ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

ストラトキャスターの弦交換 パート2 古い弦を外します

2017-07-08 | 桜高軽音部 東京支部
(準備編はこちらです)



「けいおん!」はカンケイありませんが、小学4年からギターをやっている中野梓に強引に登場してもらいました。彼女にしてみれば弦交換なんて朝飯前のことでしょう。あずにゃあああぁぁん!(←この雄叫びだけでこのブログの品性の無さがわかります)



ギター裏側のカバーを初めて外しました。弦の交換をするのにこのカバーを外す必要はありませんが、中を見てみたかったのです。ストラトキャスターの特徴的なメカニズム、シンクロナイズド・トレモロユニットを引っ張っているスプリングが見えます。



カバーはタッピングビスで止まっていますが、ビスに対して出来るだけガタのないドライバーを使います。このストラトのビスの場合は、右の黄色いグリップのドライバーです。カバーの穴は弦を通すためです。



ストラトキャスターにはアームを取り付けることが出来て、



裏側からスプリングでテンションがかかっているブリッジを動かすことが出来ます。アーミングと言う音色を変えるテクニックに使います。ナガシマはそれ以前のレベルなので必要のない機構です。
弦を止めている部分を動かしてしまうのでチューニングが狂ってしまいそうです。使わない場合はブリッジのビスを締め込んで固定出来るそうです。



ヘッドのペグを緩めて、



弦をカッターで切ります。初めてなのでちょっとドキドキします。この時にペグを緩めておかないと、「けいおん!」の唯のようになります。



ネックの真ん中あたりで切った弦を、



裏側から抜き取ります。



弦は片側が真鍮製のコマになっています。このコマがブリッジに引っかかって止まっています。



ペグに巻き付いていた弦も外しました。1弦などの細い弦は尖っているので気をつけて下さい。



ピックガードの保護フィルムが剥がれかけていたので、



この機会に剥がしてしまいます。



ボリュームとトーンノブは引き抜きます。セレーションがありますが、ノブを位置決めする溝はありません。ノブはひとつずつ抜き、他のノブと同じ位置にまた差し込みます。

パート3に続きます。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇紀2677年(西暦2017年) 七夕  | トップ | けいおん!の書籍 其の4 雑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

桜高軽音部 東京支部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事