シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 七月七日のパリ祭を終え そして7月14日フランス革命記念日に向かう

2019年07月10日 03時16分47秒 | Weblog
今年のNHKホールの アズナブールのオマージュのパリ祭は
いらした方から 評判がよく
映像が 映画みたいで良かった・・陰影を感じられて
フランス的な雰囲気があったとのことです

私は 楽屋で着替えも多く
パリ祭の 演奏舞台のゲネプロも 本番も
見れず聞けず・・・

楽屋のテレビや 廊下のテレビで ちらちら
拝観しただけですので
全体すべてを 見れていないのが残念です。

ゲストの歌手の皆様たちが
それぞれの個性だった様子で
宝塚スタイル ミュージカルスタイル 演歌スタイル
歌謡曲スタイルなどなど
濃い個性的な味で シャンソンを愛する思い入れの歌唱と
衣装とパフォーマンスで
楽しませてくださった・・と いらして下さった方々から
伺いました。

パリ祭翌日の月曜日は オフデーにしておいて良かったです。
洗濯物が大量でした。
舞台衣装が三着
楽屋着や 着替えなど すべてドロドロ
ちょっとした 小旅行から帰ってきたみたいな感じ
です。
NHKホール地下二階の広い楽屋で
ずーっと 丸一日朝九時から夜九時半まで居続けて
緊張もしていたし
食事が 二回お弁当だつたり
日常と違う 宇宙に行ってきたみたいな自分の心身でしたので
自宅が幸せ・・・

ごろごろ 丸一日 どこにも出かけず
自分の食べたいものを自炊して
のんびり過ごしました。

舞台の前の 頭上の暗い雲は消え去りました。
舞台前の ミニ鬱は消えました。
次の コンサートの曲を練習しなくてはならないし
内幸町ホールのフランス語シャンソンの訳詩も
分かり易く 仕上げるために
校正を重ねたり・・・
舞台後の気落ちとかしている場合ではない・・・

その忙しさや重責が有難いです。が
月曜日は 何もする気が起きず
眠くて・・・

そして火曜日は 寒い寒い・・・変な七月。
うすら寒く感じます。
家中掃除して モップで拭き掃除して
やっと 自分ら戻れました。
内幸町ホールの為の
シャンソン稽古に燃え始める気持ちになれました。

さあー 今年の内幸町ホールコンサート第一回目は
フランス革命記念日と 重なり
たまたまの偶然ですが
嬉しいですね。

フランスを愛するということは
理想であるかもしれませんが
自由 平等 友愛のフランス革命の思想を
愛するという事ですからねぇ

そして その思想がふんだんに込められた
フランスの芸術のシャンソン
なのですから 
今年は私は パリにちなんだシャンソンを選びました。

パリ祭  いつの日にかパリへ
パリ野郎を 歌う準備をしてきました。

お弟子さん達も とても フランス語発音が上達して
脚韻の美しい音と リズム感が
フランス的になり
先生の私としては 一番後ろの席で拝観 拝聴するのが
癒しで 楽しみです。

日本では なかなか フランス語でシャンソンを
聞かせてくださる人たちが居ないもの。

自分の歌唱に関しては 特別に心配性ですが
生徒さん達に対しては 安心しています。
皆さん ツワモノ
人生の達人は 舞台も達人級

私は幸せ者です。お弟子さん達の向学心と向上心の清らかな魂に
救われています。
なので 私も頑張ります。


 
この記事についてブログを書く
« シャンソン歌手リリ・レイLIL... | トップ | シャンソン歌手リリ・レイLIL... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事