桜さくらに歌われて/お箏三弦日記

皆さまこんにちは。しがない箏三弦の師匠のブログでございます。どうぞごゆっくりおくつろぎ下さい。

三千世界の~

2018-04-17 13:01:55 | 日記
幕末、高杉晋作が愛好した小唄の名作です。

三千世界の烏を殺し ぬしと朝寝がしてみたい

時折り頭に浮かびます。

日本の音楽って、人間味あふれる、たったこれだけの言葉であらゆる事を表現し、情景も浮かぶ、なんて素敵なんでしょう。(^_^)酔う。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大先輩が筍掘り… | トップ | メジャーになる!?今野玲央 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事