大阪城での四季のうつろい

相棒や友人たちとの日々の行動を記録するため、平成17年リタイア後ブログをはじめました。

大阪城梅園

2020年02月16日 | 風景
昨日、大阪城梅園へ相棒とともに、往復ともウオーキングで出かけました。
大阪城の現在はコロナウイルスのためでしょう、インバウンド客も少なく昔の大阪城に戻っていて日本語の会話が目立っていました。

梅園手前の高台からは、紅白に彩られた梅園が高層ビル群を背景に美しく望めました。
大阪城公園の梅は、大阪万博後に北野高校同窓会から22品種880本を寄贈されたことに始まり、現在では100品種1270本を超える梅の数となり、様々な種類の梅が楽しめるスポットとなっています。

梅園内から天守閣を入れた写真スポットは数か所ありますが、どこもにわかカメラマンがシャッターを切っていて私も負けずにパチリ。株もとに咲く水仙もまだよく咲いていました。
メジロが数羽飛来してきましたが落ち着きがなく、カメラに収める間もなくすぐにいなくなってしまいました。
一本の木に紅白の花が咲く「思いのまま」には、枝ごとだけではなく一つの花の花びらが紅白に分かれ咲いており、大輪の「武蔵野」にも出会うことができ、いずれも初めて見ました。

枝垂梅はこれからのようですので、いましばらくはかぐわしい香りとともに楽しめそうです。
この立派な梅園は入場無料ですので結構賑わっていました。
本日の歩数計、13090歩。





コメント   この記事についてブログを書く
« 第24回菜の花忌 | トップ | キジバト »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事