ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

JCCA ニューイヤーミーティング ACT6 実物のキューベルワーゲン (ミリタリーアーツ出動記録)

2017-02-20 | ミリタリー


実物のキューベルワーゲンがありました。インターメカニカのレプリカはあちこちのイベントで見ますが、本物は初めて見ました。







エンジンルームもピカピカです。当然ながら空冷ビートルと同じエンジンです。
プラグコードを外した際、どのコードがどの気筒かわからなくなるのを防ぐために、ヘッド付近に気筒番号がモールドしてあります。
整備士時代、自分より年上のビートルに触れたことがありました。特別な工具やテクニックがなくてもメンテ出来るように、各部が工夫されているのを見て感心しました。ドイツ人らしいと言うのでしょうか。合理的なモノ作りに舌を巻いた覚えがあります。
ドイツ製品を見るとモノ作りに確固たる哲学があるように思えます(最近はそれが薄れました)。アメリカ軍の兵器とはまた違う機能美があり、とても興味深いです。





やけに車高が高いなと思ったら、車軸は全てハブリダクションでした。最低地上高は50センチくらいあったと思います。雪道や泥道を走ればわかりますが、スタッドレスだろうが四駆だろうが地上高が無い乗り物は役に立ちません。



機械好きの皆さん、やることは同じです(^^)



フロアにはスノコが敷いてあります。ドイツ兵のブーツは裏に鋲が打ってあるのですが、鋲でフロアを傷付けないためだとか。



これは懐かしい!U12のブルーバードです。これの先代のU11からブルはFFになりました。U11はVG20ET(ワンカム)を載せたバージョンもありました。
U12と言い、当時たくさん売れて沢山修理に入って来まして、サービス工場は一杯になったものです(笑)
ブルーバードで有名なのは510でしょうが、ぼくが知るのはギリギリ910までです。銭形警部が乗っているブルーバードは510だったかな…。



これはシルビア(S12)のCA18エンジンです。
元日産マンとして非常に懐かしいクルマたちです。当時覚えた型式記号は一生忘れないでしょう。

ACT7に続きます。
『カーショー・イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« けいおん!雑感 (🎸の1) | トップ | 「けいおん!」figma、全員集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミリタリー」カテゴリの最新記事