12月25日の日記より

飯沼派遣軍参謀長の日記より。

(…)  午後日高参事官、福井領事(南京総領事代理)来り種々話す。要は外国大公使館には為し得れば歩哨を立て彼等を安心せしめられ度、又成るべく早く所要の外国人を南京に来り得る如くせられ度と云うぬあり。
(…)
 長中佐上海より帰る。青幇の大親分黄金栄に面会上海市政府建物等の打合せを為し先方も大乗気、又女郎の処置も内地人、支那人共に招致募集の手筈整い年末には開業せしめ得る段取りとなれり。
 黄金栄の部下虞洽卿、王一亭等は中南支の一流の財界巨頭なりと。塩は彼等に売却し阿片を何とかして入手せしむる様考慮する筈。(…)

広域暴力団幹部の日記ではない。念のため。
小川法務官の日記より。適宜スペースを補った。下線は引用者による。

(…)
○上砂中佐事務打合せに来部
中佐曰く近頃強姦事件不起訴に付せらるるもの多く 憲兵が折角検挙せしものに斯く致さるることとなると努力の甲斐なしと 自分答う 或は然らん 併し自分は戦争中に於ける情状、犯人のその当時に於ける心理、支那婦人に対する貞操観念、是迄の犯行数(その実際の数を挙ぐれば莫大ならん)非検挙に終りし者と偶々検挙せられたる者との数の比較等、その他純理論よりすれば姦淫は当時の情勢上刑法一七八に所謂抗拒不能に乗ずるものと認むべきも 中には斯かる者全部なりと断ずるを得ざるべく 容易に要求に応じたる者も之あることを考えざるべからず 斯く観じ来りたるときは姦淫したる事実あれば直ちに強姦なりと断ずるは早計たるを免れざるにあらずや その他周囲に於ける犯行当時の事情を深く参酌して決定処理し居るべし 故に直に中佐の要求に応ずるを得ざるべし

日記であるから上砂憲兵中佐をなだめるための方便ではなく本気でこう考えていたということであろうか。性犯罪に関して現代なみの認識を要求するのは酷であろうが、同時代人である上砂中佐とくらべても事態の深刻さに関する認識が甘いことは明らかであろう。

又中佐は今後戦闘休止にもならば増加する憂いあり 引いて宣撫工作にも影響を及ぼすならんと 自分は之に対し 或いは然らん 併し又一面慰安設備も出来れば増加は防ぎ得るにあらずや 尚お一体人間は戦争等生命を擲たんとするが如き一大衝動線に直面したる場合には最後の一つとして婦女に接せんとするにあらずや 従って却って休戦なるとも増加を左程憂うるの必要なきと思わると答えたり

こちらは、いまだに慰安婦問題に関して旧日本軍を免罪しようとする場合に持ち出されるロジックである。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 12月24日の日... 12月26日の日... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (pippo)
2006-12-25 21:23:16
>黄金栄の部下虞洽卿、王一亭等は中南支の一流の財界巨頭なりと

虞洽卿、王一亭は南京の人なんでしょうかね。

また法務官閣下は、「強姦」を一罰百戒の対象にしたくはなかったんでしょうね。あれこれその言い訳を自問自答して日記に書いている。
 
 
 
Unknown (siebzig)
2006-12-26 00:19:02
pippoさん

>虞洽卿、王一亭は南京の人なんでしょうかね。

飯沼日記の文脈から判断するに上海人脈のようです。

>あれこれその言い訳を自問自答して日記に書いている。

そうですね。最も関心を持っているのが上官に対する反抗事件であることははっきりしています。それでも言い訳の必要を感じているのは、「多少は已むなき実情なり」(20日の松井日記)として片付けるほど開き直れなかったからかもしれません。
 
 
 
Unknown (pippo)
2006-12-28 00:57:06
すみません。
中国通の熊猫さんに訊いてしまいました。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=3734;id=sikousakugo#atop
虞洽卿、王一亭、どちらも超大物のようです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。