やまんばの庭

ド田舎のドへき地の、まるでこんな所に日本人・・・みたいな環境の中でのお花との生活、
ありのままの暮しの日記です。

まだ、頑張ってますよォ~

2021-11-20 09:58:12 | ガーデニング
人気ブログランキング

今朝も、庭徘徊しながら・・・
ブログのネタ花を、探していたけど・・・
ぜんぜん・・・
まったく・・・
見つからなかったので・・・ (あるはず無いんだけどねぇ…)

家まで戻ったら・・・
ベランダの下で・・・
朝顔が・・・

「まだ、頑張ってますよォ~」

と・・・
言うかの様に・・・
数輪咲いていたので・・・
「よしよし、これを今日の、ネタ花に・・・♪」
ってね・・・
撮って見ましたんですが・・・↑

ここんとこ・・・
霜も降りるようになったので・・・
本来の青い色は、ピンク色に変色しているけど・・・
でも、晩秋の、朝顔、こんな色も、なかなかでしょう?



で・・・
「まだ、頑張ってますよォ~」
って、言えば・・・

わたスもね・・・
石垣を綺麗にしようと、まだ、頑張っていまして・・・

昨日は・・・
やっと、「太神楽」の椿の辺りまで、済ませることが出来たので・・・
わたスの、ヤル気温存と、記録を兼ねて、UPしときます。↓




本当に・・・
やまのうえは、朝晩、寒くなりました。
お花は、無くなって、落葉樹の葉っぱも、ほぼ落ちて・・・
寂しい庭に、なりました。↓





庭を歩けば・・・
そこかしこで、勝手に育った、「ヤブコウジ」の実だけが・・・
とっても、目立つようになりました。↓





さてさて・・・
今日も、やまのうえは、イイ天気になりそうなので・・・↓




わたス・・・
今日も、石垣の続きを遣りたいけど・・・

でも・・・
今日は、母をお風呂に入れて・・・
ストマパウチの交換して・・・

それ・・・
朝は寒いので、暖かくなってからじゃないと、母は、嫌がるので・・・
自分のペースって、訳には、行かない・・・

それは、介護なので、仕方ないけど・・・

なんかねぇ・・・
やっぱしね・・・
自分の人生は、こんな事で、終わるのかなぁ・・・
と・・・
思う時もありますんですよ・・・

まぁね・・・
それは、母のせいでも、誰のせいでもない・・・
母の介護は・・・
誰に頼まれた訳でも無くって・・・
よくよく思えば・・・
自分が、勝手にやりだした事・・・

自分が選んだ道・・・
なんだよねぇ・・・


わたスの時代は・・・
昔からの風習で・・・
子供が親の老後の面倒を看る為に、同居して・・・
家を継いでいく・・・

我が家も、それが当たり前の事で・・・
しかも・・・
わたスは、養子とり娘なので・・・

皆さん、わたスに、必ず、仰る言葉は・・・
「お母さんの介護、大変だね。でも、自分の親だから、お嫁さんじゃないから、イイよね。」

わたスの姉は・・・
わたスが、チョット、愚痴を言い出すと・・・
いっつも、必ず、ピシャ!と、言います。
「あんたは、お嫁に行った事が無いから、分からないけど、娘は気楽でイイよ、嫁は、もっと大変なんだよ!」

地域の方も、わたスに、言われます。
「あんたは、娘だからイイよ、本当の親だから。遣っても当たり前、嫁は、そんな事は、やれないよ。」

わたス・・・
母の介護をしてることを、自慢して話した事も無いのに・・・
「あんたは、本当の娘だから、イイよ」
って・・・
必ず、言われます。


そりゃね・・・
お嫁さんには、お嫁さんの辛さがあるかもしれんけど・・・

娘だって・・・
娘にだって・・・
本当の娘だからこそ味わう、辛さがあるんだけどねぇ・・・
でも・・・
それは、自分の本当の親だから、他人様には、言えない・・・
情けないことがあっても、他人様には、グチれない・・・

分かって貰えない・・・

だから・・・
ブログって、イイねっ!
こんな事書いて、グチれるもんねっ!
(ノ´∀`*) アハハハ…  (失礼いたしました🙇)


今日も、最後まで、見て下って、ありがとうございました。(感謝)
人気ブログランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 吸い込まれそうな、癒し色 | トップ | ヒェッ!な、何ぃ? »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言葉が・・・ (アナザン・スター)
2021-11-20 11:08:52
やまんばさん、両親は父が養子でした。
母娘であるからこその、仲たがいも眼にし聴いております。
わたくしは嫁の立場ですが、その両方を知っています。
何処の家庭でも、今昔なしにして小さなことは絶えません。
皆さんではないけれども、日々葛藤の方も多いでしょうとは承知しています。
介護施設に勤務していましたから、そういった他人との関りも存じております。

一概に、こうであるとか、どうたらにはその方の気持ちへの配慮は言葉だけです。

分かり過ぎる程ですが、愚痴ってもいいですからブログを止めないで、庭の徘徊も続けて下さいませ。

遠くからですが、やまんばさんの心が少しでも安寧になられることを祈っております。
Unknown (モッコウバラ)
2021-11-20 12:51:21
こんにちは、やまんばさん。
危険な場所での作業をずっと頑張っていますね。
自分の住んでいる家の周りを綺麗にしたい気持ち分かります。
怠け者じゃないやまんばさんなので危険と知りながらやらざるを得ない作業ですよね。
旦那様もう少しよくやったと褒めてくれてもよさそうですね。
『体痛いのにお前あまり無理するなよ』ってね
私がお仕置きしときます。ペンペン"(-""-)"

娘さんだからいいよね・・・・そうね言っちゃいますね。
私なら思いはしますが言葉には出しませんです。
友が跡取り娘で大変だと知っているからです。
どっちにもいいとこ辛いとこ色々ですね。

私は嫁ですが周りの人からもあのお姑さんでは大変でしょうとずっと言われてきました。
だからかえって我慢できたのかもしれません。

嫁って肉体的な辛さより精神的な辛さが多かったと思いました。
肉体的にきつくても心が許されて優しい言葉駆けられたら我慢できるのにって
嫁ぎ先には自分の居場所がないのです。安心して寛げる場所がね。
常になにか言われるのではとびくびくしていました。
炬燵にゴロンと横になったことがありません。嫁がそんなことしたらたちまち𠮟られるか実家の母の躾の無さを言われるからです。
布団に入って眠るときだけでした手足伸ばしてくつろげるのは・・・💦
ずっと姑が亡くなるまでそれは続きました。
でもあくまで私の場合です。
優しいお姑さんに当たった人もいます。お姑さんが好きだわっていう友も居ましたよ。
だからそれぞれです。そこが終の棲家と思ってじっと耐えてきましたしお姑さんがなくなってからは自由を味わいました。
お姑さんがいる時は自分の家ではなかったです。自分の家を綺麗になんて思いませんでした。
あくまでお姑さんに𠮟られないようにお掃除もしました。
でも望んでお婿さん取りになったわけでもないですし嫁に入るのもその時代そうするものと思って仕方なかったです。
それぞれの苦労は選べないですよね。
お婿さん取の友は女なら嫁なら我慢できることも婿さんは我慢できないのでお婿さんの気持ちになって気を遣わなければならないことが大変だといっていいました。
両親に気を遣いお婿さんの旦那さんに気を遣いとても疲れるといっていました。
そういう苦労は嫁いだ嫁にはない苦労だなって思っていました。
やまんばさんきっと周りからは娘だからいいねって言われ続けることでしょう・・・・仕方ないよ。
幸せに見えるんでしょうから
娘に世話されている母親はやっぱり身ぎれいだねって言われたらそれはやまんばさんがきちんとお世話している証です。褒めている方もいっぱいおられると思います。
愚痴もいいんじゃないですか。自分のブログですも日記に気持ちを発散させてスッキリして前に進められるんですから。
やまんばさんがどんなこと書かれてもそれで気持ちの切り替えになるのなら日記ブログ活用すべしですね。
Unknown (yamautisora)
2021-11-20 16:41:52
毎日お疲れ様です。
一日一日を大事にして過ごしして下さいね。
私ごとですが叔母101才コロナ下で面会に来ないでと言われていて先日最期に息のある内にと夫を連れて面会 夫の叔母なのでその日の内に亡くなりもっと面会に行ってやれば良かったと後悔してます

今に思っても遅いのですが 後悔してます。
やまんばさんはお元気そうですから毎日庭に出て草花達と話して猫ちゃんにも話を聞いてもらって日々過ごして下いな。
Unknown (chibira)
2021-11-20 17:29:53
やまんばさん…ここでは溜め込まないで
一杯一杯 愚痴っちゃって下さい。
人それぞれに抱えるものは違いますが、
御縁があって出合えた私達…
お互い様に愚痴り合い少しでも
気持ちが軽くなる一瞬でも
あるならば…何よりだと私は
思います!
寒さに負けずに咲く朝顔も
私達に何かを教えてくれている
みたいでホッコリしますねぇ。
Unknown (九輪草)
2021-11-21 01:53:33
自由な時間はないし、日々老いていく親たちの姿に哀しみと重苦しさ、、、介護って言うまでもなく辛いですよね、
実の娘だから 当然という時代でも無くなっていますし。
これで 自分の人生終わりかなあ、、なんて 私もよく思いました。

支えてくれたのは 共に看た弟、ケアマネさん、訪問看護士さん、介護のブログでした。

やまんばさん 愚痴って ほんの少しでも楽になってくださいね。

大変だけど 自由になれてしまった時、こんなに自由で良いかな? と思う時があります。でも 同時に 少しは、私頑張ったから良いよね😃と 空を見上げます。😃介護を やらせてもらえて良かった と本当に感じています

頑張っている やまんばさんを このblogのファンの方々は 応援していると思います😃
ただ お母さんの為にも頑張り過ぎないで 上手く 介護保険を使って下さいね 。
跡取り娘 (dogdali)
2021-11-21 07:30:34
貴女だけじゃなく私もその一人ですよ。母娘、色々ありますけど、最晩年になってきますと、戦友のような関係になって親の勝手も容認できるようになりました。私ブログはぶちまけ袋として活用しています。納めればそれこころが穏やかなり。前進です。
いずれ其のうち自分にも降りかかってくる現実を身近に見られラッキーとしましょうね。皆さん、皆同じような思いをさrているはずです。言うか言わないかの問題で吐き出すツールがあることはラッキー!
ボチボチゆっくり健康に留意されてくださいね。見てますよ。
Unknown (犬も猫も好きな末っ子育ちのアンの心友ダイアナ)
2021-11-21 19:41:57
嫁と娘の違いは確かに有りますよね。私も、嫁ですから、嫁の辛さが有りますねー。何年同じ家に暮らして自分なりに気遣いをしてしてきても、他人なんだなぁと、悲しくなる言葉を浴びせられて。弱い立場になってしまった嫁を更に痛めつけようと、ほんとに人でなしだって。心配かけられないから、実家の母や兄や姉には言えず、夫にも言えず。娘はその内容を知っているのに、私の敵になり、姑とベッタリになっています。娘だからいいとは限ならない、という展開も、有るんですよぉ。
Unknown (犬も猫も好きな末っ子育ちのアンの心友ダイアナ)
2021-11-21 19:58:04
以前お声掛けてイタダイタ、モッコウバラさんに、お返事させてください。あれ、頂いたが、カタカナに。改めて、頂いたお言葉にお返事させて下さいね。まだまださびしさを感じながらですが、ペットロスによる体調不良とかもなく、何とか毎日をこなせています。お声を掛けて頂いた事、とても嬉しかったです。心友のアンに、話したのですが、アンも、一緒に、感激していました🎵本当にありがとうございました。山姥さんのブログに、ご縁があってほんとに救われています。感謝申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング」カテゴリの最新記事