見出し画像

水仙

能勢町に銀寄栗の木を植えました

能勢町に栗の木を植えようと今日はホームセンターに寄って栗の木を買いました。

栗の木は私が実家の母から相続した土地を畑に貸してあった人が植えたのがあるのですが、昨年実った栗を見るとあまり大きな栗ではありませんでした。

ですから、
大阪のてっぺんで栗を楽しむ 能勢といえば銀寄 狙え3L

大阪のてっぺんで栗を楽しむ 能勢といえば銀寄 狙え3L

秋の果物”栗” 能勢の栗、銀寄を発祥の地で堪能してください。大粒でコロコロパンパンの丸い栗です。大阪のてっぺんと呼ばれる能勢での楽しみをご紹介しています。今回は栗...

I CAN GO

能勢名産の銀寄の木を植えることにしました。

それで、いま夫が楽しみで小屋を建てている土地に新たに栗の木を植えることにしたのです。

その前に母にもらった土地の栗の木の様子を見に行きました。



この栗の木は、昨年孫が栗拾ひしたいと言うから、この栗の木の栗をとらないでくださいと張り紙をしておいたら、この木を植えた人が、「これは私の植えた木だ」と怒ってきたから、夫は一万円を払いました。

私達は、能勢には自生する栗の木も多いから自生した栗の木だと思っていたから驚きましたが…。
また、長年無料で畑にお貸ししていたのに、こんな言いがかりは変だとも思いましたが、植えた人が自分の木だと主張すれば、払わざるをえません。払わなければ喧嘩になりますからね。

法律的にはどうなるんでしょうね。


が、この土地の草刈りとかもしてくれているようだから、管理料と思うことにしました。


それから小屋を建てている土地に戻ってきて下の道路から夫が栗の木を植えている姿を遠望して、

ついでに、まだ咲いているサルスベリも撮影。
 

夫の建てかけている小屋も撮影して、




その後、階段を上がったところに鹿の糞を見つけました↓


このぶんだと、栗の木を植えてもすぐに葉を食べられてしまいます。

だから栗の木を植えたら柵で囲う必要があります。

夫が植えた銀寄栗の木二本。






それから地下駐車場の上に大阪のマンション時代の近所の人達に手伝ってもらって作った畑です。




この鹿よけの柵↑は夫が、先日作ったのだそう。


大阪のマンション時代の友人達が淀川河川敷から運んできてくれた枯れ草を鋤き込んで、畝を作ってくれています。

夫の植えた馬鈴薯が芽を出していました。

が、水やりにこれないから、きちんと育つかどうか?

日差しが強くなってきたから私は小屋に避難。


小屋に作りかけているロフト↓



夫は、ここを寝間にするのだそう。

私の座っている前の部分は台所にするのだそう。

右手のトイレと、その奥のお風呂は、取り壊した、前の小屋のをそのまま活用するそうです。



お昼になったから近くのスーパーボックスで適当なものを見繕ってお昼ごはんにします。

前も書きましたが、このスーパーは、喫茶店だった場所を使わせていただけるから、わざわざレストランに出向かなくても食事場所に利用できます。

昼食後また山に戻ってきて、車は日の当たらないところに置いてもらいました。

腰痛の私は今は大木となった樅の木下に椅子を置いて座ります。


夫は栗の木の柵を作る作業の続行です。

私は怠け者奥さんで手伝わなくてごめんなさい。

柿の木にも、

柿の実が生っていました。


が、渋柿なので食べられません。

干し柿にしたら良いのですが、こぶりな柿なので手間を厭って作ったことはありません。

が、食糧難になれば、そんなこと言っていられなくなるかもしれませんね。

★柿の木は勝手に生えて実をつけるしかし渋柿なれば鳥たちにやる

★栗の木を植えても鹿に食べられる栗の木の葉を守るために柵

★鹿の糞あちこち落ちてゐる能勢町セカンドハウスの小屋の周囲に

★過去びわの葉も食べつくされて枯れにけり実の生ることを楽しみゐしに

★神様の使ひと言はれる鹿なれど増えすぎ害獣となりて久しき

★ゐのししもゐる能勢町の山林に我らの小屋を建てむとしをり

★名物はボタン鍋なる能勢町のゐのしし駆除にぼたん鍋あり

★ハンターの減りて増えゆく鹿の害ジビエ料理で食ひて駆除せむ

★人間は命いただき生きるゆゑ殺生するとふ原罪のあり

★生きるため虐めも厭はずする人も苛められたる過去を持つらむ

★苛められ虐める人の苛められたるカタルシスになるなら我慢

★苛められ我慢のできる人つよし人を虐める人の数倍

★白を黒、黒を白とぞ言ひかへる術もつ人との闘ひは降る

★人間に食はれる鹿も猪もみな天国に行くべし死後は

★ウクライナ戦争で死ぬ人達もみな死後行かむ天国へ

★プーチンや金正恩は死後行けぬ天国とふ国いまは威張れど

★とりあへず廃材利用してできた鹿避け残し帰る川西




いつも応援ありがとうございます

goo blogユーザーが出品しています

他の出品作品をマルシェルで見る

コメント一覧

1948219suisen
@lemonwater2017 さんも頑張っていますね。

わが家も昨年築30年を越えた小屋を業者に頼まないで長男に手伝ってもらって解体しました。その後に夫は廃材を利用して新たな小屋を建てようとしていますが、平日は仕事もしているから、なかなか捗りません。が、楽しみでやっていると思えば、別に問題もないです。私は暑い間は行けなかったのですが、涼しくなったから従いて行ったりしています。家にいるよりも気分転換になりますから。家にいると煮詰まってしまうんです。

それにしても、転象さんのこところも、ずいぶん広いお家なのですね。昨今は、こうした広い家がお荷物になったりしますね。業者に頼むとべらぼうな支払いになったりしますから、皆さん自分でするんでしょうね。転象さんも頑張ってください。
lemonwater2017
私も今、リフォーム紛いの事をせっせとやってます。
ビコさんの旦那ほどには出来ませんが、色々とネットで勉強しながら、暇があれば自分一人でやるようにしてます。

ブログもいいんですが、こうしてネットから離れ、こうしたDIYに夢中になるのも、とても疲れるんですが気分転換にはなりますね。
結局、人間は自分の為だととても真剣になる。なんでも一生懸命にやるんですよ。新しい自分を発見したみたいで、不思議と清々しいです。

今は、田舎の古い空き家をただ同然で買取り、DIYでリフォームするのが流行ってますが、動画なんて見ると皆さん凄すぎる。
そういう私もノホホンとブログやってる暇もないんですが、これもまた息抜きという事で・・・

ビコさんも迷惑コメに気を取られるくらいなら、旦那さんのDIYを遠くから眺めるのも、最高のストレス発散にはなりますよね。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る