575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

ぞろぞろと壁這いのぼる黒き虫 死後経文と化すは哀しき  遅足

2018-10-08 08:53:20 | Weblog

絶対安静となると、変なモノを見るようになりました。
無数の黒い虫が壁を上へ上へと這い上っていきます。
次第にゆっくりとなり、3日後にはまったく動かくなりました。
死んだように壁にへばりついている姿は、お経の文句のように見えました。

看護婦さんに聞いて、幻覚と知りました。
現実ではなく、イメージだと分かっているので楽しんでいます、
と話したら、変った方ですね、と笑ってみえました。
こんな幻覚もありました。

 湯気の立つ春の野菜に埋もれたる黒き山羊あり白き山羊あり

虫が動かなくなったのは、脳漿の海に浮かんでいた脳が少し安定を取り戻し
回復してきた兆しなのかもしれません。

一番怖いのは、頭骨の割れ目から脳漿が漏れて来ることで、先生から
鼻の奥から透明な液が漏れてきませんか?と何回も聞かれました。
幸い、大丈夫のようでした。

 頭骨のなかに愉快な海がある ひょっこりひょうたん島を浮かべて




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 父、竹中 皆ニの短歌から ~... | トップ | しろがねの裸身に金の蜜を塗... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うたの力 (千香子)
2018-10-08 18:50:55
「歌」は力といいますが、、「短歌」も大きな力を持っているのですね。
異世界 (郁子)
2018-10-08 19:42:12
扉をすこし開いて異世界を覗いてこられたような歌ですね。リアルな感触を受けます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事