桜さくらに歌われて/お箏三弦日記

皆さまこんにちは。しがない箏三弦の師匠のブログでございます。どうぞごゆっくりおくつろぎ下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

珍しい白露草

2019-05-22 13:56:03 | 日記
某海岸端で群生していました。
コメント

手紙

2019-05-22 03:37:48 | 日記
日曜日の40周年コンサートの、感想を書いた手紙を、部長が私の所まで持って来てくれました。あの日来てくれた部員数十人の手紙です。
なんて嬉しい、感激です。宝物です。

部長はそれを私に手渡してくれる時、
「先生の演奏も凄かったけれど、先生の生き方に感動しました。」
と言いました。

え。中学生がそんな事言う。(@@)

中学校の先生がおっしゃるには、
「思ったより皆、心で聴いていたようです。」

子供達の意見で一番多かったのは、
「先生は部活の時は滅多に弾かないけど…」
でした。(^^) はい。滅多に弾きません。弾きに入ると全体が聴けないから。

「先生みたいに強く生きて行きたいです。」
と書いた子もいました。子供ってどこを見てそんなに感じるのか不思議です。
それとして、そう書いたその子には、
「いいえ、あなたは少し大人に甘えなさい。殻を捨てて大人に頼る。今で充分強いから、それ以上強くならなくてよろしい。」
とメッセージを返したい。このブログを読んでるかもしれません。女は若い時から強さを求めたら幸せ遠ざけてもいけませんし。

後、
「思いのある演奏は聴く側に伝わるという事を学びました。」
という感想には、私も心打たれた気がします。

皆最後には
「私も頑張ります。」
と書いてありました。
良い影響を与えられたのだったら良かったです。
素敵な手紙をありがとう。宝物です。棺桶グッズに入れます。あの世まで持って行く。私の師匠に見せます。ありがとう。m(__)m
コメント

手紙

2019-05-22 03:30:47 | 日記
日曜日の40周年コンサートの、感想を書いた手紙を、部長が私の所まで持って来てくれました。あの日来てくれた部員数十人の手紙です。
なんて嬉しい、感激です。宝物です。

部長はそれを私に手渡してくれる時、
「先生の演奏も凄かったけれど、先生の生き方に感動しました。」
と言いました。

え。中学生がそんな事言う。(@@)

中学校の先生がおっしゃるには、
「思ったより皆、心で聴いていたようです。」

子供達の意見で一番多かったのは、
「先生は部活の時は滅多に弾かないけど…」
でした。(^^) はい。滅多に弾きません。弾きに入ると全体が聴けないから。

「先生みたいに強く生きて行きたいです。」
と書いた子もいました。子供ってどこを見てそんなに感じるのか不思議です。
それとして、そう書いたその子には、
「いいえ、あなたは少し大人に甘えなさい。殻を捨てて大人に頼る。今で充分強いから、それ以上強くならなくてよろしい。」
とメッセージを返したい。このブログを読んでるかもしれません。女は若い時から強さを求めたら幸せ遠ざけてもいけませんし。

後、
「思いのある演奏は聴く側に伝わるという事を学びました。」
という感想には、私も心打たれた気がします。

皆最後には
「私も頑張ります。」
と書いてありました。
良い影響を与えられたのだったら良かったです。
素敵な手紙をありがとう。宝物です。棺桶グッズに入れます。あの世まで持って行く。私の師匠に見せます。ありがとう。m(__)m
コメント

開軒40周年記念コンサート

2019-05-21 03:29:43 | 日記
一昨日19日に致しました。
120%の入りで、客席を増やしました。ありがとうございます。

写真を皆様からラインで頂いたのですが、ここに載せる方法がわからないので、近々身近な誰かに教えてもらって、写真アップします。

この度は皆々様に多大なご協力ご支援頂き、皆様のお力で成功致しました。自分一人では何も出来ません。周囲のおかげである事を痛感する1日でした。この感激を忘れないで、大切に心に残しておきたいです。

曲は、ぎりぎりまで迷いました。弾きたい曲が多くて悩みました。結果、下記になりました。

白木蓮
未来へ
華の章
うたた寝に
五段砧
譚歌

思わぬ発見もありました。
亡き華道の先生がよくおっしゃっていたのが、
「とにかく動きなさい。動けば目的以上のものが得られるから。」

本当に今回もそうでした。
自分自身の軌跡として開催したコンサートでしたが、弟子らが喜んでくれて、なおやる気が起きたようです。まさに目的以上のものがありました。やはり弟子には、師匠の弾く姿は見せておかねばならないな、と思いました。

また、弟子も客席も「涙が出た」と言って下さる方が何人かいらして、またその曲が人によって違うのも、嬉しい発見でした。ちなみに、アンコールの「この道」、「うたた寝に」、「未来へ」、私のトークで泣けた、という人もいました。それぞれなのですね。

入りは良かったと言っても、キャパは100人位の小さな会場です。私にはチケットを売りさばいてくれる後ろ楯がないから、すべてこの40年のおかげの人脈のみでした。これが私の精一杯。
でもそれだけに客席はとてもあたたかく、義理でみえてる方は少なく、どなたも聴きたくて来て下さってる実感があったので、それが本当に有難いと思い、感謝しています。

拍手は客席の思いが伝わるものと思います。それが感じられました。拍手のあたたかさにちょっと涙が出そうになる時もありました。
余談ですが、私の一押しのさるプロが、
「桜さんの拍手は聞こえる。」
と以前おっしゃいました。演奏者の思いが客席に伝わるように、客席の気持ちも舞台にはわかるものです。本番というのは、この空気が醍醐味かと思います。

40年は節目ですが、ゴールでもスタートでもなく、プロセスです。これからだと思っています。これまで走り続けた事を礎に、一層精進します。これが私の進む道、私は私の道を行きます。

関係者の皆様、ご来場頂いた皆様、心から感謝致します。ありがとうございました。m(__)m

あの会場良かったです。私はあの会場でソロを弾いたのは初めてでしたが、良かったです。当地同業の皆様、あの会場はおすすめです。(^_^)
コメント

新入門者来たる。

2019-05-21 02:04:35 | 日記
一昨日開軒40周年コンサートをしました。
それにご来場下さった方が入門されたいという事で、ご連絡頂き、早速昨日面会、来月から来られます。
久しぶりの成人の方です。

今年は4月に続いて今月の新人、嬉しいです。(^_^)
コメント