シニア塾 『悠々自適の極楽ライフ』

只今シニアライフ満喫中
  ゴルフに競馬にドライブ旅・・・生きてる限りは楽しまないと!
   

ゴルフ 「ホームコースに初雪・・・」

2013年11月20日 | Weblog

昨日ホームコースで「キャロウェイ・オープンコンペ」に参加

 

ゴルフ場に着くと駐車場の路面が濡れている?・・・下は晴れてたのに、雨が降ったの?

車からゴルフバッグを下ろしてくれたゴルフ場のおじさん「今朝、雪が降ったんよ!」ナヌ・・・・雪?!

 

どうやら今年は冬の訪れは早そうだ・・・でも、待ってよ・・・まだ11月だよね~???

 

聞けば市内の長野県境の方は白く雪化粧したそうだ

「雪でクローズ」の季節が近づいてきたようだ

 

でもコースは”凍てついた様子”もなく、普段通りの「秋景色」

  

 

”ダブルぺリア方式”のオープンコンペ

 

参加費:2,000円  参加賞:ボール1スリーブ  昼食&ドリンク付

 

クラブハウスに飾られた「賞品」の数々・・・

「ボストンバッグがいいな・・・う~ん30位か・・・」 早くも”取らぬ狸の皮算用”

 

前半はうまく(?)随所に”ダボ”も織り交ぜての「44」

「こりゃハンデ7は堅いな」・・・なんて勝手に計算する

 

後半、何故か調子がよろしい!・・・5ホール連続で「パー」が続く・・・

「こりゃハンデが稼げないじゃんか・・・」なんて偉そうにほざく・・・

 

・・・と、言ってる矢先、ティショットのドライバーがひん曲がる・・・ヤバ!・・・と見守るも「オービー」

だから、言わんこっちゃない、油断大敵とはこのこっちゃ!・・・後悔先に立たず・・・

 

でも、悪かったのはこのホールだけ、その後1ボギーで「39」

何もぺリアのこんな日にこんなスコアが出なくても・・・とは贅沢な”不満”・・・

 

アテストを済ませ、張り出されている「隠しホール」を見ると・・・「ダメダ!こりゃ・・・」

 

、「飛び賞」の結果は不明で楽しみを残してはいるが・・・多分望み薄・・・

 

ところで、ゴルフの内容だが、「ロング&ショート」の出来がすこぶるよろしい

パーオンを逃して、ヤバ!っと思ってもアプローチが”ビタビタ”寄りますネン・・・これは大きな収穫

 

飛距離不足の”お年寄りゴルファー”・・・「アプローチ命!」・・これが決まるとスコアが纏まる

毎日のように我が家の庭の芝生を削り取りながらの「アプローチ練習」が実を結んできたようだ

これでドライバーが思い描く通りにかっ飛んでくれれば言うことないんだけどな~・・・(ムリか・・・)

 

 

コメント (4)

ゴルフ 「寒かった!」

2013年11月12日 | Weblog

       
                 ゴルフ場は秋本番

昨日ゴルフに行った

予報では「朝の内曇り、のち晴れてくる・・・」これを信じての「競技会参加」

 

なのになのに・・・曇り後晴れ・・・どころか雲行きは怪しくなるばかり・・・オイオイどうなってんの???

気温もどんどん下がり、吐く息も白くなってくるほどに・・・

そうこうしているうちに、なにやら”ポツリ・ポツリ”・・・え~!マジ???

寒さと雨に堪らず「レインウェアー」を着込む

 

ハーフ終わってクラブハウスに付くとキャディマスター室のお姉ちゃんが「今3℃ですよ!」と教えてくれる

クラブハウスには「暖房」が入っていた

 

そんな中でのゴルフ、ま、結果は見えてます・・・

今日はとにかく「ロングとショートホールは取りこぼさない」を目標に臨んだ

結果的には8つのロングとショートホールは全て「パープレー」・・・これは上出来です!

 

しかし・・・やっぱり”しかし”が付いちゃうんです

ミドルホールの内容が”メチャクチャ酷い”パーが1個でダボが4個、後は全部ボギー・・・これではあきません・・・

 

ー  △  △  -  ▲  ▲  -  △  -  43   -  ▲  △  ー  ▲  △  -  -  -  42

 

まあ、この天気、この寒さじゃ致し方ない内容、他の参加者も芳しくなく、優勝スコアも”オーバーパー(ネット)

これから季節は冬に向かい、条件は悪くなるばかり・・・今年中に”ハンデをもう1つ減らす”という目標もかなり怪しくなってきた

 

ゴルフからの帰り道、いつもとコース変更して、この地方の紅葉の名所「香嵐渓」に立ち寄ってみた

    

季節外れのこの寒さと夕暮れ近い時間帯と”ライトアップ”の時間にも早いということもあって道路の渋滞も無くすんなり到着

 

紅葉の本番はもう少し先と言う感じで巴川沿いのカエデモミジもまだ緑が多い

    

しかしこの冷え込みで紅葉も進み今週末は見ごろを迎え大勢の見物客で賑わうことと思う

 

秋から冬へ・・・季節は確実に、動き、そして進んでいる

 

 

コメント (4)