中野系

この銀河系の中心、中野で考えること

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ランド・オブ・ザ・デッド

2005年09月10日 | 映画
基本的にホラー映画は好きでないのけれど、唯一の例外が「ゾンビ」もの。この類の映画には当然ながら「むしゃむしゃ」シーンが付きものだが、それ自体が好きなわけではない。不気味な存在にじわじわと追われ、小さな世界に閉じこもる閉塞的な状況。たぶん、この部分が好きなのだ。ホラー、というよりはSF的な部分に惹かれている。

ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ DAWN OF THE DEAD」(78年)が個人的にゾンビ映画で最も好きな作品。この映画はまさに上記のようなパターンの典型、街中に溢れたゾンビから逃れたメンバーが、アメリカの典型的なショッピングモールに閉じこもってなんとか生き延びようと努力する話。最近あらためてDVDを借りてみたが、いまみても充分に楽しい。

さて、今回のランド・オブ・ザ・デッド。このゾンビ界(どんな世界だ)の大御所、ロメロ監督の最新作ということでゾンビファンからはかなり熱い注目をあつめている。上記「ゾンビ」の続編ということにはなるが、直接的にストーリー、人物が絡んでいるわけではない。

すでにゾンビにより壊滅的な状況に至った人類が、河に囲まれた要塞都市に立て篭もり、そこではカウフマン(デニス・ホッパー)という支配者を中心とした、貧富の差激しい、人類の「残り火」のような社会が成立している。そして当然ながらこの閉じられた社会へも徐々にゾンビが侵食していく、というのが話の概要。

基本的にロメロ監督のゾンビシリーズには文明批判が織り込まれ、それが他のゾンビシリーズと一線を画している、ということになっている。78年版ゾンビでは「ショッピングモール」というのが「消費文明社会」の象徴であるし、今回の要塞都市は自閉的な今のアメリカ、という解釈も充分に可能だろう。

ただ、難しいことを抜きに今回の映画を語ると、このようなテーマは「どうでもよいので」もう少し、ゾンビものとしての基本を充実させてほしかったところ。せっかく強固な要塞都市という面白い状況設定をしたのだから、この中での平穏な生活と、それが徐々に侵食され崩壊してく様をじっくりと描いて欲しかったのだ。金と権力に固執する支配者の描写を入れてしまったばかりに、この辺が非常に薄くなってしまった、というのが個人的な感想。

今回の映画においてはゾンビ達が徐々に学習能力を持ち、組織化し始めるという新機軸もあるのだけれど、この設定はなくても良かったと思う。ゾンビは人の姿をしていながら人にあらず。この状態で常にうろうろしているのが良いのだ。

「わっ」っと驚くシーンはたっぷりあるし、残酷なシーンが好きな人には充分に「むしゃむしゃ」も用意されている。にもかかわらず、ホラーとしても、ゾンビとしても微妙に中途半端な映画になってしまった、という気がした。

★★☆

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 山水苑 | トップ | 浮動票を見た »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とも)
2005-09-11 19:52:01
はじめまして☆

TBありがとうございました。

映画にたいするこだわりを感じます(≧Д≦)

わたしチャランポランなので…笑

でも私も映画が大好きです
確かに・・・ (旅人)
2005-09-11 20:37:39
初めまして。

TBありがとうございます。



確かに今回は期待してしまってたからか

中途半端な感じでしたよね。

どうもホラー映画としての

怖さというかドキドキ感が少ない。

いや、苦手な人にとってはいくらでも

怖いところはあるしドキドキする部分も

あるだろうけど、

慣れてるものはどうにもこうにも・・・



って、ホラー映画に慣れてる女ってヤバイ?
「わっ」と驚きまくりでした。 (ルナ)
2005-09-11 22:28:56
TBありがとうございました。

「DAWN OF the DEAD」は最近リメイクされましたよね。

あの方が、ずっと怖かったです。

今まで一緒に仲間になった人達が、徐々にゾンビ化していく恐怖。

精神的にはそっちの方がきますから…。

バンバンゾンビを撃つだけなら、ゲームみたいだし。



やたらゾンビが人間っぽく描かれていたので「アレ?」という感じで、そのせいかな、怖さはあまりなかったですね。

びっくりシーンばかりで、座席から飛び上がりっぱなしでしたが。

Unknown (ザンディグ君)
2005-09-11 23:16:44
TBありがとうございました。

まあ怖くはないです(笑)ゾンビ映画を期待して見ると中途半端に感じるかもしれませんが、これは一種のヒロイックファンタジーのようなもので、ゾンビ社会というのを世界観とテーマを表現するための手法と捉えれば納得して見れるような気がします。

閉塞感とか恐怖感といったものは、過去作品や他の人の作品で十分表現されていますので、今回は新しいものに挑戦したロメロの心意気を評価したい気分です。全体にこの映画が自分の好みだったせいもありますが。
TBありがとうございます (king42)
2005-09-12 00:40:03
はじめまして

ゾンビ映画が最近よく公開されますが、その中ではさすが元祖!て感じでした。

たしかにロメロ御大のパワーダウンは否めませんが・・・ま、諦めてたロメロゾンビ映画が復活て事で良しとしましょう!
ホラーと一線を画す (ぽたます)
2005-09-12 00:58:09
TBありがとうございました。

確かにホラーとして観ると中途半端ではありますが、今回ゾンビの視点から捕えるような場面もあり、ゾンビの方に感情移入してしまいます。こんな特異な作品は元祖のロメロ監督だからこそ許される気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事