握手於歌舞伎座 (春柳雑誌社発行)
 ・梅蘭芳與日本名優雀右衛門握手於明治座  (春柳雑誌社発行)
 ・梅蘭芳與日本名優河合武雄握手於新富座  (春柳雑誌社発行)

 また、これらと同時に購入したと思われる別の絵葉書の裏には、次の記載がある。

 ◎梅蘭芳劇を見る ※●は、判読不能

 拝啓作廿五日梅蘭芳日本に於ける御名残の興行を神戸聚楽館にて観劇致候、御承知の如く支那劇の特色は歌曲を以て主とし、俳優は最も喉嚨(ノド)を重んずる点に有之、其他の所作や台詞など余り重きを置かざるやにて候、梅も亦●歌曲に長じ女形俳優として第一流の名優の由にて候
   神戸にて
        研堂生

  上の絵葉書は、同大正八年年六月二十五日、神戸・聚楽館での公演の際に販売されたものと思われる。

 

      梅蘭芳

  支那劇は能や歌劇と同様な仕組みで俳優が謡ふのが主となつて居ります。 俳優は本来は男子に限つたもので、男子が女形を演ずること日本の芝居の通りです。  
  梅蘭芳は女形で、支那第一位の名優です。梅は女形中でも妖艶な役柄ではなく堅気な感情的な女形が持役です。立廻りも頗る上手です。又舞踊的な演出も得意とする所です。
  支那の俳優は女形立役適役道化役など云ふ区別が厳格で女形立役兼務などはありません。時に他の役柄の上手なものなどは、こと更らに『反串』即ち変り役と銘を打つて、自分の役柄以外のものを演ずることがあります。梅は時に気まじめな、そうして勇壮な若い男役を演ずることがあります。
                                           東京 尚美堂発行

         

 ・劇名 黛玉葬花 役名 林黛玉  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 虹霓関  役名 侍女   俳優 梅蘭芳
 ・劇名 思凡   役名 若き尼  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 遊園驚夢 役名 杜麗娘  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 穆柯塞  役名 穆桂英  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 貴妃酔酒 役名 楊貴妃  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 麻姑献壽 役名 仙女麻姑 俳優 梅蘭芳
 ・劇名 天女散花 役名 天女   俳優 梅蘭芳
 ・劇名 天女散花 役名 天女   俳優 梅蘭芳

  

 上の写真は、「福地信世スケッチ 支那劇 第一集」とある絵葉書の袋で、右の絵には「水滸伝の捲毛虎倪榮」、左の絵には「三国志の馬謖」とある。袋の裏には、下の説明文がある。

      支那劇

 舞台  支那劇の舞台は、日本の能と同様で、四柱の方形舞台です、橋掛はありません。背景は全然用ゐないのが正式であります。劇の仕組は能や歌劇と同様に俳優が謡子ので、従て劇は聴くのが主です。 されば古式の舞台では、客席は舞台に対して横向きに、即ち耳を向ける様に設けてあります。然し普通の多くの舞台では客席は見物し易き様舞台に向て腰をかける様に作られて居ります。
 俳優  今では女優もありますが本来は男子に限つたもので、男子が女形を演ずること日本の旧劇の通りです。この絵葉書集の俳優は皆男子です。
 扮装  衣裳は日本の旧劇の如く極めて誇張した装飾花した服装です。役によりては顔に隈取りをします、甚だしいのは絵の様に美しく塗ります。假面は普通用いません。
                                          東京 尚美堂発行
 下は、この第一集の一部と第二集〔?〕などのものと思われる。

 ・劇名 貴妃酔酒 役名 楊貴妃       役柄 花旦  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 虹霓関  役名 虹霓関の守将の家臣 役柄 文丑  俳優 李敬山
 ・劇名 金雀記  役名 潘安仁       役柄 小生  俳優 姜妙香
 ・劇名 打鼓罵曹 役名 曹操        役柄 正浄  俳優 郝壽臣
 ・劇名 X妙×  役名 韓員外       役柄 ×生  俳優 王鳳卿
 ・劇名 獅吼記  役名 琴X        役柄 貼旦  俳優 姚玉芙
 ・北京の劇場三慶園の舞台

 ・劇名 思凡   役名 若き尼趙色空    役柄 貼旦  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 穆柯塞  役名 女賊穆桂英     役柄 刀馬旦 俳優 梅蘭芳
 ・劇名 奇雙会  役名 李桂枝       役柄 正旦  俳優 梅蘭芳
 ・劇名 回荊州  役名 張飛        役柄 武浄  俳優 錢金福
 ・劇名 昭君出塞 役名 王昭君       役柄 正旦  俳優 尚小雲
 ・劇名 連環套  役名 侠客黄天覇     役柄 武生  俳優 楊小楼
 ・北京の劇場広和楼の舞台
コメント

「梅蘭芳の巻」 (1919.11)

2011年04月26日 | 梅蘭芳 1
 表紙には、佐藤三重三の「天女散花」の絵があり、「美術と文芸 十四号 梅蘭芳の巻 大正八年 〔一九一九年〕 十一月」とある。裏表紙には、「梅蘭芳の名刺」(写真)があり、「この名刺を持つて居れば女に惚れらる呪になると云ふ貴重品」とある。奥付には、「非売品 大正八年十一月吉日発行 編輯発行兼印刷人 三宅米吉 発行所 柳屋書店」などとある。22.5センチ、40頁。
 内容は、梅蘭芳関係10頁と柳屋書店目録30頁である。前者の内容は、次のようなものである。

 ・明眸皓歯の人 香取仙之助氏
 ・提灯と広告 葉左衛門氏
 ・梅蘭芳と歌右衛門 川尻清潭
 ・梅蘭芳の字 結城礼一郎氏
 ・貴妃酔酒〔歌四首〕 本巴屋八重次
 ・用向の前に 岡村柿紅氏
 ・千年かかつて拵へた女 普白老人氏、
 ・香取君と梅蘭芳 鈴木泉三郎氏
 ・麗人梅蘭芳 久米正雄氏 (大阪毎日より)
 ・梅蘭芳に贈る〔下の写真〕 与謝野晶子
   
    

 その全文は、『婦人之友』 生活苦楽号 (大正八年 〔一九一九年〕 七月号 第十三巻 第七号)に、「梅蘭芳〔メイ ラン フワン〕に贈る歌 与謝野晶子」として掲載されたものである。
 
     うれしや、うれしや、梅蘭芳  
     今夜、世界は  
     (ほんに、まあ、華美〔はで〕な唐画の世界、)  
     真赤な、真赤な  
     石竹〔せきちく〕の色をして匂ひます。  
     おゝ、 あなた故に、梅蘭芳、  
     あなたの美しい楊貴妃ゆゑに、梅蘭芳  
     愛に焦〔こが〕れた女ごころが  
     この不思議な芳しい酒となり、  
     世界を浸してながれます。  
     梅蘭芳、  
     あなたも酔つて居る、  
     あなたの楊貴妃も酔つて居る、  
     世界も酔つて居る、  
     わたしも酔つて居る、  
     むしやうに高いソプラノの  
     支那の胡弓も酔つて居る。  
     うれしや、うれしや、梅蘭芳。

 ・梅蘭芳の芸術 田中滄涼氏
 ・梅蘭芳の歌〔「目とづれば梅蘭芳の まぼろしの見ゆるおのれも めでたかりけれ」など数種あり、そのうち一首は写真〕 与謝野晶子氏 吉井勇氏

 写真には、「梅蘭芳用箋(見本の一部)」2種、「梅蘭芳の黛玉葬花」2種〔下は、その1種と同じ図の絵葉書〕、「村田嘉久子の偽梅蘭芳」他がある。

  

 下は、柳やの「梅蘭芳の巻に就て」の一部。

 貴所を好きな清方画伯や一所に貴所を見て居た華岳さんや晩花君に貴所の絵を頼んだのですが間に合ひませんでした、栖鳳さんなんかあの天女散華を本願寺の山門に書かれたらよろしいのに。

 御覧の如く何れも頼りないことを書いて居られますので私しの見たうちで最も気に入つた、久米氏、田中氏のものを拝借致しました、其の他有島生馬氏、与謝野晶子氏も貴所の讃美者です、私しも貴所の好きな事に掛けてはどんな人にも敗けません、もつとゝ貴所を見たい、好きです、好きです、梅蘭芳。

 また、「特別広告」には、『支那劇と梅蘭芳』や『品梅記』も取揃ひ品少数として掲載されている。
コメント

『品梅記』 京都彙文堂 (1919.9)

2011年04月26日 | 梅蘭芳 1
 箱には、「諸大家支那劇談 品梅記 京都彙文堂刊」とある。
 背表紙には、金文字で「品梅記」とある。奥付には、「大正八年 〔一九一九年〕 九月十五日発行 正価金壹円八拾銭 発行兼編輯者 大島友直 発行所 彙文堂書店」などとある。函欠。19.1センチ、題辞3頁、引など2頁、目次2頁、写真13頁、本文169頁、曲目33頁(漢文)。
 本書は、京都の彙文堂主人により編纂された、梅蘭芳の大阪での公演〔五月十九日、二十日:大阪市公会堂〕の内藤湖南、狩野直喜、藤井乙男、小川琢治、鈴木虎雄、濱田耕作、豊岡圭資、田中慶太郎、樋口功、青木正兒、岡崎文夫、那波利貞、神田喜一郎ら12名による観劇の感想などである。

 品梅記目次

 ・梅郎と崑曲       … 青木正兒
 ・梅劇雑感        … 如舟
 ・梅劇を見る記      … 岡崎文夫
 ・梅蘭芳の御碑亭を見て  … 顧曲老人
 ・支那劇一見一口評    … 青瓢老人
 ・我輩の所謂「感想」   … 青陵生
 ・梅蘭芳に就て      … 不癡不慧生
 ・観梅雑記        … 豹軒陳人
 ・支那劇を観て      … 豊岡圭資
 ・梅蘭芳を見て      … 神田鬯盦
 ・梅蘭芳を観て      … 落葉庵
 ・梅蘭芳         … 天鵲
 ・梅蘭芳一見記      … 洪羊盦
 ・聆劇漫志        … 那波利貞

 曲目

  尼姑思凡 御碑亭 天女散華
 
 写真は、以下の12枚である。

      

 ・〔梅蘭芳〕〔上の左〕
 ・天女散華 (其一~其三)
 ・梅蘭芳 孟月華 (御碑亭)
 ・琴桃 梅蘭芳
 ・梅蘭芳 黛玉 姜妙香 宝玉
 ・梅蘭芳 黛玉葬花 〔上の中〕
 ・梅蘭芳 姚玉福 (即阿順)
 ・嫦娥奔月 梅蘭芳
 ・梅蘭芳扮嫦娥奔月
 ・女学生観書 (化粧) 梅蘭芳 〔上の右〕
 ・鏡影中之梅蘭芳

 なお、病床で観劇できなかった青木正児も「梅郎と崑曲」という一文を寄せている。下は、その一部である。

 梅の芸術に対する賛美の声は逸早くも燕京の客、村田烏江氏の「支那劇と梅蘭芳」なる著書となって可なり纏つた智識を吾人に齎した。

 但し此著は上海出版の梅に関する某著が種本らしいとの噂で、

また、大正八年〔一九一九年〕五月九日、吉野作造は、帝国劇場で梅蘭芳の「黛玉葬花」を観て、次のように日記に記している(『吉野作造選集 14』 岩波書店)。

五月九日 金曜
 〔以前省略〕 夕方より帝劇にゆく 凡て皆愚劇 只梅蘭芳氏に人気を集中して大入りなり 林黛葬花 梅の唱歌に哀傷の気そゝ〔濁点あり〕ろに心魂を鎔(と)かすものあり
コメント

「支那俳優 梅蘭芳」他 (1919.6)

2011年04月26日 | 梅蘭芳 1
 『演芸画報 第六巻第六号』 大正八年 〔一九一九年〕 六月 には、梅蘭芳の最初の訪日公演の関連写真・記事がいくつか見える。

 口絵には、下の写真などがある。

 ・梅蘭芳の天女 姚玉芙の花奴(帝国劇場五月狂言「天女散花」)
 ・梅蘭芳
 ・帝国劇場五月狂言支那劇天女散花 (黛玉葬花)



 ・中村福助氏 梅蘭芳氏 中村歌右衛門氏

 本文には、次の文などがある。

 ・支那俳優 梅蘭芳 松田竹の島人 
   ※写真5枚:梅蘭芳の「一縷麻」、梅蘭芳の「晴雯撕扇」、梅蘭芳の「穆柯塞」、梅蘭芳の「桃華車」、梅蘭芳の「霞姑」
 ・支那劇座談 李文権 
   ※写真3枚:梅蘭芳の「玉堂春」、梅蘭芳の「天女散花」の天女、「天女散花」梅蘭芳の天女と姚玉芙の花
 ・支那劇梗概 紹介子 
   ※写真4枚:梅蘭芳の「酔貴妃」、梅蘭芳の「虹霓関」、梅蘭芳の「黛玉葬花」2枚

 また「劇壇近時画報」にある写真は、次の2枚である。

  ・梅蘭芳到着の日、帝劇の表で撮影したもの 右より宗之助梅蘭芳大倉男梅幸姚玉芙幸四郎 〔下は、より鮮明な絵葉書のもの〕

   

  ・梅蘭芳一座の楽師
 なお、「楽屋漫歩記 ー帝国劇場と歌舞伎座ー 金子伴雨」には、「梅蘭芳の部屋」なる文もあり、帝劇の梅蘭芳の楽屋やその化粧の様子が詳細に紹介されている〔写真2枚:「部屋に於ける梅蘭芳(下の写真)」、「御碑亭」梅蘭芳の孟月華〕。

   

下は、その一部。

 集合室の扉を開けば、十八畳敷の広間も、支那服と洋服の附人に埋められて狭隘を感じる程である。目的の梅蘭芳は正面の中央に造り立られた、幅一間、竪九尺の大鏡の前にに、一間竪三尺ばかりの白木の台を置き、其の上に楕円形の小鏡二ツを乗せ、黒地に白立縞の洋服で、高襟をかけ、黒地に萌黄で模様を織出したネクタイをかけ、泥にまみれぬ編靴は流石に清国人だと諾れた。長髪ならで天窓の真中から分けたハイカラ髪、丸顔でバッチリとした眼に愛嬌を漂へて、幸四郎を迎える

 白粉下には蜂蜜を全面に塗り、杭州産の白粉、砥粉及び生臙脂などを材料として顔の化粧を仕ますが、現今では往時の化粧と違ひ、眉毛の如きも誇張した引方を避けて写実となり、実地によつて美化すると云ふ描きかたです、それには明朝時代に出版された『画眉十品』などゝ云ふ書物は参考になります。



この写真は、『歴史写真』(大正八年六月号:第七十四号 歴史写真会発行)に掲載されたものである。

 支那劇壇の花形役者梅蘭芳妻と其扮装天女   ※<>は読めず

 Mei-lan-fan, famous actor of China, and his wife and “Teanyo (angel) acted by him.”

 支那北方の名優梅蘭芳は夫人王氏と共に東京帝国劇場の招きによつて大正八年四月二十五日午後八時半着の急行列車で入京した、梅優は鼠青の中折に天鵞絨の襟の附いた外套へレースの襟巻をし、銀ののついた洋杖を持ち、左の指には婚約指環を光らせてゐた。其の容貌は支那人には珍しい色の白い如何にも愛嬌のある若人であるが、彼の道楽は鳩と朝顔、音楽に時代<>、舞踊、脚本創作等に趣味を持つてゐるといふ事である。帝国劇場に現はれたのは五月一日からであつたが、その艶麗なる容姿と嬋娟たる妙技とは満都の人気を聚めた。写真は宿所帝国ホテルに於ける梅夫妻と一は将に舞台に出でんとして「天女散花」の天女に扮せる(左)並べるは姚玉芙である。
コメント

『支那劇と梅蘭芳』 村田烏江 (1919.5)

2011年04月26日 | 梅蘭芳 1
 函〔ブログ掲載の写真〕には、「支那劇と梅蘭芳」とある。奥付には、「大正八年 〔一九一九年〕 五月一日発行 著者 村田烏江 発行者 長谷川巳之吉 発行所 玄文社」などとある。19.1センチ、147頁。
 題辞(馮耿光※、羅惇 、大倉喜八郎、龍居三)、序(梁士詒、李宣倜、聴花散人〔辻聴花〕、烏江散人)、目次、写真、本文、奥付、玄文社発行書目。

目次 〔部分〕

 ・梅蘭芳小史
 ・支那劇梗概
 ・支那劇の見方
 ・劇中の梅蘭芳
 ・梅郎評
 ・重なる脚本筋書

   ■黛玉葬花 ■天女散花 ■嫦娥奔月 ■遊園驚夢 ■晴\x{96ef}撕扇 ■尼姑思凡 ■御碑亭 ■佳期拷紅 ■貴妃酔酒 ■春香鬧学 ■女起解 ■玉堂春 ■武家坡 ■汾河湾 ■遊瀧戯鳳 ■金山寺 ■虹霓関 ■奇雙会 ■琴桃 ■木蘭従 ■宇宙瘋

 ・梅郎雑話
 ・名曲原本

   黛玉葬花 五幕
   嫦娥奔月 九幕
   天女散花 四幕

 ・詠梅集

 口絵写真は、以下の21枚である。

 ・梅蘭芳
 ・木蘭従軍
 ・晴雯撕扇 一名千金一笑 4種
  
   

 ・御碑亭
 ・貴妃酔酒 一名百花亭
 ・遊園驚夢
 ・琴挑
 ・麻姑献寿 2種
 ・虹霓関
 ・游龍戯鳳 一名梅龍鎮
 ・天女散花 4種
 ・青衣 3種

 ※ 馮耿光は、日本の成城学校を明治三十四年三月に、陸軍士官学校を明治三十五年〔一九〇二年〕十一月に、それぞれ卒業している。
コメント