自然・宇宙・地球・旅から人生を顧みる

自然や宇宙、旅が好きな私のブログです。色々な体験など、日々の出来事について日記風に綴ってみます。

孫たち、帰る

2017年01月03日 17時20分38秒 | 日記・エッセイ・コラム

 29日の夕方やって来た娘と孫は、5泊6日のジジ・ババ家滞在を満喫して、本日福山駅8時59分発の上り「のぞみ」で帰って行った。三が日の最終日だが「初詣客で渋滞するかも?」と思い、7時半頃に家を出た。途中車の数は少なく、順調に流れ、8時前に福山駅北側に着いた。駅裏のJR敷地内の駐車場は満車に近く、入庫を待っている車の列が見えたので、民間の有料駐車場へ入れたがほとんど空いていた。時間が早かったので改札口近くの喫茶店で時間つぶしをして、20分くらい前に改札を通過した。一階の新幹線待合エリアの座席は一杯で立ったままで過ごしたが、キャリーバックなどを持った家族連れの多かったこと。10分くらい前になってホームへ移動したが、上り2番ホームは人で溢れていた。孫たちは「指定席」のチケットを購入していたが、それでもホームの指定号車前で並んで待つ始末。混雑を見越してか、駅員さんが通常よりも多く出ていたようで、電車が入る時、発車する時に点字ブロックより内側に入ると笛を吹いて注意されていた。

 時刻通りに8時58分に到着し、59分に発車したが、僅かこの一分間でホームで待っていた乗客は遅れることなく乗車した。日本のJRの凄さが分かる気がする。14号車4番D・E席に座った孫たちとの会話なんて今は出来ない。発車のベルとともに動き始めて、数秒で目の前から消えていった。手を振るのみの動作である。新幹線16両が見えなくなると、ホーム上にも人の数は数えるくらいしか残って居なかった。1月3日のこんな時間なのに、何と故郷を離れる人の多いこと。今日・明日がピークかも知れないが、自由席の乗車率などを聞くと、本当に「民族の大移動」かも知れない。

 昨夜、孫と一緒に風呂に入ったが、その時孫曰く「じいちゃん、夏もよろしくね」と。4月から中学生になるが、中学校の忙しさがまだ分かっていないのか、夏休みとともに福山へやってくるつもりでいる。来てくれる事はあり難いので、「どうぞ、今度は新幹線で一人で来るんだよ」と応えておいた。今、日も暮れつつあるが、ジジ・ババ二人になった我が家、実に静かである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年の初日 | トップ | 1月も8日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事