シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  ナタリー先生との お別れ会 フランスレストラン ル・プティ・ブドン

2020年02月11日 16時47分18秒 | Weblog


2月10日 月曜日 ナタリー先生が ご主人と二月末に帰国するので
最後のレッスンでした。 
ナタリーさんの自宅に18時半に伺いました。
あー
この長い フランス語の個人レッスンも 今夜が最後なのだわー
と思っただけで
もう 既に感傷的になっている私は 本来ならば JR山手線で原宿で降りて徒歩8分位歩く
道程なのに
なんとなんと 間違えて
渋谷から銀座線に乗ってしまい 外苑前で降りて
25分も歩かなければならなかったです。

ナタリーさんのマンションは ご主人の努める会社が借りているので
外人向けの マンションで
このマンション に通い始めたころは
外車ばかりの駐車場に マイカーを停めさせていただいて通っていました。

なにもかも ノスタルジーです。たった 四年間のことなのに
週に二度 通った時もあり
私にとっては 定期的に通う 学びと笑いの場所でした。

レッスンの後 御主人とリリをレストランに招待する・・・と言われていたのですが
お部屋に入ってから
ナタリーさんも 私も すっかり涙が止まらなくなってしまい・・・・
ご主人が帰宅してシャンパンを開けてくださり
そして 皆でタクシーで代官山まで出かけました。
 
ナタリー夫妻が一番東京で好きで通ったという
フランスレストランへ 連れて行っていただいたのに

ナタリーさんと私の涙もろさ はお揃い。

私は 涙をこぼさない努力をすると 脳が痛くなり こめかみが
しびれてきます。
なので 涙と 鼻を垂らしながら 笑い 喋り
食べ続けました。

LE PETIT BEDON というビストロ ですが かなり広く
オーナーは フランス人で 何件も東京に展開しているようで
この度の
代官山 ヒルサイドテラス地下のお店は
息子さんが仕切っています。 バイリンガルで
フランス語で応対してくださいますので フランスに居るような感じでした。

ナタリーさん夫妻は ここに リリを招待したのは
この先 このお店を使ってほしいから・・・とのこともある
と おっしゃいました。
フランスに居る気持ちにさせてくれる 味も量も値段も すべて 納得感があり
フランス人が愛する店だわぁーーフランス的雰囲気が感じられて
シャンソン仲間達には うってつけ。
いつか 皆さんと一緒に ここに来なくては・・・と
お客様担当を引継がなくては・・・と 律義な気持ちになりました。 
フランス語と 日本語を話す
ウエイター パトロン
なのに

みなさん日本語も流暢でした。 

長い時間 ナタリーさんと ご主人と三人で 色々なお話をして
いよいよ お別れの時が来て
また 泣きながら ナタリーさんと抱きしめ合って AU REVOIR

C`EST LA VIE セラヴィ と 二人で異口同音
人生って そんなもの

出会いという縁 そして 別れ
いつか また 会えるかも・・・
そういう 不思議な運命を沢山経験しているのに
やはり
別れは 毎度哀しいものです。

私が 自信もって言えるのは 自分の年齢は忘れて
私はナタリーさんにとって
とても とても誠実で 真面目な 律義な生徒でした。
ナタリーさんは 格別にシャンソン好きでした。
なので 帰国前に私の ヤマハスタジオでのリサイタルにいらして
特別急に感動していらっしゃいました。

40曲の記憶力 と ナタリーさん命令で受験したフランス語試験の時の記憶力を
絶賛されていました。
私は 大学生 高校生のごとく 生徒として 達成感がありました。 

自分が64才だという事を忘れていました。
こんな加齢して 無理だと思う・・・・と 幾度もナタリーさんに訴えたのですが
同情は一度もしてくれず
リリなら出来る・・・・としか おっしゃらず 厳しくて難しくて逃げ出したいと
感じながらも 前向気持ちのまま四年が過ぎて・・・・・・・

今は 自分の年齢が64才とは 思えず なんだか
涙を流して 別れの痛みを感じている私は 18才の乙女に感じました。

勉強する意欲を この年齢で教えてくれ 奮い立たせてくださり
ただただ 感謝です。 
昨晩は 悲しくて 睡眠薬を飲んで寝ました。

私の記憶力や体力は とても強いのに
私の心は 弱くてもろくて メンタルが崩れやすい
ので・・・・・
もう少し 心も強くなりたいです。
なので
ヨガで 瞑想して 精神を鍛えたいと願っています。

人生は 出会いと別れの繰り返し。
切ないです。 涙ばかリが流れます。感謝の涙です。
この記事についてブログを書く
« シャンソン歌手リリ・レイLIL... | トップ | シャンソン歌手リリ・レイLIL... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事