575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

母の味妻の味なり茗荷汁  遅足

2018-07-15 09:03:10 | Weblog

西日本に大災害をもたらした豪雨。
名古屋もかなり降りました。
庭の草木の緑もすっかり濃くなりました。
夕暮れのちょっと涼しくなった時間に草取りを。

よく見ると茗荷の子が・・・あちこちに。
花の咲いている茗荷も。合わせて20個ほどを収穫。
味噌汁に冷奴に添えて、夏の味を楽しみました。

母は三河、妻は美濃がふるさと。味噌の味は違います。
今は合わせ味噌を使うこともあります。
味の多様化。それも良しです。

  茗荷の子とんと刻んでふたりきり  黒田杏子

  弱き父強かりし母茗荷の子  長谷川双魚
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熊蝉の鳴きはじめたる空のい... | トップ | 異国語のまじる町内夏祭  遅足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事